誰も教えてくれない、 テレワーク時代のLMSの選び方

eラーニングやオンライン研修実施の管理システムをどのように選定されていますでしょうか。
例えば誰でもマニュアルいらずで使えるシステムにすることで運用コストが抑えられたり、導入前からの充実したサポートがあるとスムーズな社内展開を行えますよね。

皆さまそれぞれの理想的なシステムを導入していくためには、何を基準に選ぶとよいのでしょうか。
この記事では、貴社にピッタリの教育管理システムに出会うためのコツをご紹介いたします!

1.何を基準に選ぶべき? システムの検討時には、ココに注目

教育手段のメインは? ~優先順位が何より大事

一口に「社員教育」といえど、目的を達成するために選ぶ教育の手段は、お客さまによって千差万別です。

・ コンプライアンス等、全従業員が必須受講のテーマは「eラーニング」。
・ Pマークを取得しているので、年一回「テスト」で全従業員に対するセキュリティチェックが必要。
・ 新任管理職、部長級などの階層別研修は、社員同士で学びを深める「オンライン研修」で。
・ 資格取得を促進するなら、「通信教育」で効果的なコンテンツを組み合わせたコース教育にしたい。

もちろん、すべてができることに越したことはありませんが、システム提供会社によっては、機能を使うごとに料金体系が変動する場合も多いです。 まずは、一年の研教育計画に占めるコンテンツのなかで最も重きを置くものを考え、コストをかけられる教育の機能をメインに検討を進めると良いかと思います。

その「効率化」は本物? ~マニュアルなしで操作してみる

巷には、教育管理をするためのシステムはごまんとあります。
「事務作業を自動化する」「快適に教育を実施する」とうたっているシステムも、使い始めてみると操作が分かりづらく、思わぬところでつまづいてしまった......というお声もよく伺います。

もちろん、教育管理効率化のためのシステムであることに間違いはないのですが、エンジニアが良かれと思って開発したものの、ユーザーにとって使いにくい画面デザインだった、ということはよく起こります。

システムを検討される際には、ぜひ無料体験を活用して、細かいマニュアルを見なくても、直感で操作できるような、誰もが使いやすいシステムをご検討いただければと思います。
サクサク使えるシステムは、結果的に従業員の方からご担当者さまへの問合せを削減することにもつながります。

運用コストに無理はない? ~従量課金にご用心

やはり、導入する際に最も大きな検討材料となるのは、運用コストかと思いますが、最も注意すべきは、「基本料金にどのような機能が含まれるかどうか」です。

例えば、eラーニングを例にした場合。
一般的なLMSは、格納するeラーニング教材の本数や、動画の再生回数などによって、料金が変動する「従量課金制」であるケースがほとんどです。
実際にeラーニングを始めてみると、思った以上にこの従量課金のコストが高く、早々に他社に乗り換えることになってしまったというご相談は、当社にも非常に多く寄せられています。
このご時世ですので、eラーニングの教育機会を増やしていきたいとお考えの方は、できる限り定額料金としてeラーニングが含まれるようなLMSをおすすめします。

2.「Leaf(リーフ)」は、基準を難なくクリア!150万人に選ばれています

教育管理システムを選ぶポイントをお伝えしましたが、当社のLeafは、これらの要点を押さえたシステムです!

研修・eラーニング・テスト・コース教育「+α」が充実

教育はもちろん、人事評価や目標管理、ストレスチェックまで、一気通貫で行える「人事サポートシステム」であることがLeafの特徴です。 「業務を行う → 実績を評価する → 人を育てる」のサイクルをLeaf一つで完結でき、なおかつ月額利用料のみで、プラスアルファの機能を使えます。

基本的な教育管理システムとしての機能は十分。ご担当者さまの事務作業をスムーズに進める、サポート機能も充実しています。(下記は一例です)

・メール機能 : eラーニング動画の受講案内や、未受講者への催促・リマインドを自動で送信
・データ格納機能: 研修前後に提出する課題や、テスト解答の提出・回収ができる
・eラーニング機能: 社内で作成したPowerPointやPDFの教材、録画した動画も、即時に教材化
・受講履歴のダウンロード機能: 自動で記録された受講証跡をCSVで一括出力し、受講証跡として使える
・日程変更機能: 受講者の方が自分で研修申込・キャンセルができる

マニュアルいらず

システム操作に慣れていないご担当者さまや、ご利用者さまも、誰でも迷うことなく使っていただけるよう、クリックで操作ができる画面デザインにしています。 深く考えなくても、サクサク作業が完了するので、システムを使うことへのハードルが下がります。

操作で不明点があった際には、電話・メール・オンラインにて、完全に無料でお問合せを受付けております。
「初めて、3,000名を対象にテストを実施予定で、無事終えられるか不安......」
という場合にも、当社のスタッフが丁寧に対応いたしますので、安心してご相談ください。

あらゆる「コストの壁」を乗り越えた料金体系

さらに、料金体系も他社とは一線を画しています。
先述の通り、従量課金制の料金体系のシステムが多いなか、Leafは「3つの制限」を取り払い、徹底的にコストを抑えて運用できるようにいたしました。

1.動画・資料データの格納容量 制限なし!
  何本動画データを載せてもいいので、半永久的に教材を活用できる
2.同時にシステムにアクセスできる人数  制限なし!
  5万人が利用しても快適に稼働
3.eラーニング動画や、テストを受講する回数 制限なし!
  何回見ても、何回受けてもいいので、実質教育し放題

ご利用ID数で決まる月額固定料金制です。運用コストを跳ね上げる要素がないため、好きなだけ教育をしていただけます。
肝心のコストをさほど気にせず、貴社のイメージ通りに教育ができる点が、ご利用者さまを150万人に伸ばしてきた実績につながっています。(※2021年4月時点)

下記では、本稿でご紹介できなかった、Leafの活用方法をご紹介しています。 「こんな使い方できるかな?」とご興味をお持ちになった方は、ぜひご確認ください。