OJT研修 ~ティーチングスキル向上編(1日間)

OJT研修 ~ティーチングスキル向上編(1日間)

研修No.B OJT255-0700-2681

お客さまのご都合に応じた受講方法をご用意しております。

本研修の「ねらい」

後輩を指導するうえで求められる考え方と行動を知り、正しいティーチングスキルを習得することで、中堅社員としてのレベルアップを目指す研修です。

まず、「なぜ」「何を」「どうやって」や「まずやって見せる」といった、ティーチングの基本となる考え方と行動を身につけます。そのうえで、指示の出し方やホウ・レン・ソウ(報連相)の仕方、ほめ方、叱り方といった具体的なスキルを身につけていきます。


研修プログラム例

B OJT255-0700-2681

研修プログラム例
内容
手法
  • 1. 部下・後輩指導を考える
    <これまでの自分の後輩指導を振り返る>

     【ワーク】部下・後輩を指導、育成するにあたって日頃心がけていることを
      共有する
     【ワーク】後輩を指導・育成するにあたって難しいこと・悩みを共有する
講義
ワーク
  • 2. 部下・後輩指導の基本
    <ティーチングの意義と効果を理解する>

    (1)部下・後輩指導の基本はティーチング
    (2)「ティーチング」と「コーチング」の使い分け
講義
  • 3. 部下・後輩指導の前提条件
    <目標を設定し計画的に行うことの重要性を知る>

    (1)育成のゴールの明確化
    (2)部下・後輩の現状把握
    (3)目標設定と計画の重要性
     【参考資料】新人・若手の心の内を知る
講義
  • 4. 部下・後輩指導の進め方
    <指導者がおさえるべき行動・考え方を把握する>

    (1)押さえておくべき3つの要素(なぜ、何を、どうやって)
     【ワーク】教えるべき仕事について、目的や期限、具体的な行動を書き出す
    (2)効果的な部下・後輩指導のための3つのステップ
     【ワーク】「やって見せて」もらえたことで早く習得できた事例を共有する
    (3)社会人としてのフレームワーク
講義
ワーク
  • 5. 部下・後輩指導実践テクニック
    <具体的な指導方法を学び、練習する>

    (1)指示の仕方
      (2)指示の3W1H(誰が、何を、いつまでに、どうする)
    (3)指示した内容を確認する
     【ワーク】学んだ実践テクニックを踏まえ、
     4章のワークで書き出した仕事の指示を出す
    (4)報告させる、相談を受ける
     【ワーク】自分が上司に報告する時に、気後れしたことを思い出す
    (5)効果的なほめ方
     【ワーク】職場の後輩1人を思い浮かべ、ほめるところをできる限り書き出す
    (6)「叱る」ということの理解
     (怒ることとは違う、叱り方の「鉄則」 等)
    (7)不平不満の受け止め方~まずはきちんと聞く
講義
ワーク
  • 6. ケーススタディ
    <状況ごとに効果的な指導方法を考える>

     【ケース①】すぐに先輩に丸投げしようとする後輩
     【ケース②】計画的に仕事を組み立てられない後輩
     【ケース③】「その仕事はまだ教わっていません」という後輩
講義
ワーク
  • 7.本日の研修を振り返って
    <研修内容を振り返り、実践につなげる>

     ・研修を受けて気づいたことをまとめる
     ・明日から職場で実践したいことをまとめる
ワーク

450


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2018年10月     22名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 長くやってきたことで間違っていたものがあることに気づけました。常に自分を客観視し、部下の個性をよく理解して業務を進めようと思います。
  • 実際に口に出す難しさを感じたので、少しずつでも努力していきたい。
  • まずは部下の意見や考えを聞く事から始めます。

実施、実施対象
2018年 2月     49名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
91.8%
講師:大変良かった・良かった
93.9%
参加者の声
  • 指導のコツ、考え方を再認識しました。自己コントロールも大切だと感じました。
  • 部下に関心を持ち、叱る、褒めるに限らず、日常的に声掛けをして、コミュニケーションをとりたいと思いました。
  • 後輩への声かけを積極的に行っていきたいと思った。何度か繰り返し受けたい研修だと思った。

実施、実施対象
2017年 3月     39名
業種
介護・福祉
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • とても分かりやすく、もっと話を聞きたかったです。後輩に仕事を教える立場ですが、日々の仕事で観察する時間が少ないため、明日から積極的に関心を持っていきたいです。
  • 教わったことが、今までの自分の対応と全く違ったため、もう一度資料を見直し、指導にあたっていきたいです。相手のことをよく見ることを忘れないようにしたいと思います。とてもよい研修だったので、できるだけ多くの人に伝えられるようにしていきたいです。
  • ほめることが認めることであるという意味を再度確認できました。職員のサービスの質の向上へとつなげていきたいと思いました。「指導することの大切さ」=「自分への重さや気苦労等」と思っていましたが、とても心が軽くなりました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



OJT研修の評価
年間総受講者数
19,219
内容をよく理解・理解
95.8
講師がとても良い・良い
94.9

※2018年4月~2019年3月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■指導者向け
■監督者向け
■管理者向け
■業界別
<関連サービス>
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

階層別OJT構築コンサルティング

他社事例に学ぶ メンター制度を有効に機能させるためのポイント

「プロ」のおすすめ インタビューリレー

三分間研修学

インソースフォーラム2019 全国7都市で開催決定!

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!