loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

ティーチング研修~適切な業務指導の進め方

ティーチング研修~適切な業務指導の進め方

「やってみせる」→「やらせてみる」→「フィードバックする」の各プロセスにおいて、必要なスキルを学ぶ

研修No.2570001

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 中堅層
  • 管理職層
  • ・部下や後輩、スタッフへのOJT指導のご担当者、育成担当者の方
  • ・日常の業務指導がうまくいかないとお困りの方
  • ・ティーチングによる業務指導のスキルを向上させたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 自分の新人指導の進め方について「これでよいのか」不安を感じる
  • 他の方からの指導に比べ、自分が教えると後輩の仕事の覚えが悪いと感じる
  • 相手に教えたことが、自分が思っていた通りに伝わっていない

研修内容・特徴outline・feature

OJT(On the job Training)の場面で、知識やスキルを的確に伝えるための「ティーチングスキル」を習得する研修です。「やってみせる」→「やらせてみる」→「フィードバック」といったティーチングの基本フローを学び、そのステップごとに必要なスキルを身につけます。そのうえで、実践的なワークやディスカッションを通じてスキルの定着を図ります。

グループ内の共有や講師の経験談も交えながらの解説から、多種多様な考え方やアプローチを学ぶことができます。"今、まさに直面している悩み"を解決できる研修です。

到達目標goal

  • ①自身の指導のクセや課題を理解して洗い出すことができる
  • ②ティーチングの基本フローを理解し、コーチングと使い分けることができる
  • ③部下や後輩が動きやすい指導のスキルを身に付ける
  • ④「ほめる」「叱る」を活用したフィードバックができるようになる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.業務指導を考える
    【ワーク】メンバーを指導・育成にあたり「難しい」と感じていることを考え、共有する
ワーク
  • 2. 業務指導の基本
    (1)業務指導の基本はティーチング
    (2)「ティーチング」と「コーチング」の使い分け
    (3)OJTを通して「社会人としてのフレームワーク」を伝える
講義
  • 3. 業務指導の前提条件
    (1)育成のゴールの明確化   (2)メンバーの現状把握
    (3)目標設定と育成計画の重要性
講義
  • 4. 業務指導の進め方
    ■効果的な業務指導のための3つのステップ
講義
  • 5.業務指導実践テクニック①~ やってみせる・やらせてみる
     【ワーク】指示をするうえで工夫していることと難しいことを考え、共有する
    (1)事前準備
    (2)仕事の「全体像」を教える
     【ワーク①】メンバーに指導する仕事の一つを選び、仕事の流れを理解する
     【ワーク②】ワーク①の「何を」「なぜ」「いつまでに」「どうやってやるのか」を考える
     【ワーク③】仕事の指示を実践する
    (3)メモを取らせる
    (4)やってみせる・やらせてみせる
    (5)教えた内容を確認する
講義
ワーク
  • 6. 業務指導実践テクニック② ~ フィードバックする
     【ワーク】指示をするうえで工夫していることと難しいことを考え、共有する
    (1)業務内容を振り返る
    (2)ほめる
     【ワーク】いつも黙々と仕事をしている部下に対するほめ方を考える
    (3)叱る
     【ワーク】遅刻を繰り返す部下に対する叱り方を考える
講義
ワーク
  • 7. 業務指導実践テクニック+α~「言いにくいこと」を伝える
    (1)考え方と行動のパターン
    (2)「Iメッセージ」を使って表現する
     【ワーク】「Iメッセージ」に変更する
講義
ワーク
  • 8.ケーススタディ
    <ケース①>すぐに先輩に丸投げしようとするAさん
    <ケース②>計画的に仕事を組み立てられないBさん
    <ケース③>「その仕事はまだ教わっていません」というCさん
    <ケース④>「その話は伺っていない」というDさん
講義
ワーク
  • 9.本日の研修を振り返って
講義
ワーク

企画者コメントcomment

業務指導は、社員育成の軸となる部分であり、効率よくかつ効果的に行うには押さえるべきポイントがあります。それは、①業務の全体像や目的を伝えること、②時系列に沿ってフローを伝えること、③適切なフィードバックを行うことです。
これらのポイントに共通していることは、教えられる者の視点に立つことです。新入社員は、業務の全体像や目的を知ることで組織の中でどのような役割を担っているのかをイメージでき、時系列に沿ってフローを知ることで再現性が高くなります。
また適切なフィードバックは、周囲とのコミュニケーション基盤を構築するとともに、業務における判断軸を養うことが出来るのです。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.6%

講師:大変良かった・良かった

100.0%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2021年12月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • GROWモデルを組み立てることが苦手なため、これを機に、人に対してもサポートしていけるよう意識して取り組みます。自分の指導の仕方があっているのか等の確認もできて、有意義でした。
  • ティーチングの際には、まず仕事の内容を整理して、全体感から始め、順序立てて説明をします。
  • 「ほめる」ことを当たり前に実践していきます。指導する相手に対して、自分のやり方を見せて、実際に本人にやってもらうことがいかに大事かがわかりました。
  • 研修で学んだ「効果的な業務指導のための3つのステップ」を業務に活かします。部下への接し方について、改善が必要だと認識することができました。
  • 指示の具体化と理解度の確認が非常に重要であることを学べました。具体化が難しい場合はさらに細分化して考え、理解度はその都度確認します。

実施、実施対象
2021年11月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務指導にはゴールを設ける、教えられる側は「最初はわからない」ものだと理解することが大事だと学びました。資料をもう一度見返して、指導方法を改めます。
  • 人に教える際には理由づけをして説明します。また、教えるときに言葉だけではなく、実際に見てもらうことをポイントに指導していきます。
  • ほめ方、叱り方、フィードバックの仕方など、普段悩んでいたことを学ぶことができました。明日からの部下指導に取り入れます。
  • 部下に対しての言葉遣いや、理解度を引き出していけるようなコミュニケーションを大切にします。
  • 人に教える時は、相手の人間性等を理解して、その人にあった指導をすることが有効だと理解できました。明日からはもう一度ゆっくり見つめて、その人にあった方法で教えていきます。

実施、実施対象
2021年10月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 後輩を指導していくうえで、業務の全体像を伝えることを心がけます。今回の研修で上司・部下両者の気持ちがわかりました。
  • 様々な所で傾聴・ヒアリングという言葉が出てきて、これが教育するうえで大変重要なことであると理解しました。これまでは傾聴にそこまで重きをおいていなかったので、今後は心掛けていきます。
  • 部下・若手職員のために、育成計画を立てること、それを上司と共有・修正し、良いPDCAの循環が生まれるようにしていくことが大切だと思いました。部下の叱り方や褒め方についても、学んだことを実践します。
  • 部下との接し方を見つめなおしたいです。客観的事実を整理し、相手の意見を聞いて、成長するための方向性を両者で確認します。
  • TODoリストに優先順位をつけて、部下との情報共有を図るのは有効だと思いました。また、仕事の意味を常に伝え、モチベーションアップに繋げたいです。

実施、実施対象
2021年8月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 最初に相手を思いやる気持ちを伝え、相手の立場と視点で考えることを意識しつつ新人の指導にあたります。
  • 改善点や問題点を伝える前に、こちらが依頼した作業内容にどのような意味があるのかを伝えます。作業目的を共有して、目指すべき姿に相違がないように注意します。
  • 叱ることが特に苦手なのですが、叱るときのポイントやNG例も教えてもらえてとても参考になりました。相手の気持ちを考え、声かけのタイミングや言葉選びに気をす必要があると感じました。
  • 指導時に悪い点のみ伝えるのではなく良い点も同じ分だけ伝え、相手を慮る気持ちをもって指導する。
  • やってみせる・やらせてみる・ほめるということが基本であると確認しました。まずは相手のこと考えてほめるということから始めます。

実施、実施対象
2021年7月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 若手OJTのトレーナーのフォローアップ教育に活かします。叱り方は難しいと感じましたが、ティーチングの成り立ちと仕組みと活かし方を理解できたと思います。
  • 部下をほめる、叱るの具体例があり、考え方が経験できたのが大きいです。これらのことを実行し、後輩達の指導に役立てます。
  • ティーチングは、教える側にゴールがある・伝える方に責任がある、という発想をまずは社内に取り入れます。そして具体的かつ明確な行動を指示・共有します。
  • ゴールの共有、具体的に指示・指導することを心掛ける。「WhyとHow」を常に考え、叱ることも忘れない。これらを意識して、少しづつ取り入れていく。
  • 叱る・ほめる・諭すを含め、部下の育成につなげていきます。私自身が、高圧的なイメージがあるようなので、払拭できればと思います。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.6
講師がとても良い・良い
100.0

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修