loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

(若手向け)ロジカルシンキング研修~情報を整理し、結論を導く(1日間)

(若手向け)ロジカルシンキング研修~情報を整理し、結論を導く(1日間)

ロジカルシンキングのフレームを用い、「いつ・どのように考えるべきなのか」を学ぶ

研修No.B LTH220-0000-2180

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修内容・特徴outline・feature

時間や人員が限られる中、若手には早期に自主的に行動することが求められています。自主的に行動することは、指示された内容や情報を整理し、自身で意見や結論をまとめ、相手にわかりやすく伝えること(=論理的思考力の習得)を指します。

本研修では、論理的思考力を鍛えるべく、ロジカルシンキングのフレームを用い、「いつ・どのように考えるべきなのか」を理解していただきます。若手でもわかりやすいよう、具体的な仕事の場面のケースに沿って、考えていただきます。

※新入社員や新社会人の方のみを対象とする場合は、こちらの研修でご用意しております。
(新入社員・新社会人向け)ロジカルシンキング研修~情報を整理し、結論を導く

研修プログラム例program

研修プログラム例
 
内容
手法
  • 1.若手の仕事とロジカルシンキング
    (1)ロジカルシンキングってなに?
    【ワーク】どのような場面でロジカルシンキングが必要になるか考える
    (2)自立的な仕事に移行するために
    (3)仕事において意識すべき3つのこと
    (4)3つのステップでロジカルシンキングを身に付ける
講義
ワーク
  • 2. STEP① ~ 整理する
    【ワーク】 ミーティング内容を整理してまとめる
    (1)整理の基本はグルーピング
    (2)モレなくダブリなく(MECE)という考え方
    【ワーク】 モレなくダブリなく分類する
    【ワーク】 問題別に分類して、提出するメモを作る
講義
ワーク
  • 3. STEP② ~ 結論を出す
    【ワーク】 整理した内容に、自分なりの考えを入れる
    (1)まず、目的を意識する
    (2)「だから」と「なぜなら」 (So What?/Why So?)
    【ワーク】 バラバラの情報を整理する練習
    【ワーク】 前述の整理したミーティングメモから結論を導き出す
講義
ワーク
  • 4. STEP③ ~ 分かりやすく伝える
    【ワーク】 自分の結論を説明する
    (1)結論重視で話す ~ PREP法 (プレップ法)
    【ワーク】分かりやすく伝える練習
    【ワーク】 自分なりに導き出した結論を、分かりやすく説明してみる
    (2)その他の話の展開手法
講義
ワーク
  • 5. 総合演習
    【ワーク①】学んだ手法を使い、研修の内容を整理する
    【ワーク②】整理した内容をどのように業務に活かすか考える
    【ワーク③】その内容をメンバーに"論理的に分かりやすく"話す
ワーク

4985

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2017年 11月     11名
業種
流通
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 方法をいくつか紹介していただき、考え方の参考になりましたし、グループワークでみんなで考え、議論しながらできたのは良かったです。
  • 意識はしていたができていないことを今日学ぶことができて良かった。内容も分かりやすかった。
  • 社内外問わず、相手に説明する際の筋道の立て方として研修内容を活かしたい。

実施、実施対象
2017年 7月     14名
業種
製造業(運送用機器)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
85.7%
講師:大変良かった・良かった
85.7%
参加者の声
  • 自分の思い込み(主観)のみで、結論を導き出すのではなく、事実も踏まえた主張を具体性、納得性があるように取り組んでいきます。
  • 表面的なことだけに目を向けるのではなく、深堀りして課題を見つけていきたい。
  • 活動を展開するうえで、周囲の理解を得るために研修で学んだことを活用したい。

実施、実施対象
2017年 2月     13名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自身の配下のスタッフと、問題の発見から解決まで一緒に取り組んでいきたいです。
  • 問題解決のためのフレームワークを具体的に学ぶことができた。部下指導や新しい事業への挑戦の際に活用できればと思う。
  • ある問題に対してロジックツリーを使うと、原因がどこにあるのか分かりやすかったです。何か問題がある度にロジックツリーを活用します。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

中堅社員研修の評価
年間総受講者数
33,007
内容をよく理解・理解
94.6
講師がとても良い・良い
93.5

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■年次別研修例
■関連スキル
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

おすすめリンク

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!