コールセンター業績アップ 勝てる秘策

 

コールセンター業績アップ 勝てる秘策

スローガンの有効性・作り方

スローガンの有効性・作り方

みんなが一丸となって、同じ方向を向いて働くことは、センター
力向上に欠かせません。今日はそのために必要な「スローガン」
についてお伝えします。


■スローガンは強いメッセージ

一般的にセンターには「目的」や「目標」があります。「センターの
目的・目標」は管理者側で決めるものですが、その「目的・目標」を
実際に担うのはメンバー自身です。メンバー自身が、センターの
目指すものをよく理解し、納得するためには、「頭に入りやすく、
繰り返し表現される」スローガンの存在が重要になります。

数値的な目標は個別の目標として重要ですが、それらを
ひっくるめて、
・「どうなること」がこの組織において重要なのか
・「目的を達成するために、自分たちに求められることな何なのか」

そういった要素を端的に表すスローガンが存在していれば、
伝えたいことは自然と浸透していきます。


■作成方法とポイント

(1)作成者がスローガンの作成目的を理解する

作成の目的を整理し、「誰に」「何を」伝えたいのかを明確に
します。世の中にはスローガンが溢れていますが、そのどれもが
個別の「目的」「対象」を持っています。

(2)センターの課題を洗い出す

課題となっていることを洗い出し、確認します。「できていない
こと」を「できるようにする」ために必要なメッセージは何か?
という視点も組織にあったスローガンの作成に有効な方法です。

(3)マネジメント層全員で作る

全員で作るメリット
・現場とズレが少ない内容になる
~SVや現場に関わりが深い人を1人も入れないと、実態とズレが
あるものや、受け入れづらい内容になってしまう可能性があります。 

・お仕着せのメッセージではなく、愛着を感じるメッセージに
~人は自分が作成に関わったものには愛着がわいてしまうものです。
多くのマネジメント・リーダー層が作成に関わることで、スローガンに
込めた意味を自発的にメンバーに伝えられるようになるので、上から押しつけられた「お仕着せ」のメッセージではなくなります。


■活用方法・活用事例事例など

せっかく作成したスローガンを浸透させるためには、まず忘れられない
ように活用しましょう。

(1)センター内に大きく貼り出す
(2)配布資料のヘッダーに入れる
(3)社内用メールの署名に入れる などなど

臆することなく使っていくことで、それが自然になっていきます。

スローガンは、センターで働く一人一人への「私たちはこう
なりたい」「あなたたちにこんな風になってほしい」というメッセージ
だと認識し、想いを込めて作成・活用していくと効果的です。

・。.・。.・。.・。.・。.・。.・。.・。.・。.・。.・・。.・
■インソース「企業内研修」・「コンサルティング」
 ~みなさまのご要望に応じて研修を実施
 ~「良い」「売れる」電話応対のポイントを学び、それらを演習で実践してスキルを定着化  
 ~「オペレーター」「SV」「中堅・管理職」「センター長」など、階層別に分かれた"30"を超える充実ラインナップ  
 ~「コールの良し悪しの判断」や「オペレーターの指導」、「センターの目標を実現させる」スキルを身につける  
 ~貴社でヒアリングをし、オーダーメイドの電話応対チェックシート作成。それに応じて、より現場に即したコールチェック、評価実施

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー