loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

<速習!>(半日研修)(中級者向け)Excel研修~データの集計・分析編

<速習!>(半日研修)(中級者向け)Excel研修~データの集計・分析編

データの加工、分析スキルを習得し、社内にあるデータを「情報」として現場へ活かす

研修No.6951005

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • ・業務でExcelを活用されている方
  • ・Excelの基本動作が問題なくできる方

※経理部門などではもちろん、営業職の方のご受講も多い研修です
※レベル感は『マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の「スペシャリストクラス」』程度です

よくあるお悩み・ニーズ

  • 羅列されている数字・事象を”情報となる表”に変える力を身につけたい
  • 色々な計数を使用するが、すべて他メンバー任せで自分で抽出できない
  • 他メンバーが作成した資料内の関数の意味が分からない

研修内容・特徴outline・feature

Excelでできることは様々です。「関数」が<加工に長けた機能>であれば、「ピボットテーブル」は<情報整理に長けた機能>です。使いこなすことができれば、何千というデータを、手軽に情報へ変換することができます。

本研修では、羅列された数字・事象を、手軽に意味ある情報に変換できる「ピボットテーブル」の使い方を学ぶ研修です。実践を通じ、使えるようになるための慣れを蓄積いただきます。

※言葉の定義:「データ」はそのままの数字・事柄のこと、「情報」はデータを加工し、判断材料や検討材料として使える状態のこと

到達目標goal

  • ①ピボットテーブルができることを理解する
  • ②細かな機能を把握し、できることの幅広さを実感する
  • ③ピボットテーブルを前提に、どのようにデータを加工すべきか、が逆算できるようになる

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.ピボットテーブルの基本を知る~様々なデータ分析を簡単操作で行うために
    (1)ピボットテーブルとピボットグラフの特徴
    (2)各部の名称とリスト作りのルール~正しい集計表を作成する「肝」
    (3)膨大なデータをリスト化する方法~入力ミスを瞬時に修正する
講義
ワーク
  • 2.ピボットテーブルの操作~クリックだけでデータ分析の軸を変えて表示できる
    (1)5ステップでピボットテーブルを作成する
    (2)データの更新、追加方法
    (3)指定項目を絞り込んで集計する~フィルターボタン
    【ワーク】売上明細表からピボットテーブルを作成し、商品ごとに地区別売上金額を集計する
講義
ワーク
  • 3.ピボットテーブルを活用したデータ分析~項目を細分化し、隠れた事実を探る
    (1)様々な視点でデータ集計する
    ①「顧客別」「商品別」など異なる視点で集計する~フィールドエリアの変更
    ②大分類、中分類、小分類で集計する~ドリルアップ/ドリルダウン
    ③上位5つを集計する~トップテンフィルター
    ④キーワードから気になるデータを一発表示する~ラベルフィルター
    ⑤日付や商品名で集計する
    【ワーク】商品売上管理表から、前月の「売上上位5品」を集計する
    (2)様々な集計方法でデータ分析する
    ①データの個数を集計する
    ②構成比や前月比を表示する
    ③累計を求める
    ④小計や集計用フィールドを表示する
    ⑤複数の項目を絞り込んでクロス集計する~レポートフィルター
    (3)読み取りやすい集計表に整える
    ①表のレイアウトやデザインを変更する
    ②数値にカンマや%をつける、強調表示する
    (4)集計対象をワンクリックで絞り込む~スライサー、タイムライン

    【参考】ピボットグラフの作成~集計データを分かりやすく視覚化する
    (1)ピボットグラフを作成する
    (2)グラフの種類やデザインを変更する
講義
ワーク
  • 4.総合演習
    【ワーク】月別売上、営業所別売上を商品種別ごとに分解して、月ごとの販売促進すべき商品や営業所ごとの販促強化商品を明らかにする
講義
ワーク

企画者コメントcomment

データを情報として活用するためには、一定数の量が必要となります。そのため、多くのデータを扱い、情報とするためには「整理する力」が大切になります。加えて、現代は大量のデータがあふれ、また、効率の良い業務遂行が求められる時代になりました。

このような背景から、手軽にデータを整理できる「ピボットテーブル」を早い段階で学んでいただく機会が増えました。そのため、当社ではExcelでできることを分解し、必要に応じたスキルを学べるようにしています。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

91.1%

講師:大変良かった・良かった

93.5%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年3月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
77.8%
講師:大変良かった・良かった
66.7%
参加者の声
  • 今後、業務を行うにあたり膨大なデータを取り扱うことが必ずあるので、ピポッドテーブルを使い見やすいデータを作りたい。
  • 知らなかった機能があったので、使ってみようと思う。実践したレッスンをそのまま業務に活用したい。
  • ピポッドテーブルのしくみについて、非常に理解が深まりました。今後、活用して時短を目指したいです。
  • 今まで使ったことがなく、知らなかった機能がありました。今後の業務で活かしたいと思います。

実施、実施対象
2020年2月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 売上の集計表や、社内の管理資料の作成・分析に役立てていきたいです。今使っている社内の管理表もバージョンアップしていきたいと思います。
  • 元データがピポットテーブルにとって非常に重要ということが分かりました。操作に慣れていないので、少しずついじっていきたいです。マスターして資料作成に活かしたいです。
  • 集計時間が短縮できる方法が分かってよかったです。データの個数、累計はすぐに使えると思いました。
  • 営業活動において、顧客の分析などに活かしていきたいです。他の営業メンバーにも、このテキストを回覧していきます。
  • これまで関数を使って行っていた作業をピポットテーブル化していきたいと思います。

実施、実施対象
2019年10月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • データベースから必要な情報を集計するため、ピボットを活用して業務効率化につなげたい。
  • 大量のデータを簡単に加工して分析することができそうに思えました。ピボットテーブルへのハードルがかなり下がりました。
  • CSVの桁落ちに苦しんでいたが、ピボットテーブルの機能を知ることができてよかった。
  • 関数とピボットを適切に、今後の業務に取り入れていきたいです。
  • いままで手作業や関数で行っていたことが、ワンクリックでできることを学んだので、業務効率化につなげたいと思います。

実施、実施対象
2019年9月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 日頃Excelを使用する機会が多いが今まで活用していなかった機能を利用することで時短につなげていきたいと思います。
  • 今までだと何度も作業を繰り返し作成した資料が短い時間で作成可能となりました。また、新たな活用方法も見えてき、業務に展開していきたいです。
  • データの分析に活用して時間短縮していきたいと思います。

実施、実施対象
2019年8月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90%
講師:大変良かった・良かった
90%
参加者の声
  • 今まで本当にムダな時間を費やしていたのだ……と痛感しました。今後、業務が効率化できると思います。参加してよかったです。とても役に立ちました。
  • グラフの作成や資料作りに役立てたい。キーボードを使用できることがわかり、作業が速くなる。
  • 知らないことばかりでとても勉強になりました。実績管理表が作れそうです。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
91.1
講師がとても良い・良い
93.5

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修