キーワードで知る!コンサルの「眼」

 

キーワードで知る!コンサルの「眼」

すぐに実行可能なロジカル・シンキングの極意  (3)how to型質問を裏返し、why型質問に変える

すぐに実行可能なロジカル・シンキングの極意  (3)how to型質問を裏返し、why型質問に変える

◇上林 憲雄氏(Norio Kambayashi)◇

  英国ウォーリック大学経営大学院ドクタープログラム修了後、
2005年神戸大学大学院経営学研究科教授、経営学博士。
専攻は人的資源管理、経営組織。

──────────────────────────────

■裏返してwhy型質問に変えてみる

What型質問で考え方の土台を厳密に規定することができれば,次はいよいよwhy型質問の出番です。一見,難しそうに感じられるかも知れませんが,恐れる必要はまったくありません。実は,ちょっとした工夫を凝らすだけで,あらゆる問いは,すぐにwhy型質問に衣替えできてしまいます。

前回例示した「どうしたら我が社にうまく成果主義を導入できるだろうか」という問いも,ちょっとした工夫をするだけで,why型質問に修正できます。その問いを裏返せばいいのです。つまり,「我が社ではなぜ成果主義を導入できていないのだろうか?」というように,現状の原因や理由を問う形の質問にすればいいのです。


■裏返しのコツ

ここでwhy型質問を作成する際のコツは,how to型質問を裏返すというテクニックです。「どうやって成果主義を我が社に導入できるか」という問いの奥には,我が社では実際に成果主義のシステムが導入できていないという現実が潜んでいます。こうした,理想を実現できていない現状に対して「それができていないのは,なぜ?」という形でメスを入れてやるのがここでいう「裏返し」のテクニックです。


■因果関係をつかもうとする努力が重要

「なぜ?」を問う本質は,その事象の理由や原因を明らかにすることにあります。つまり,why型質問に衣替えすることで,因果関係の明確化へ向けて自分なりにいろいろと考えるきっかけを作ることができるのです。もちろん,現実はいろいろな要因が複雑に絡み合って構成されていますから,正確な因果関係をつかむことはできないことの方がむしろ多いのですが,whyを尋ねることで,how to型質問で尋ねているときよりも物事の本質がよく見抜けるようになっていきます。

これでひとまずwhy型質問は完成です。次のステップはこの質問に対する解答を自分で考えていくことです。


☆次週につづく!


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー