2022年卒学生の採用を「実施予定」が6割超、インターンシップはWeb併用型が4割

2020年11月20日

2022年卒学生の採用を「実施予定」が6割超、インターンシップはWeb併用型が4割

 2020年9月時点で、2022年卒採用の実施見通しは「実施予定」が61.7%となっていることが、リクルートキャリアの「人事担当者対象調査」で明らかとなった。「実施しない予定」は8.1%、「検討中」は23.6%だった。

 2022年卒の採用予定数については「検討中」が35.0%、「決まっている」は59.5%と約6割となっている。

 2022年卒の採用予定数について、2021年卒の採用予定数との伸び率を算出したところ、「マイナス10%未満~プラス10%未満」が63.1%と約6割を占めた。

 「マイナス10%以下(マイナス10~マイナス30%未満とマイナス30%以下の合計)」は21.1%、「プラス10%以上(プラス10~プラス30%未満とプラス30%以上の合計)」は15.7%と、マイナスの方がやや上回っている。

【2022年卒採用予定数の対前年伸び率】
マイナス30%以下 12.1%
マイナス10~マイナス30%未満 9.0%
マイナス10%未満~プラス10%未満 63.1%
プラス10%~プラス30%未満 5.1%
プラス30%以上 10.6%

 2022年卒向けのインターンシップについて、2020年9月までに実施したのは36.4%で、2020年10月以降に実施予定なのは39.3%だった。インターンシップ実施にあたり、新型コロナウイルスの「影響はあった」とする回答は、2020年9月までに実施は71.6%、2020年10月以降の実施は68.7%となった。

【2022年卒向けインターンシップ実施状況】
2020年9月までに実施した 36.4%
2020年9月までに実施していない 35.2%
2020年9月までの実施を検討中 24.7%

【2022年卒向けインターンシップ実施状況】
2020年9月までに実施した 36.4%
2020年9月までに実施していない 35.2%
2020年9月までの実施を検討中 24.7%

 2022年卒向けインターンシップの受け入れ予定人数は、2021年卒向けと比較すると、5割近くが2021年卒向けと同じと回答。「増やす予定」も29.4%と「減らす予定」の10.0%よりも上回っている。

 実施の仕方を見ると、2020年9月までに実施は「会場等への直接集合とWeb上の両方を実施」が41.0%と、併用して実施していた様子がうかがえる。Webを活用しない理由を見ると、「あまり必要性を感じていない」が46.1%と最も高く、「ノウハウがない」が32.2%と続いている。

【2022年卒向けインターンシップの実施の仕方(2020年9月までに実施)】
会場等へ直接集合してのみ実施 33.9%
会場等への直接集合とWeb上の両方を実施 41.0%
Web上のみで実施 21.9%
わからない 3.2%

 調査は、2020年9月18~28日、全国の新卒採用に関与している人事部門担当者を対象にインターネットで実施し、1855人の回答を得た。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

人事のお役立ちコンテンツ

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。