loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ケースで学ぶ!実践アサーティブコミュニケーション研修(1日間)

ケースで学ぶ!実践アサーティブコミュニケーション研修(1日間)

自分がどのようなことをしたいのか、相手に何を求めるのかについて、相手に、率直・対等に、自信をもって伝える

研修No.B CMN520-0030-4588

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

・自分の思っていることや意見を、素直に相手に伝えることができない方
・自分の意見ばかりを主張してしまい、かえって相手から反発を受けることが多い方
・アサーティブの基本を学んだ方で、さらにアサーティブについての知見を深めたい方
(もちろん初めての方も受講可能です)

よくあるお悩み・ニーズ

  • 相手に仕事や要件をお願いしたいが、受けてもらえるだろうか……
  • 相手に意識や行動を改善してほしい!
  • 相手にこれを言えば嫌われないかが心配で話を切り出せない
  • 自分が不安や不満に思っていること、違和感や居心地の悪さを感じていることを相手に知ってほしい!

研修内容・特徴outline・feature

相手に言いたいことを言えずにストレスを抱えてしまったり、逆に感情的な言い方をして相手との関係が悪くなってしまったりなど、職場のコミュニケーションにおける悩みが増えています。

アサーティブコミュニケーションは、自分が相手に感じている不安・不満について、その問題の焦点やそれに対する感情を明確にして、相手に自信を持って真正面から伝えることで、相手へ変化を求めるメッセージ性を高めるスキルです。

本研修で、ケースを多数交え実践的にスキルを習得することで、日頃から不安・不満に思っていること、長く抱えている重荷や懸案を解決し、フレッシュな思いで、自信を持って1人でも多く仕事・生活をしていただければと思います。

到達目標goal

  • ①指導の際に、相手を批判するような言葉は避け、誰にとっても合理的だと考えられる解決策を提示し、相手も前向きに指導を受け入れるようになる
  • ②相手が受け容れにくいことを、率直な思いで相手を信頼させ、自信をもって話すことができるようになる
  • ③年上の方にも、相手を尊重しながら自分の言いたいことを上手に伝えられるようになる
  • ④話を聞いてくれない上司にも、自分がこれまでずっと言えずにいた思いを、勇気を持って伝えられる

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.アサーティブコミュニケーションとは
    (1)アサーティブコミュニケーションとは
    【ワーク】仕事、プライベートで困難なコミュニケーションの場面を整理する
    (2)人の考え方・行動のパターンとは~アサーティブになれない人の特徴
     ①我慢・非主張型 : 自分の考えや気持ちを抑え、相手に言わないでいる
     ②反発・主張型 : 自分の考えや気持ちを第一に考え、相手に主張する
     ③作為的 = まわりくどい言い方や態度で、相手に結論を言わせようとする
    (3)アサーティブの「4つの柱」
     ①誠実  ②率直  ③対等  ④自己責任
    【ワーク】現在直面しているアサーティブで解決したい課題を決める
講義
ワーク
  • 2.アサーティブに話すための4つのステップ
    (1)アサーティブに話すための4つのステップ
    (2)ステップ1:問題の状況の整理~何が問題となっているか
     ①何が問題なのかの「焦点」を絞る
     ②相手の「行動」に問題を絞ることで、相手に冷静に受け止めてもらう
    【ワーク】問題の焦点になっていることを明確にする
    (3)ステップ2:問題に対する感情の整理~問題に対してどのように感じているか
     ①問題の発生によって感じていることを具体化
     ②理由・原因ではなく相手に感じていることを整理
    (4)ステップ3:問題の解決方法の整理~問題を自分としてはどのように改善・解決したいか、相手への要求を整理
     ①相手をなるべく批判しない
     ②自分の理想、希望を押し付けない
     ③相手が受け容れることが可能な量、質で依頼する
    【ワーク】相手に具体的にどのような言葉を伝えるかを考える
    (5)ステップ4:実際に相手に伝える~勇気をもって相手に率直に伝える。はっきりと伝える(相手は察してくれない)
     ①「感情的になる」と「感情を伝える」とは違う
     ②本気の強さ
     ③相手のメンツをつぶさない
     ④卑屈にならない
     ⑤本気で伝えるためにはじっくりと相手と話す場を用意する
     ⑥話を自分で終わらせることも重要
講義
ワーク
  • 3.ケースで考えるアサーティブコミュニケーション
    (1)ケース1:上司から部下に指導する
    (2)ケース2:良い関係が築けている相手にお願いをする
    (3)ケース3:年上の部下に言いにくいことを伝える
    (4)ケース4:パワハラ気質の上司にどうしてもやめてほしいことを伝える
    ※ケース2~4では解説とともにケーススタディを実施。
    (5)アサーティブに伝えて相手が変わらなかった時には
     ①自分の話を相手が理解しているか、相手の主張をこちらが正確に理解しているかを再確認
     ②論点の整理、譲れる所、譲れないところ
     ③「フレーミング」で効果的に話す~行動経済学を活用
ワーク
  • 4.自分のアサーティブに伝えるシナリオを整理する
    2章の4つのステップで考えたことを総括する形で、「職場などで相手に言いにくいことであるが、どうしても相手に伝えないといけない内容」を整理し、どのように相手に伝えるか具体化する
ワーク
  • 5.まとめ
ワーク

7096

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2021年12月     26名
業種
金融
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.2%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 1対1面談や担当内でのコミュニケーションの取り方に、アサーティブな考え方を活用します。お互いが我慢せず、ストレスを溜めない仕事の仕方に変えていきたいです。
  • お客さま対応や職員対応する際、Iメッセージを活用し、表情やトーンに気を付けながら接します。自分の意見を持ちながら、相手の意見を否定せず主張することは難しいと思うが、取り入れてみようと思いました。
  • お互いが言いたいことを言えるコミュニケーションを目指す。上司やメンバーと良好な関係を築きながら、業務効率化を図る。

開発者コメントcomment

アサーティブコミュニケーションは、相手への不安・不満について、その問題の焦点やそれに対する感情を明確にして、相手に自信を持ってそれを真正面から伝えることで、相手に変わって欲しいというメッセージ性を高めるスキルです。

本研修はまさに上記について、ケースを多数交えながら実践的に習得し、そのスキルを活かして、日頃抱えている重荷や懸案を解決し、フレッシュな思いで、自信を持って1人でも多く仕事をしていただきたいという思いで開発しました。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

コミュニケーション研修の評価
年間総受講者数
29,860
内容をよく理解・理解
95.5
講師がとても良い・良い
93.8

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■基本
■応用
■階層別
<関連サービス>
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

おすすめリンク

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!