クレーム対応の勘所

 【基本手順】

クレーム対応の勘所

「訊く」の必要性(2)事実確認のために「メモをとる」

基本手順 【3-2】

「訊く」の必要性(2)事実確認のために「メモをとる」

クレーム対応は、お客様にお詫びし、お話を「聴く」ことによってお客様の
心情を理解することが大切です。そして次に、相手の話したいこと
ではなく、こちらの知りたい情報を質問によって引き出し、「訊く」ことで
事実確認をします。さて本日はその続き。お訊きした内容を「メモ」する
ことについて、お伝えいたします。

■お訊きした情報をしっかりと記録する

お客様に事実確認を行う際は、お訊きした情報をしっかりと記録する
ことも重要です。可能であれば、その場でメモをとらせてもらいましょう。
相手の言葉のうち、キーワードになるものを強調して残しておくと、
後々の応対で気をつけるべきことを明らかにでき、「言った言わない」の
応酬を防ぐこともできます。お客様の言葉の中のキーワードを確認する
際は、復唱も忘れないようにしましょう。


■メモを起こして話を整理する

ただ、断片的な話をまとめないまま残しておくと、後々、誤解の元
となります。お客様のお話を訊いた後は、すぐにそのメモを文章に
起こして再構成し、話を必ず整理しましょう。そのときの整理の
ポイントは、以下のとおりです。

1.いつ、どこでトラブルが発生したか
2.どんな事が起こって、何に不満を持っているのか
3.誰が不満を持っているのか
4.問題点は何か?
5.当方に対して、どうしてほしいのか


■慌てふためいたときにも有効

これらのポイントさえ押さえておけば、事実確認は簡単です。
それでも、クレームに直面してしまうと、慌てふためいてしまい、
ポイントがわからなくなってしまう担当者は多いと思います。
そんなときのために、事実確認に関しても、いざというときスムーズに
対応できるように、普段から職場で練習しておきましょう。
練習といっても気負う必要はありません。職場の同僚に質問するとき、
前に挙げた5つの項目を一つずつチェックしてみるだけでいいのです。
これを意識するだけで質問のポイントは明確になり、事実確認は
ぐっと楽になります。


■事実の確認のために、自社オリジナル「メモ用紙」を用意する

クレーム対応にかかわらず、自分の仕事を円滑に行う際に重要なのは、漏れな
く「訊く」ことです。そのためには、経験を積むことはもちろんですが、メモ
用紙に工夫をするのも一つの手です。具体的には、応対時に訊くべきことを記
載したメモ用紙を作っておき日々の仕事の場で活用することをオススメします。

いかがだったでしょうか?以上が、クレームの基本手順と、「きく」技術のポ
イントです。ここまで習得できれば、クレーム対応はほぼ終わったようなもの
です。


☆次回に続く。


おすすめ研修

エントリー

ご登録はこちら

下記の登録フォームにメールアドレスを入力後、登録(または購読)ボタンをクリックしていただきますと購読のお申込みができます。

日本初・世界最大級のメールマガジン (メルマガ)ポータル。

「まぐまぐ!」購読規約

▼その他メルマガサイトからの登録はこちら
(※配信内容は各サイト同一の内容です)

 

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー