キーワードで知る!コンサルの「眼」

 【奈良時代の評価制度】

キーワードで知る!コンサルの「眼」

奈良時代の評価制度(1)

奈良時代の評価制度

奈良時代の評価制度(1)

■奈良時代の評価制度

評価制度や人事評価は、現代でも組織を運営する上で重要なものですが、日本では、奈良時代からすでに、唐から輸入した「律令」という法令を基に、人事評価が行われていました。

現代でも、「考課」という言葉を勤務評定の意味で使いますが、これは奈良時代から使用されていた言葉で(唐の法律用語を輸入)、「功過を考校」(功績と過失を調べ)、「才芸を課試」(能力を試す)という意味です(「考」が「調べる」の意味、「課」が「試す、試験する」の意味)。


■奈良時代の評価者

中央・地方ともに、すべての役人は、それぞれの官庁のトップに、1年に1度評価されていました。評価を行う際には、現代の評価面談さながらに、被評価者と対面し、評価の結果とその根拠(事由)を本人に読み上げていました(現在同様に、被評価者が納得しないということもあったでしょう)。


■奈良時代の評価基準

また、「能力評価」はどのように行われていたかは不明ですが、奈良時代でも、「勤務評価」、「業績評価」に当たるものはすでにありました。

「勤務評価」は、当時の儒教の思想に基づいた全役人一律のものがあり、「業績評価」も大臣から、国家官僚、国の地方官に至るまで、評価基準が設けられていました。

奈良時代の「勤務評価」は、以下の、「善」という儒教の思想に基づいた、「徳義」・「清慎」・「公平」・「恪謹」の4つの評価基準がありました。

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「徳義」:周りから、徳があり、人柄が素晴らしいと思われているかどうか

「清慎」:清廉潔白で、慎み深いかどうか

「公平」:私を捨て、公の為に働き、公平な態度で仕事に臨んでいるか
           どうか

「恪謹」(かくごん、かくきん):仕事を敬い、力を尽くして仕事に励んでい
                    るかどうか

┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー