営業職「誰もやらない」101の秘策

 【「売る」仕組みを作るマーケティング】

営業職「誰もやらない」101の秘策

ブランド導入の道のり

「売る」仕組みを作るマーケティング 【4】

ブランド導入の道のり

■ブランドの役割と重要性

ブランドとは、商品・サービスを象徴するもののことです。狭義には、シンボル・マーク、デザイン、名前などであり、広義には、商品・サービスを思い起こさせるイメージ全てを指します。

自社ブランドが、顧客に名前を覚えられ、他ブランド、他社製品と異なるものと認識されることは、商品の購買につながる重要なポイントとなります。

顧客に良いブランドとして記憶されれば、それは、事業にとって、もっとも大切な信頼を勝ち得ることにつながります。結果として商品は力を持ち、商品企画・開発や、販売に余計な費用をかける必要もなくなり、ライバルより高い価格で販売できます。

多くの顧客に良いブランドとして記憶され、さまざまな人から注目をされ、求心力をもっているブランドこそ、強いブランドと言えます。

また、ブランド力は企業の規模業種に関係なく重要といえます。


■ブランド導入の道のり

ブランドの導入を判断する上で、まず必要となるのが、マーケットの規模を予測することです。全く新しいジャンルの商品・サービスを投入する場合でも、潜在顧客のいるマーケットを想定し、そこからどのくらいの顧客を引き込むことが可能かを想定することができます。また、マーケットはブランドの拡大・浸透や他者の参入などに伴って、その規模も中身も変化するため、予測に際しては常に動的に捉えることが重要です。

特に、新しいジャンルの商品・サービスをマーケットに投入する際には、まず、地域など、範囲を限定したうえで試験的な市場投入を試みます。先行販売で市場の反応を見るという狙いがあります。そこでのマーケットからの反応を踏まえて戦略を修正することにより、本格展開の際の成功確度を高めることができ、投資リスクを軽減させることができます。

同じ商品でも、「全く新しいコンセプトの商品」として打ち出すか、「既に認知度のある商品の改良版」として位置づけるのかによって、そこからのリスクとリターンに大きな違いが出ます。投入する商品・サービスを、マーケットの中でどのようなポジションに置くかは、ブランド戦略において特に重要な問題といえます。


☆次週につづく

おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー