営業職「誰もやらない」101の秘策

 【入社3年目までの新人に伝えたい「営業成功のヒント」】

営業職「誰もやらない」101の秘策

商談は帰社してからも勝負、怒濤の如くアプローチする!

入社3年目までの新人に伝えたい「営業成功のヒント」 【11】

商談は帰社してからも勝負、怒濤の如くアプローチする!

★押しが弱い営業担当者のお悩み

私は、押しが弱いせいか、もう少しで受注というところで他社に切り替えられてしまうことが多々あります。ライバルに打ち勝つ方法はないものでしょうか?


★営業成功のヒント

5分、30分、48時間ルール守り、ライバルを寄せ付けない


■5分、30分、48時間ルール守って行動していく

できる営業担当者は商談から帰ってから、お客様との間で持ち上がった懸案事項を即座に回答します。

問合せに対しても、同様です。お客様からのご要望に対して、「すぐに対応します」と言ったら5分以内に対応、「後ほど対応します」で30分以内に対応「後日対応します」なら2日、48時間以内に対応というようにすばやく行動します。


■スピードが他社の侵入を防ぐ、商談の成果を高める

再訪問することになった時、間が空きすぎるのは厳禁です。お客様に自分の印象が残っているのは48時間です。その間に、次のアクションをおこします。次のアポイントを取って、翌週には再度ご提案させていただきます。アポまでの間も2日空けずに連絡を取るぐらいのスピード感とピッタリ感で食い込んでいかないと、チャンスを失ってしまいます。とにかく早め早めに手を打つことが必要です。


■提案は怒濤のごとく、48時間以上空けない対応をする

お客様は「無邪気」に営業担当者を裏切るものです。もっといい提案が他社からあれば、今までの関係、当社の思い入れは一切考慮せず業者を切り替えるものです。

それを防ぐためには、お客様に考える暇を与えない、競合他社をお客様の元に侵入させないことです。もちろん、お客様に、「他社と会わないでください」と言うわけにはいきません。こちらがいかにお客様の興味を惹き続けられるかどうかがポイントです。そう考えると、48時間ルールは当然です。


▼こちらもご参考下さい↓
 舟橋孝之著「営業のプロが新人のために書いた営業の本」


営業力強化研修




おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー