業務フロー作成研修(1日間)

0606業務フロー作成研修(1日間)

B IMP211-0400-0606

18/09/11 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

本研修の「ねらい」

本研修では、業務フロー作成のスキルを身につけることによって、現状業務を可視化し、標準プロセスを確立できるようになることを目指します。

具体的には、業務フローを作成する意義を理解したうえで、業務フロー作成の手順やフロー構成の型、作成に必要な図解化スキルを身につけます。
研修の最後には、研修内容を踏まえた自部署業務についての業務フロー作成演習を行い、現場での実践につなげます。


研修プログラム例

B IMP211-0400-0606

研修プログラム例(所要時間:1日間)
内容 手法
  • 1.アイスブレイク
       ~自己紹介・グループ名・リーダー決め
ワーク
  • 2.業務フローとは
      ~「業務フロー図はなぜ作られるのか」個人で考え、グループで共有する
ワーク
  • 3.マニュアル作成とは
      ~業務フローを広い視点で見てみましょう
    1. マニュアル作成のねらい
    2. マニュアル作成と業務改善の関係
    3. マニュアルに現在、求められるもの
    4. 良いマニュアルの条件~「考え方の軸」が分かり、具体的に行動可能
    5. マニュアルの種類
講義
  • 4.業務フロー図の種類
    1. 単純業務のフロー図
    2. 複雑業務のフロー図
    3. 担当部署が複数にまたがるフロー図
講義
  • 5.業務フロー作成の手順
講義
  • 6.業務フロー作成対象業務の洗い出し~目次の作成
    1. 業務フローの構成基本型
    2. 対象業務の層別 →「森を見て木も見る」
講義
  • 7.図解化の3つのステップ
    1. ステップ①抽出 ~情報全体からキーワード、エッセンスを抽出
    2. ステップ②分類 ~キーワードを分類して、情報を整理
    3. ステップ③関連付け ~キーワードの構造と関係を明確化
講義
  • 8.業務フロー作成演習
    1. 共通のテーマ
      ~全体で一つの題材を用意し、業務フローを作成する。解答例をパワーポイントで映しながら、全体に向けてポイント解説。
    2. 個人のテーマ
      ~ポイントを掴んだところで、各自の業務を題材にフロー図を作ってみる。フロー図作成の手順は、テーマ選定→仕事の洗い出し→区別する(社外での仕事・自分の仕事)→グループ分け→並び替え→線で結ぶ)。
      2人組ペアあるいはグループで交換し、相互チェックを実施。チェック後、修正し、再度2人組で相互チェックを実施。(第三者に分かりやすいかという観点でチェック)。 講師は随時アドバイス。
    3. 難しいテーマ(※こちらは時間により割愛する場合がございます)
      ~インソースにて一題難易度の高い題材をご用意し、全員で解く。また、各自終了後に作成していただき、後日解答例を配布する。
講義
  • 9.今日の研修でわかったこと
      ~業務フローにおけるポイントを各自3つずつ挙げる
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:https://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

講師からひとこと

本研修は現状業務を可視化し、標準プロセスを確立することを目指します。
どのように業務フローを作成すべきか、前提条件(目的の明確化)からしっかりと理解して頂くことができると思われます。
また、業務フロー作成に当たっては、現場の実務者からのヒアリングが必須となるため、コミュニケーション研修や、業務改善研修などを合わせて受講されると効果的です。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2018年 3月     28名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.4%
講師:大変良かった・良かった
96.4%
参加者の声
  • 日頃忙しいを言い訳にしてマニュアル作成の必要性を感じていても後回しにしていましたが、業務フロー作成の重要性を改めて感じました。
  • フローの作り方で、何が最適か頭の整理が追い付かず苦戦してしまったが、作っていくうちに分かると思うので、いろいろな手法を学べて良かった。
  • 勉強になりました。業務を覚える上で「わかりやすい」ことは大切だと思うので、これからフローチャートの作成に取り組みたいと思います。

実施、実施対象
2017年 6月     15名
業種
金融
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今回学んだことは今後の業務のベースになると思います。フローチャートから見つかったリスクを改善していきます。
  • 自身の業務の問題や課題について工程の洗い出しを行い、改善点を探していきたい。
  • フローチャートの書き方を学べたことは本当に貴重でした。今後もこの考え方を活用していきたいと思います。

実施、実施対象
2016年 12月     18名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今回の研修で、通常の業務で忘れかけていたことを改めて再認識することができました。業務フローを取り入れたマニュアルや資料作りに活用していきます。
  • 研修を受講して、今まで気づいていなかった問題点を洗い出すことができた。グループワークを通じて、業務フローの書き方の実感がつかめた。現在抱えている問題点について本日学んだ方法で分析し、業務改善につなげていきたい。
  • 自分の業務に当てはめる上で有益なテキストだと思います。業務フローの見直しに活かしていきたいです。自部署や自分自身の業務を振り返る良い機会でした。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え {{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



業務改善研修の評価
年間総受講者数
10,757
内容をよく理解・理解
92.4
講師がとても良い・良い
91.0

※2018年10月~2019年9月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■基本編
■結果をすぐ出す実践編
■組織で取り組む全体活動編
■リーダーシップで実現する指導者編
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

誰でもできるRPA

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia タイムマネジメント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ナレッジマネジメント

働き方改革

仕事でExcelを使いこなす100の極意マスター講座

デジタル人材の育成

業務改善研修

作り込み型研修

コンプライアンス研修

リスクマネジメント研修

タイムマネジメント研修

人気研修で川柳 七一歳シルバー新入社員 銀子の一句

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修