【公開講座】業務フロー作成研修

【公開講座】業務フロー作成研修
18/06/12 更新
  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者

・中堅社員~管理職の方
・業務の視覚化や標準化、業務フローの改善を行いたいとお考えの方

研修内容

業務フローの作成・運用は個別業務の属人化を防ぎ、衆知を集めての業務運用を可能にします。結果、業務改善や知識伝承、リスク管理が運用できるようになり、「業務改善しよう」という前向きな力が生まれます。

本研修では、まず業務フロー作成の意味と作成方法を学びます。その後、特にリスク管理の観点から、実際に業務フローの作成方法を習得していただきます。非正規雇用の従業員の比率が高い職場や社員の異動が多い部署にとっては、特に役立つ研修です。

研修プログラム例

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.業務フローの役割
    (1)業務フローを作成する意味とは
    【ワーク】業務の流れを図で表現することによるメリットを挙げる
    (2)業務の可視化によるメリット
講義
ワーク
  • 2.フローチャートのしくみ
    (1)フローチャートを構成する要素
    (2)記号とその意味
    (3)流れのパターン
    (4)作成上の約束
講義
  • 3.業務フロー作成の進め方
    (1)業務フローを作成する目的を明確にする
    (2)対象業務を洗い出す
    (3)対象業務の業務フローのラフ案を作る
    【ワーク】業務フローを作成してみる
講義
ワーク
  • 4.業務フローの検証
    (1)業務フロー検証の視点
    (2)リスクを見つける着眼点
    【ワーク】自身の業務のリスクを洗い出してみる
    【参考】リスクの評価~優先順位づけ
講義
ワーク
  • 5.業務フローと業務改善
    (1)「攻め」の改善と「守り」の改善
    (2)原因究明のベースとする
    (3)改善の余地を見つける着眼点
    【ワーク】作成した業務フローの改善点を見つける
講義
ワーク
  • 6.業務フローとマニュアルの連動
    (1)業務マニュアルの弱点
    (2)業務フローとマニュアルを連動させる
    (3)フロー型マニュアルの整備
    (4)業務フローとマニュアルをPDCAで運用する
講義
  • 7.まとめ
    【ワーク】研修を踏まえ、職場における業務フローの活用方法を考える
ワーク

スケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

※登壇予定の講師は予告なく変更になる場合がございますことをご了承くださいませ

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(03-5259-0071)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

受講者の評価

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた
100.0 %
講師:大変良かった・良かった
95.3 %

※2017年4月~2018年3月

実施、実施対象
2018年 5月     9名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 本日の研修を通じて改めて顧客ー営業ー工場のデリバリーの流れを再確認しました。流れを認識するだけでなく、リスクも確認するだけでなく、リスクも確認することが出来てよかったです。自分の業務を他人に引き継ぐ時に業務フローを作成し活かしたいと思います。
  • 特定の業務だけでなく自分自身の管理業務を可視化するツールとしてフローを活かしていきたい。

実施、実施対象
2017年 10月     4名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務フローを作成するうえで、まずは業務内容の理解をすることが重要で、どの程度の精度で作成するべきかを学ぶことができました。
  • 対象とする業務のメンバーと業務フローを確認し、改善を進めていきたい。また、理想とする業務フローを使ってそれに近づけていくような使い方もしたい。
  • 業務を可視化する上で、目的(ターゲット)を考え、陳腐化しないようなフロー形成に活かしていきたいと思います。

実施、実施対象
2017年 10月     5名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • フローチャートの作成の基礎を学べたので、今後業務を実施するときフローにするときのことを考えながら仕事をしたいと思いました。手順書も随時更新されるような仕組みをチームのメンバーと考えたいと思います。
  • 自信の業務と直接的に通じる研修でした。業務フローの目的は意外とぼんやりとしていることが分かりましたので、如何に明確化するか、業務を洗い出せるかを部内に周知することから始めようと考えます。

実施、実施対象
2017年 5月     4名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • すべての業務で既存ルールがあいまいになっていく傾向があるので、フロートチャートを作成、リスク管理をしルールをしっかり守る文化を作っていきたい。
  • 業務フロー作成および、内の作成教育やフォローに活かしたいと思いました。
  • 業務マニュアルを作成中で、別のものとして業務フローを考えていましたが、業務の洗い出しなど共通する部分が多いので、非常に参考になりました。

実施、実施対象
2017年 4月     5名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 棚卸システム構築、システム会社との打ち合わせの情報共有、物流業務の仕事の流れの均一化や引継ぎ、他部署の仕事も業務フローに書き表し、会社の共有マニュアルとする。
  • 業務フローの基礎知識がなかったため、どこからどのように作ればいいのか判断に困っていましたが、受講したことにより、作り方の基準ができたため、社内のあらゆる業務をフロー図にし、他部門への理解も得ていきたいと思いました。
  • 今まで日常での業務フローが完成しきれていなかったので、うまく活用していきたい。また新人向けのマニュアルとして活用できるか考えたい。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
100.0
講師がとても良い・良い
95.3

※2017年4月~2018年3月

公開講座の年間実績
受講者数※1
49,686
開催数※1
6,577
講座数※2
2,124種類
WEBinsource
ご利用者数※2
6,970

※1 2017年4月~2018年3月

※2 2018年3月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
4,500社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2017年3月末時点
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

おすすめ研修・サービス

公開講座新作研修

2018年4月20日
(半日研修)(受検者向け)ストレスチェックフォロー研修 ~ストレスチェック後のセルフケアプログラム
2018年4月19日
(半日研修)(管理職向け)ストレスチェックフォロー研修 ~ストレスチェック後の職場改善プログラム
2018年4月10日
(若手向け)テレアポ・飛び込み営業実践研修
2018年3月27日
会社のしくみを知る研修~経営数字から企業活動を理解する
2018年3月27日
ソリューション提案力向上研修~顧客視点で最適解を導き出す