クレーム対応の勘所

 【基本手順】

クレーム対応の勘所

解決策を提示する(6)「組織対応」の手法

基本手順 【4-6】

解決策を提示する(6)「組織対応」の手法

本日はクレーム対応を組織全体で取り組んでいく、
「クレームの組織対応」の手法についてご紹介したいと思います。


■「組織対応」の際に心がけること

まず申し上げたいのは、クレームの組織対応とは、「組織全員が連携し、
フォローしあうこと」です。ですから、「情報共有の徹底」「一人に責任を
負わせない」心がけが重要です。

もし、全員が情報連携できていなければ、何度も似たようなミスが
繰り返され、組織として同じ痛みを何度も受けることになってしまいます。
それを防ぐためにも組織対応は非常に重要といえます。

そして、一人に責任を負わせないことも重要です。「どうしても対応
しきれなくなったら誰かが対応してくれる」と思うと、対応者の心理的負担
は大変軽くなり、落ち着いて対応することができます。さらに、「みんなで
責任を負っている」と思うことで、対応して得られた気づきを周囲に
共有しやすくなるのです。


■「失敗を責める」文化から「失敗から学ぶ」文化に切り替える

企業が「クレームの組織対応」に取り組むにあたって、
推進の妨げとなるものがあります。

それは「ミスを共有せずに隠蔽する」という組織風土です。
その理由のもっとも大きなものとしては、「ミスを公開してしまうと、
賞与等に影響する」といった、失敗を責める文化があるからだと
考えられます。

もし、企業が「クレームの組織対応」に本気で取り組んでいくの
ならば、この組織風土は必ず改善していかなければなりません。
まずは、失敗を責める文化を払拭することが大事です。
組織全体の考え方を変えて、「失敗から学ぶ」文化に切り替えていく
ことが必要となります。もちろん、会社としてただ掲げるだけでなく、
管理職が日常的に部下に「失敗は悪ではなく、学ぶべきもの」と
いうことを徹底して指導することが重要です。

☆次回に続く。


おすすめ研修

エントリー

ご登録はこちら

下記の登録フォームにメールアドレスを入力後、登録(または購読)ボタンをクリックしていただきますと購読のお申込みができます。

日本初・世界最大級のメールマガジン (メルマガ)ポータル。

「まぐまぐ!」購読規約

▼その他メルマガサイトからの登録はこちら
(※配信内容は各サイト同一の内容です)

 

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー