クレーム対応の勘所

 

クレーム対応の勘所

言葉の緩衝材を使い、「ジャブ」を打つ

言葉の緩衝材を使い、「ジャブ」を打つ

■言葉の緩衝材を使う


事実や状況に配慮し、お客さまに対してお声をかけることが大切です。お詫びの言葉や、お客さまのお気持ちを理解し、受け止める言葉が、お客さまの気持ちを静めることになります。

気持ちを受け止められたお客さまは、「この人は、わかってくれる人だ」と感じ、スムーズなクレーム対応への第一歩となるのです。

◇「言葉の緩衝材」の例
「ご気分を害してしまいまして、申し訳ございませんでした。」
「お手間を取らせまして、申し訳ございませんでした。」
「お手をわずらわせまして、申し訳ございませんでした。」
「ご不快な思いをさせてしまいまして、申し訳ございませんでした。」

「それは大変でございましたね。」など、事実や相手の状況を踏まえて、受け止める言葉も緩衝材となります。


■「ジャブ」を繰り出して、言い分を伝える


クレーム対応は、「聴く」ことがまず重要ですが、こちらの言い分も伝えていかなければなりません。クレームを申し立てられる方は、怒りながらも相手の話をよく聴いています。少しずつ「ジャブ」を打ち、事実やこちら側の主張を伝えていきます。相手が怒り出しても、めげてはいけません。

お怒りの相手に言い分を伝えるのは、誰でも身構えてしまうものです。しかし、自己防衛や正当化をするために、法律やルールをたてにとってしまっては、ここまでの手順で構築した相手との信頼関係が崩れてしまいます。時には「覚悟」と「勇気」を持って伝えることが必要です。

お話を聴くことで幾分落ち着いたとはいえ、お怒りの相手に、こちらの言い分を一気に伝えてしまうのは好ましくありません。「事実だから、正しいことだからといって、長々と語らない」ということを心がけます。そのためには「小出しに伝える」ことが有効です。相手が受け入れられるように、納得できるように伝えていくために、少しずつ伝えていきます。

また、伝える順番にも気をつけましょう。「明確にできた事実」を先に伝え、「推測や伝聞の情報は」後から伝えます。明確なことから伝えていかないと、相手の混乱を招いたり、後に「言った、言わない」という状態を招いてしまい、クレームが長期化してしまう恐れがあります。

 

☆次回もお楽しみに!


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー