クレーム対応の勘所

 

クレーム対応の勘所

問題・ご要望の確認は「聴くこと」「訊くこと」が大切

問題・ご要望の確認は「聴くこと」「訊くこと」が大切

■1次対応者でクレームを大きくしない


お客さまからの連絡を受けた1次対応者が、基本的な事実確認を省略したために、クレームにならずに済んだ案件を炎上させてしまうことが少なくありません。解決すべき問題・ご要望の確認を怠ることで、対応の遅れやさらなる問題を引き起こし、クレームが拡大してしまうからです。

一次対応者は慌てずに「何が問題になっているか」、「ご要望は何か」を確認することが大切です。


■問題・ご要望の確認は 「聴くこと」 「訊くこと」


クレーム対応の基本は「聴くこと」は、「問題・ご要望の確認」などの情報収集につながります。また「訊くこと」も重要です。「何が問題なのか」「お客さまは何を伝えたいのか」を意識して、お客さまをナビゲートしつつ、質問することがポイントです。プロとしての業務知識がクレームを解決する糸口となるのです。


■質問は、短く、簡潔にかつ確実に


まず、お客さまに「質問して良いか」を聞きます。次に「どうされましたか」と質問を投げかけます。その際、業務知識を総動員して、「プロ」に話しているという安心感を感じていただきながら情報収集をします。クレーム対応には業務知識、一般常識も不可欠です。正確な業務知識がなければ、的確な事実確認ができません。逆に言えば、正確な説明をすれば、納得していただけるケースが大多数です。

そして、冷静に事実関係や状況を把握することが求められます。

 

1.いつ、どこでトラブルが発生したか
2.どんなことが起こっていて、お客さまは何にご不満をお持ちなのか
3.どなたがご不満をお持ちなのか
4.問題点は何か?
5.当方に対してどうしてほしいとお考えなのか

など、詳しく訊きましょう。


■訊き方のポイント~クッション言葉、要約、復唱を使いこなす


事務的、尋問調では更にクレームを招いてしまうかもしれません。「おそれ入りますが」など一言添えるだけで、印象は大きく変わります。また、お客さまからのお話を勘違いしてしまうこともあり得ます。お話をきいたあと、「ここまでの確認ですが、よろしいでしょうか」などの一言を挟み、要約や復唱をし、内容に間違いがないかを確認します。

この一言は、正確に話を把握できるだけでなく、きき手としての責任も相手に伝えることが出来ます。

さらには、大事なことを言う前後に間をとると、聞き手の注意を引きつけることができます。質問を投げかけた後に、お客さまに考えていただく「間」をつくりましょう。一つの区切りができて、冷静に内容を振り返っていただくことが可能になります。


■クレーム対応時は「クッション言葉」を使うのが基本


・依頼
「おそれ入りますが」「恐縮ですが」
「ご多用中、誠に恐縮ですが」「ご迷惑とは存じますが」

・拒絶
「誠に申し訳ありませんが」 「お役に立てず心苦しいのですが」
「申し上げにくいことではございますが」

・抗議
「誠に遺憾に存じております」「ご再考のほど、お願い申し上げます」

・あらゆるとき
「かしこまりました」「ご多用中とは存じますが」
「突然失礼とは存じますが」「なにとぞよろしくお願い申し上げます」


☆次回もお楽しみに!


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー