職場にあると良いと思う制度、1位は「在宅勤務」 ソニー生命調べ

2018年3月16日

職場にあると良いと思う制度、1位は「在宅勤務」 ソニー生命調べ

 職場にどのような働き方や制度があると良いと思うか聞いたところ、「在宅勤務」と答えた人が最も多いことが、ソニー生命保険(東京・千代田、萩本友男社長)が実施した「女性の活躍に関する意識調査2017」で分かった。

 全回答者1000名に、ワーク・ライフ・バランスに関連して職場にどのような働き方や制度があると良いと思うか聞いたところ、「在宅勤務」が58.5%と最も多く、次いで「時短勤務」52.2%、「フレックス制」47.6%となった。「プレミアムフライデー(毎月最終金曜日は午後3時に仕事を終える)」は23.6%で9位だった。

 「在宅勤務」と「時短勤務」については半数以上があると良いと思うと回答しており、働く場所や時間などを自分でコントロールできる制度があると良いと考えている女性が多いことが分かった。

 子どもがいる女性についてみると、「社内保育園」は52.2%と半数以上、「子連れ出勤可」は35.3%と3人に1人の割合となった。

 有職女性を対象にキャリアについて聞くと、「今後(も)、バリバリとキャリアを積んでいきたい」は37.0%、「管理職への打診があれば、受けてみたい」は19.8%となった。

 4割弱がバリバリとキャリアを積んでいきたいと回答している一方で、管理職に就いてみたいと回答したのは2割に満たない結果で、管理職に就くことに抵抗がある人が少なくないようだ。

 「女性が社会で働くには、不利な点が多い」と思うか聞くと「そう思う」は79.5%に上り、働く女性の8割が働きづらさを感じていた。

 専業主婦を対象に就業願望についてを聞くと、「本当は外に働きに行きたい」は38.1%、「子育て後の再就職は厳しい」は77.6%となった。

 この結果について、ソニー生命保険は「子育て後の再就職を後押しするような改革が推し進められたとしたら、今後さらに働く女性が増えるかもしれない」と分析している。

 調査は「女性の活躍に関する意識調査2017」をインターネットリサーチで実施し、1000人の有効サンプルの集計結果を公開した。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • ウィズコロナ時代の教育とオンライン研修のコツ

    2020年度 社内教育のご紹介
    ~コロナ禍での全社階層別研修

    今すぐダウンロード

  • 主体的に判断し、行動できる強いリーダーの育成

    ジャパン・ソリューション推進冊子
    「ENERGY vol.2 夏号」

    今すぐダウンロード

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修