本研修の「ねらい」

学校間の競争が激しくなる中、一般職の方においても、環境の変化や時代の潮流を捉え、組織と自身の置かれている状況をしっかりと把握しておく必要があります。

そこで本研修は、自組織の強み・弱み(受験者層・競合など)を徹底的に分析したうえで、組織人としての自身のキャリアについて考えていただきます。Must(求められていること)・Can(できること)・Will(したいこと)の観点から「今」を整理し、自身に足りない点を明確にすることで、今後の成長へとつなげます。


研修プログラム例

B CRR150-0100-3432

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.今、学校が置かれている状況を考える
講義
  • 2.環境の変化を認識する
    (1)外部環境分析とは
    ・マクロ環境分析 ・顧客(市場)分析 ・競合分析
    (2)マクロ環境分析手法 ~ PEST分析
    ・政治的環境要因 (political)   ・経済環境要因 (economic)
    ・社会環境要因 (sociological) ・技術的環境要因 (technological)
    【ワーク】自校のマクロな外部環境をPEST分析し、「機会」と「脅威」を考える
    (3)「競合」と「顧客」
    【ワーク】自校の「競合」「顧客」は誰で、その「機会」と「脅威」を考える
    (4)内部環境分析とは
    ・商品やサービス  ・人材  ・業務プロセス  ・財務
    (5)4つの視点で「強み」と「弱み」を考える
    【ワーク】自校の「強み」と「弱み」を、4つの視点で洗い出す
講義
ワーク
  • 3.組織戦略を考える
    (1)SWOT分析
    ・強み (Strength)    ・弱み (Weakness)
    ・機会 (Opportunity) ・脅威 (Threat)
    (2)行政と民間での判断軸の違い
    【ワーク】 自校の事業をSWOT分析し、経営戦略を考える
講義
ワーク
  • 4.組織人として自分のキャリアを考える ~Must・Can・Willで「今」を整理する
    (1)Must・Can・Willの重なりが重要
    (2)自分は、今後何をしなければならないのか ~ Must
    【ワーク】組織からみたときに、自分にはどのようなことが求められているかを考える
    (3)自分には何ができるのか ~Can
    【ワーク】自分が特に大きな影響を受けた人を3人思い出し、自身への影響を考える
    (4)自分は、何をしたいのか ~ Will
    【ワーク①】洗い出した出来事のモチベーションの高低を振り返る
    【ワーク②】どのようなときに自分はモチベーションが上がるのか、共有の要素を考える
講義
ワーク
  • 5.まとめ
    【ワーク】研修内容を踏まえ、自身に足りない点、今後伸ばしていきたい点を挙げる
ワーク

※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

テキスト作成者から

学校法人の組織全体で環境の変化や時代の流れに対応していくことが求められています。
本研修は管理職はもちろん一般職も含めて、自組織の置かれた状況を踏まえて、自身の働き方をレベルアップしてほしい!という人事担当者の声をもとに生まれました。

研修では、学校が置かれている現在の状況を考え、自組織の強み・弱みを分析したうえで、今後の組織戦略を考えていきます。
また、Must(求められていること)・Can(できること)・Will(したいこと)という3つの観点から、自分のキャリアを整理し、自身に足りない点や今後伸ばしていきたい点を考えます。

受講者が、環境の変化を分析し、自組織の戦略を考えることができるようになる研修です。
また、自分自身の過去~現在を整理することによって、未来のキャリアをデザインすることができるようになる、非常にご好評いただいている研修です!

実績と受講者の声

実施、実施対象
2018年 5月     15名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
86.7%
講師:大変良かった・良かった
93.3%
参加者の声
  • 分かりやすく、有益な研修でした。自分のキャリアについて少し不安が解消されました。
  • 講義を受けたり、グループワークで他の方と話をしたりすることで、頭の中の整理ができました。
  • 職場の環境の整備、自分自身の仕事、生活を見つめ直したいと思います。

実施、実施対象
2016年 10月     21名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.2%
講師:大変良かった・良かった
95.2%
参加者の声
  • 将来を考える中で、今自分が抱えている課題も意識することができ参考になった。
  • 最近淡々と仕事をしていたので、もう少し考えながら業務に取り組んでいこうと思いました。
  • 今後のキャリアについて考えるためのヒント、参考事例が多かった。
  • 長期的なキャリアイメージが描けたので、日々目標達成に向けて頑張りたい。
  • 仕事振り返りシートとフィードバックは自分で気づかなかった、自分の良いところを知るきっかけとなった。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



大学教職員向けSD研修の評価
年間総受講者数
14,490
内容をよく理解・理解
94.4
講師がとても良い・良い
91.2

※2018年4月~2019年3月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

インソースフォーラム2019 全国6都市でお申込み受付中!

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!