対象者

  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

・現場で発生した問題を対処するにあたり、適切な判断を行い、その責任の一端を負う立場の方

本研修の「ねらい」

本研修では、問題を起こさないためのリスクマネジメントではなく、問題が起きた後の手立てを誤って危機的な状況に陥らせないために必要なことを理解し、行動に移せるようになってもらうことを目指します。

<本研修の骨子>
1.問題が大きくなる前に手を打つための「リスク感度」
2.問題が大きくなってしまった際の迅速な「判断」と「行動」
3.問題の拡大の背景となった「組織風土」の改革


研修プログラム例

B RSK140-0200-4032

研修プログラム例
内容
手法
  • 1. 「問題」が「危機」に変わる瞬間とは
    (1)なぜ、この「問題」は「危機」にまで拡大したのか
    【ワーク】過去に起きた企業における事例から、どの時点で「問題」が「危機」に変わったのか探り、そうなってしまった要因を考える
    (2)危機を引き起こす2つの遅れ~「発覚の遅れ」と「判断・行動の遅れ」
    (3)危機対策の必須要件~「ルール整備」と「教育・訓練」
講義
ワーク
  • 2.問題の拡大を未然に防ぐための「リスク感度」
    (1)発生の予防と拡大の予防の違い
    (2)感度を高めるための「想像力」と「疑似体験」
    (3)発生しやすい法的リスク
     ①著作権法侵害  ②景品表示法違反
     ③労働基準法違反 ④偽装請負
    【ワーク】法的リスクに関する描写を見て、どの程度のリスクを感じるかをチェックする
    (4)発生しやすいコンプライアンスリスク
     ①不適切な個人情報の取り扱い ②ハラスメント問題
     ③人権侵害 ④不適切なデータ処理
    【ワーク】コンプライアンスリスクに関する描写を見て、どの程度のリスクを感じるかをチェックする
講義
ワーク
  • 3.問題の拡大を食い止めるための「判断」と「行動」
    (1)危機対応における判断軸
     ①ステークホルダーの被害の最小化 ②長期視点での事業継続
    (2)最悪のケースを想像する
    【ケーススタディ①】問題が起きた際に、それが危機にまで発展する可能性について、楽観的観測を排除しつつ、最悪のケースをイメージする
    (3)報告すべき内容を整理する 
    【ケーススタディ②】すでに起きた事実とこれから起こりうることの予想を整理し、起きた問題によって影響を受ける人を洗い出す
    (4)エスカレーションルールに則って報告する
     ①「受けた時点で当事者」が報告の原則 ②報告先を確認する
     ③適切な報告手段を選択する
    【ケーススタディ③】起きた問題に対し、適切な報告の仕方を考える
講義
ワーク
  • 4.「判断」と「行動」において求められるマインド
    (1)危機を判断するのは合理性ではなくリーダーシップ
    (2)迅速な報告を妨げるもの
     ①大事なのは「精度」よりも「早さ」 ②「希望的観測」という誘惑
     ③「セクショナリズム」という敵
    【ワーク】SNS上に上げられた自社サービスに関する批判コメントの内容を見て、自分ならどのように判断し行動するかを考える
講義
ワーク
  • 5. 「判断」と「行動」を助ける実践的なマニュアル作り
    (1)マニュアル化とはルールを現場化すること
    (2)ヒヤリハット情報を収集する
    (3)事例の横展開を通じて疑似体験させる
    (4)フィードバック情報をマニュアルに反映する
    【ワーク】危機管理に関する規定の内容を、自部署の業務に即したマニュアルに落とし込む
講義
ワーク
  • 6. 危機の拡大の温床となりうる「組織風土」の改革
    (1)報告の遅れの背景にあるものとは
     ①内向き志向の組織風土 ②懲罰的な人材評価
     ③極端な成果主義 ④コンプライアンス軽視
    (2)迅速な報告体制を実現するための風土改革
    【ワーク】危機の拡大の温床となりかねない自社の懸念点をグループ内で考える
講義
ワーク
  • 7. 明日から考える自部門の危機管理対策
ワーク

※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

テキスト作成者から

問題の発生を予防するための「リスクマネジメント」については、ある程度研修棟で取り組みがなされていても、実際に危機に直面した際のクライシスマネジメントについては、ほとんど手つかずという組織が少なくありません。危機に直面した際に適切な行動ができるようになるためには、ルール・マニュアルの整備とともに、実際の危機を想定したケーススタディが不可欠です。本研修は、ワークで採用する危機のケースのリアリティを重視し、実践性に重きを置いて企画いたしました。

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



リスクマネジメント研修の評価
年間総受講者数
4,199
内容をよく理解・理解
93.8
講師がとても良い・良い
90.2

※2018年10月~2019年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ハラスメント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ナレッジマネジメント

最短1週間で研修を実施できます

「プロ」のおすすめ インタビューリレー

人気研修で川柳 七一歳シルバー新入社員 銀子の一句

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修


×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!