クライシスマネジメント研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

クライシスマネジメント研修

クライシスマネジメント研修

研修の特徴・目的

危機的状況に直面した際の迅速な対応策を考える

「クライシスマネジメント」とは、組織そのものの存続を左右するような危機的状況(クライシス:crisis)が起きた際、被害を最小限にするために行う一連の活動および対処法のことを指します。

日本語では同じ「危機管理」ですが、危機を発生させないよう予測・分析し、予防策を策定することが中心となる「リスクマネジメント」とは異なり、「クライシスマネジメント」は実際に危機に直面した際にどう対応するかを中心としたマネジメントを意味します。

大規模自然災害やテロなど国際情勢の緊迫化、サイバーテロによるITシステム障害、金融危機や取引先の倒産、新型ウイルスの感染爆発(パンデミック)・コロナクライシスなど、危機的状況は多岐にわたります。どんなに準備をしていても起きる可能性がある災害や事故、事件の際、危機発生以後の素早い対応が最も重要となり、その時点での判断如何によって組織の命運が分かれます。組織には、有事の際にすぐに動けるような明確なルールづくりが求められます。

インソースの「クライシスマネジメント研修」では、ポイントとなるインシデントマネジメント(初期対応・初動)や被害軽減策など、過去の事例に基づきながら“実際に起こった場合”を想定して考えていただきます。組織として迅速な対応と速やかな復旧、事業継続ができるようになっていただくことを目指します。

クライシスマネジメント研修のポイント

インシデントマネジメント(初期対応・初動)の重要性を学ぶ

組織として迅速な初期対応・初動ができるよう、インシデントマネジメントの知識を学び、具体的にどんな場合にどう対応するかを考えていただきます。従業員の安否確認など優先順位を決め、迅速に対応することで被害を最小にとどめ、二次被害を食い止めることが目的です。
また、ソーシャルメディア時代における初期対応のポイントも学びます。危機発生時の対外対応では、マスコミ対応だけでなく、SNS対策や風評対策なども考慮することが必要な時代です。迅速な情報発信は企業姿勢を社会に示す機会となります。

クライシス事例をもとに、事故・事件・不祥事が発生した際の対応を考える

過去の事例に基づきながら、事件・事故・不祥事が発生した際に、どのように対応すべきかを考えていただきます。
自然災害やサイバー攻撃など、クライシスの性質はさまざまです。事例を学ぶことで、企業がどのように対応することがベストなのかを考え、自組織は何を優先して行動するかといった判断軸を育てます。事例を知り、自ら評価し、その理由を考えることで、どのように対応をしたらよいか臨場感を持って考えることができます。

実践性に重きを置いたケーススタディで当事者意識を高め、成果物を持ち帰れる

危機に直面した際に適切な行動ができるようになるためには、ルール・マニュアルの整備とともに、実際の危機を想定したケーススタディが不可欠です。本研修は、危機のケースのリアリティを重視し、実践性に重きを置いたワークを用意しております。進めていくうちに「自組織ならどうするか」「自分ならどうするか」「勤務外時間に起きた場合は」など、優先順位・対応方針を自分ごととして考えていただき、当事者意識を高めていただくことがねらいです。

加えて、インソースの研修では、フレームに沿って欄を埋めていくだけで、初期対応案や災害対応用品の洗い出しなど、各種対策案を作成することができます。研修翌日から現場で有効にご活用いただける成果物を得ることができるとご好評いただいております。

クライシスマネジメント研修ご検討のお客さまからのご質問

自組織には危機管理マニュアルがありますが、内容にマッチするよう、カリキュラム変更は可能ですか?

承っております。まず、現状として貴組織において、どのようなリスク対策教育をされているかをお伺いできればと考えております。危機管理マニュアルについては、研修中にテキストと一緒に受講者さまに配布いただくことをおすすめいたします。研修中に講師が適宜マニュアルについて触れ、改めて組織の危機管理体制やマニュアルの存在を周知し、ルールの定着を図るようお手伝いさせていただきます。

自組織の状況を踏まえたケーススタディは作れますか?

可能でございます。本研修受講者には、研修前に「事前課題」というアンケートに答えていただいています。具体的には「災害などの予測不能な有事の際に、自組織全体としてどのような対応を行うべきか」「あなたが担当している職務のうち、危機に直面した際、対応が必要と思われることは何か」といったアンケートに回答いただきます。その中で優先順位が高いものについて、総合演習としてグループで検討する、という流れです。

グループワークの特徴は、「3人寄れば文殊の知恵」と言われるように、チーム全員の知恵を結集し、組織的に問題解決を行うことです。どれほど優秀な社員でも一人でできることには限界があります。「問題解決を組織的レベルで行う意識を持つ」ことが大切です。

クライシス発生に備え、自社の事業継続計画を見直したいと考えています。そのような研修はありますか?

ございます。
事業継続を困難にする危機的状況への対応策として「事業継続計画」(BCP :Business Continuity Planning)の作成・見直しに注目が集まっています。
そこでインソースでは、「事業継続計画(BCP)作成研修」を開発し、優先的に復旧すべき業務の絞り込みや対策案の洗い出しができるカリキュラムをご用意しました。また、立てた計画の継続的な改善と運用に重点をおいた「事業継続マネジメント(BCM)研修」もご用意しております。経営者のみならず、実務を担う管理職の皆さまのレベルアップのためにも、ぜひ研修実施をご検討ください。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

クライシスマネジメント研修のおすすめプラン

リスク管理のレベルを向上させタフな組織をつくるプラン

主に管理職を中心として、今の時代にそれぞれの立場で必要な「リスクマネジメントスキル」を習得してもらい、全社のリスク管理レベルの向上や業績の拡大、安定を目指す

コロナと共存するニューノーマル時代の全社意識改革プラン

経営層は「組織活動や戦略の見直し」、管理職は「柔軟で迅速なマネジメント」、全社員は「改善や成果を追求する姿勢」などを求め、強い意識変革を含めた教育を行う

全員の思考力を鍛え、役割に応じた主体的行動を促すプラン

1年間で、全社員が階層に応じた役割認識や必要なスキルを強化する研修を各自が受講するプラン。変化の激しい外部環境に対して危機感を持ち、行動を起こせる人材を育てる

クライシスマネジメント研修のおすすめ動画教材・eラーニング

クライシスマネジメント研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!