ビジネス基礎研修(2日間)|体験談 ──研修見聞録 研修見聞録

事務職
Aさん(仮) 22歳

上巻

ついに社会人デビュー!しかし何もかもが不安...

ついに社会人としての生活がスタートしました。しかし社会人としての振る舞い方やビジネスマナー、仕事の進め方などわからないことだらけで前途多難です。知らず知らずのうちに自分の行動が上司やお客さまを不快にさせてしまったり、信頼を失う行為をしてしまったりするのではないか、と悩んでおります。また自分自身要領が良いタイプではなく、学生時代のアルバイトでもミスをしたり戸惑ったりすることもしばしば......。正社員という責任の大きい立場になったにもかかわらず、効率的な仕事ができなかったら、結果が出せなかったらどうしようという不安でいっぱいです。

会社で研修の受講機会を用意していただきましたが、オンラインということもありきちんと受けられるかどうか、教えていただいてもきちんと現場で使えるようになるのか、心配でした。しかし少しでも社会人としてふさわしくなれるような知識が身につけられれば、と気を引き締めて研修を受講しました。

中巻

社会人としての基本の大切さを再確認

いざ研修が始まってみると、最初は自己紹介。オンラインではありましたが、講師の方が一人ひとりの趣味などについて質問してくださり緊張をほぐすことができました。同時に他の人が今回の研修で身につけていきたいことも聞くことができ、ビジネスマナーなど社会人としての振る舞い方に不安を抱いていたのは自分だけではなかったということも知って安心しました。

私は「マナー」や「ルール」というと堅苦しく感じ、「机上で学ぶよりはやく現場で仕事の知識を積みたい!」と考えてしまう面もありました。しかし基礎が固まればどんな仕事・どんな環境でも信頼される社会人になれる、という話を伺って考えが変わり、まずは基礎をしっかり身につけたい!と思うようになりました。心配していた電話応対や名刺交換などを学ぶ際にはロールプレイングのビデオを見ることができてイメージが深まりました。

他の受講者の方とペアワークで実際に練習をしてフィードバックをもらうこともできたので、自分の改善すべき点もわかり少し自信を持てるようになりました。また、心配していた効率的な仕事の仕方についても教えていただけました。実際にメモを取る練習や計画を立てる練習もできたので、現場でもすぐに試してみたいと思います。講師の方はとても親身に質問に答えてくださり、現場に出る前に不安が払拭できる貴重な機会となりました!

下巻

はやく仕事で実践してみたい!

受講後は、「なぜマナーや振る舞いが必要なのか」ということを理解することができました。それまでは「やらなくてはいけない」と受動的なものとして考えていましたが、能動的に社会人としてふさわしい行動ができるよう心がけよう、と思えるようになりました。

また、一番大切なのはただ形式を守ることではなく、一緒に仕事をする相手やお客様がが気持ちよく過ごせるように思いをはせて行動することだ、というのも新たな学びでした。場合によって、形式を完全に守ることができなくてもその後の一言などで相手を気遣うなどができると良いと学んだので、現場に出たときに実践していきたいと思っています。

仕事の進め方に関しても、自分はいままで「計画を立てる」ということに関して、甘く考えていたと反省しました。標準作業時間やコスト、サービスの品質など、ひとつひとつの仕事の解像度をあげて理解してから、計画を立てて仕事を進めていきたいと思います。

最初は不安だらけでしたが、今は研修で学んだ内容を活かしていち早く信頼される社会人になりたい!と前向きな気持ちになれました。

研修見聞録一覧

関連リンク

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。