loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

トップマネジメント研修~役員・部長が知っておくべき人事戦略(2日間)

管理職

トップマネジメント研修~役員・部長が知っておくべき人事戦略(2日間)

組織と人の現状課題をとことん議論し、自社の成長スピードを高める「勝てる人事戦略」を構想する

No. 3250122

対象者

  • 部長・経営層

・経営者、経営幹部
・人事部長(CHRO)、それに準ずるポジションの方
・ベンチャー企業で人事機能の基盤固めをしたいと考えている方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 自社の競争力を高めるための戦略を人的リソースの観点から検討したい
  • 営業・技術系出身の経営層が多いため、組織づくりについて知見を得たい
  • 将来的に上場したいと考えているが、人事・労務体制に自信がない

>「トップマネジメント研修シリーズ」はこちら

研修内容・特徴outline・feature

組織の業績拡大を下支えし、加速させるための人事戦略に焦点を当てた2日間研修です。創業直後の企業は売上・利益確保が最重要課題となりますが、中長期的に組織を発展させていくためには組織・人づくりにも目を向けることが必要です。

1日目は組織デザインについて学び、自社の課題や成長フェーズを踏まえた組織体制や育成・採用の望ましいあり方をメンバーとディスカッションします。2日目は育成・採用の具体的な進め方を学びます。自社で求められる人材要件を言語化し育成計画を立てるワークや、求職者とのマッチング率や訴求力を高めるための求人票作成ワークを通じて、実態に適った具体的な人事戦略を考えます。

■トップマネジメント研修とは
会社の業績拡大・競争力向上のための企業経営のポイントを、テーマごとに学ぶシリーズ研修です。インソースの経営陣が監修しており、自社に置き換えた施策を考えることをゴールとして、インプット・アウトプットの時間をバランスよく組み込んだ2日間研修となっています。

到達目標goal

  • ①組織デザイン:企業の成長フェーズに合わせた組織体制や管理方法を検討できる
  • ②人材教育:組織風土の醸成や人時生産性の向上に寄与する教育計画を考えられる
  • ③採用活動:自社にマッチした人材を集めるための基本姿勢とプロセスがわかる

研修プログラムprogram

<1日目>
内容
手法
  • 1.自社のフェーズを確認する
    (1)企業の成長と人
    ①創業直後 ②創業期 ③成長期 ④事業確立期 ⑤事業拡大期
    ⑥事業安定・成長アクセル期
    (2)人事機能の分担
    (3)経営者が注力すべき3つのテーマ
    ①組織デザイン ②人材教育 ③採用戦略
    (4)経営者が知っておくべき人事オペレーション
    ①採用・雇用・退職 ②労働環境の整備 ③勤怠管理 ④各種制度の整備
    ⑤社会保険 ⑥法定業務 ⑦安全・衛生管理体制
    【ワーク】自社のフェーズを確認し、取り組むべき課題を3つ整理する
講義
ワーク
  • 2.組織デザイン
    (1)創業直後・創業期
    ①まずは4つのカルチャーを確立する
    ②社員のベクトルを揃えるための「理念」を言語化する
    ③最初は「経営者直轄フラット型組織」で構わない
    ④「勝てる組織」に合わせて採用する
    ⑤組織デザイン・全体目標・人事機能を連動させる
    【ワーク】1~2つ先のフェーズを見据え、組織のあるべき姿を構想する
    (2)成長期・事業確立期
    ①取れる人材に合わせて業務を最適化する ②バックオフィス部門を確立する
    ③コミュニケーションをおろそかにしない
    【参考】面談のスペーシング(空間の有効な活用の仕方)
    (3)事業拡大期・事業安定・アクセル期
    ①異動の徹底~異動により多くの人材に経験の機会をつくる
    ②ダイバーシティはベンチャーの味方~業績向上の切り札
    (4)ダイバーシティ推進のためのヒント
    【ワーク】新たに登用してみたいと思う人材を検討する
講義
ワーク
<2日目>
内容
手法
  • 3.人材教育
    (1)必要なのは全社教育、教育の仕組みづくり
    ①創業期~事業確立期は必要最低限に絞る
    ②事業拡大期から教育の仕組みづくりに着手する
    【ワーク①】職種×階層の枠をつくり、職務ごとの役割を明文化する
    【ワーク②】重要度の高い部門を1つ挙げ、スキルマップを作成する
    (2)OJTの強化~できる人材はベンチャーに来ない
    ①OJTの意義を認識する ②仕事を通じて合理的に育成する
    ③メンバーはチーム全体で育てる~育成は準備、継続、計算
    (3)Off-JTの企画・実施~全社教育でカルチャーとナレッジを浸透
    ①徹底した共通訓練~全社共通の基礎訓練 ②座学で学ぶ場づくりをする
    (4)マルチスキルの「新たなゼネラリスト」をつくる
    (5)リーダーは意識してつくる
    【ワーク】重要度の高い部門を1つ挙げ、部門長の育成計画を立てる
    (6)ベンチャーは振り返りが重要
    ①役員・管理職も振り返りで鍛える ②振り返りの方法~KPT
講義
ワーク
  • 4.採用戦略
    (1)採用は成長企業の一大投資
    ①社長を巻き込む~特に創業期 ②採用コストを見積もっておく
    (2)採用の順番
    ①「すぐに」必要な人材から採用する ②新卒採用を早期にスタートする
    ③目的に応じて雇用形態を検討する ④経営幹部を採用する
    (3)まずは採用すべき人を明確にする
    ①採用したい人は文字と写真で具体化する
    ②社内で求める人物像をすり合わせておく ③求人票をつくり込む
    (4)求人票のポイント
    【ワーク①】重要度の高い部門を1つ挙げ、採用すべき人物像を明確化する
    【ワーク②】求人票でアピールすべきことをまとめ、グループ内でコンペを行う
    (5)採用方法を使い分ける
    (6)選考プロセスにおけるポイント
    (7)採用後のフォロー~想定外の退職を出さないために
講義
ワーク
  • 5.自社の成長戦略を考える
    【ワーク①】次年度までに売上130%アップを目指す想定の人事戦略を考える
    【ワーク②】1カ月以内の行動計画を立てる
ワーク

企画者コメントcomment

ベンチャー企業は事業が軌道に乗ると、設備投資だけでなく人的投資を考えなければなりません。まずは規模拡大に直結する採用に目を向けがちですが、優秀な人材は大手企業に取られてしまう、せっかく採用できてもすぐに辞めてしまう、などのお悩みを多く伺います。

市場競争・採用競争ともに苛烈な環境下でも、組織デザイン、人材教育、採用活動に注力することで、限られた人的資源で成果を最大化することができます。三位一体の人事戦略をダイジェストで学び、具体化するために、本研修を活用いただければ幸いです。

スケジュール・お申込み
(オンライン/セミナールーム開催)schedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります
  • カリキュラムは一部変更となる可能性があります。大幅な変更の際は、申込ご担当者さまへご連絡いたします。

事前のご案内

受講できそうな日時がない… 日程を増やしてほしい… 
そんな時には「研修リクエスト」

研修リクエストサービス

「研修リクエスト」とは、お客さまのご希望の日程、内容、会場で、1名さまから インソースの公開講座を追加設定するサービスです。 サービスの詳細や、リクエスト方法はこちらをご確認ください。

※受講者数1名以上の場合から、リクエストを受け付けております

※ご連絡いただいてから研修実施まで、通常2か月程度かかります(2か月以内での急ぎの実施も、ご相談可能です)

お問合せ・ご質問

よくいただくご質問~お申込み方法や当日までの準備物など、公開講座について詳しくご説明

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

同ジャンルの研修を探す

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

コンテンツクリエイターズワークス

生理の貧困対策支援PJ(企業向け)全力Q&A

生理の貧困対策支援PJ(自治体向け)全力Q&A

生理の貧困対策支援PJ自治体のお声

  • WEBins
  • 20周年特別タイアップ企画
  • モンシャン

公開講座からの新着メッセージ


    直近の公開講座開催研修