新人フォロー研修|体験談 ──研修見聞録 研修見聞録

営業職
Yさん(仮)22歳

上巻

仕事、だいぶ慣れてきた。でも、なんだか気力が...

新入社員として入社して、あっという間に約半年が過ぎました。

「仕事をする」ということに初めはなかなか慣れず、学生気分が抜けていなかったと自分でも思う私ですが、最近ではだいぶ慣れてきました。

もちろん、まだまだ業務で分からないことは多いですが、上司や先輩に指示さえもらえれば、もう一通りのことはできます。一度できるようになってくると、「仕事なんてこんなものか」と思うようになり、なんとなく仕事へ向き合う気力が薄れてきたなぁ、と感じるようにもなってきていました。

中巻

みんな迷って、頑張っている ~「慣れ」こそが「罠」だった

そんなある日、会社の指示で『新人フォロー研修』に参加しました。

始まってすぐ、【これまでの仕事を振り返る】というワークがあり、グループで一緒になった別会社の同年代、同じく新人のみんなと話し合うことができました。みんな「できるようになった仕事」がありつつも、「やはり難しい仕事」が多くあると言い、それは私にも当てはまることばかりでした。

「まだまだ私たち、頑張らなきゃね」と、一同の気持ちが引き締まるのを感じました。

その後、講師から【業務が慣れてきた段階で陥りがちな罠】という講義があり、私はハッとしました。「あきらめ」や「慢心」が成長の妨げとなる。まさしく、私はその「罠」に陥っていたと、気づかされたのです。

下巻

「主体的行動」で新人卒業へ!

研修を受けて私は、目が覚めました。上司や先輩から指示されたことを言われた通りに行うばかりで、「主体的に仕事に向き合う」という姿勢が足りていなかったのです。自ら考え、行動することが今の私には求められているのです。ホウ・レン・ソウの徹底や、自らの仕事の管理・改善など、やるべきことは山積みです。やらねば、何も変わりません。

研修の最後に講師から、「新人卒業」を目指しましょう、という話がありました。いつまでも「新人」でいるのではなく、担当する仕事の「プロ」へ成長すること。そうなるべく、今、私、燃えています!

研修見聞録一覧

関連リンク

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    今すぐダウンロード

  • 研修会社で実施される社内研修を紹介

    2020年度 社内教育のご紹介
    コロナ禍での全社階層別研修

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。