loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

社会人1年目・2年目ステップアップ研修~コミュニケーション力向上編

社会人1年目・2年目ステップアップ研修~コミュニケーション力向上編

「先輩から学ぶ術」「分かりやすく伝える力」などのコミュニケーションスキルを習得し、今後のさらなる活躍を目指す

研修No.3050002

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 新入社員
  • ・社会人1年目・2年目の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 上司・先輩の考えや意図を理解できるようになりたい
  • 上司・先輩から、指示した内容とズレていると指摘をされてしまう
  • 上司・先輩に自分の意見・意図を伝えることが苦手

研修内容・特徴outline・feature

年齢や立場の違う相手と円滑にコミュニケーションをとるためには、相手の価値観や考えの違いを認識し、広い視野でものごとを考えることが重要です。本研修では、上司・先輩の立場に立ち、「世代」「役割」「価値観」の3つの違いを理解することで、指示を正確に受け取る方法や、わかりやすく自分の考えを伝える方法をワークを通して考え習得いただきます。社会人1・2年目の方が、今後さらに活躍していただくためのコミュニケーションスキルを学ぶことができます。

到達目標goal

  • ①年齢や立場の違う相手の考えや価値観を理解できるようになる
  • ②相手が求める行動と、自分の行動との「ズレ」を修正する
  • ③一歩踏み込んだきき出す力、分かりやすく伝える力を習得する

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.職場のコミュニケーションにおいての悩み
    【ワーク】職場でのコミュニケーションにおいて「悩んでいること」「難しいこと」は何か
講義
ワーク
  • 2.職場内コミュニケーションにおける悩み一覧
    ・職場全体(メンバー/他部署など)に対して
    ・上司・先輩に対して
講義
  • 3.上司・先輩の立場で考える
    (1)「世代」の違い
    (2)「役割」の違い
    (3)「価値観」の違い
    【ワーク】それぞれの視点で上司・先輩と自分との違いを整理する
講義
ワーク
  • 4.広い視野で考える~相手目線
    【ワーク】「広い視野」で考えることができるようになるために、職場においての工夫を考える
講義
ワーク
  • 5.指示を正確に受け取る
    【ワーク】日常の業務で指示をうまく受け取れないときは、どんな時か
    (1)上司・先輩の指示があいまいになる理由
    (2)認識の「ズレ」を発生させないためのQCDRS
    【ワーク】上司から歓迎会の幹事を任された時に、とるべき行動をQCDRに沿って考える。
    (3)こまめな報告で「ズレ」を修正する~うまくいっていても必ず報告
講義
ワーク
  • 6.リアクション力を高める~表情・態度・言葉で表す
    (1)リアクション(反応)の重要性
    (2)社会人に求められるリアクション ~「ややオーバー」が受けがよい
    【ロールプレイング】設定したケースで自分が答える場合、気をつけるべき点を考える
講義
ワーク
  • 7.「知識」「経験」「勘所」をきき出す
    (1)上司・先輩は「教えたい」
    (2)「経験」や「コツ」を「きき出す」ためのテクニック
    【ワーク】新人・若手の今だからこそ、上司・先輩からきき出したいことを挙げる
講義
ワーク
  • 8.わかりやすく伝える
    (1)自分の意図をまず伝える
    (2)伝える情報を整理する
    (3)相手の立場に立って話す順番を整理する
    【ワーク】伝えたい趣旨を踏まえて、必要な情報に下線を引く
    (4)説明の「型」を身につける
講義
ワーク
  • 9.まとめ ~明日から実践することを考える
    【ワーク】明日から実践することを考えてメンバーに宣言する
講義
ワーク

企画者コメントcomment

職場で難しいことのひとつとして、上司・先輩とのコミュニケーションがあります。相手との違いを理解し、広い視野で考えることで、社会人として必要なコミュニケーション力を身につけることができます。本研修では、ワークを通して受講者同士で考えを共有し、そのうえで、若手として知っておきたいことを習得していただきます。今後さらに活躍していただくために役立てていただけましたら幸いです。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evaluation

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.4%

講師:大変良かった・良かった

95.2%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2021年11月     15名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
93.3%
参加者の声
  • コミュニケーションや指示を出す場面は、上手い先輩を真似る。指示を受ける側はクローズドクェッションを使って対応する。「説明の型」を身につけて慣れるまでやってみる。
  • ClosedQuestionやPREP法、事実と意見を分けて話すなど、コミュニケーションにおいてわかりやすい説明を実践します。
  • 相手の立場となって考えるということができていなかったので、広い視野を持って、ホウレンソウも活用しながら、今後の業務にあたります。
  • 結論と目的を先に述べてから話す。疑問に対して自分の考えを述べて、YESorNOの形になるように質問する。
  • 職種や職場規模などが変わり、重要な情報が何か・報告が欲しいものは何か?などが変わったため、相手の価値感や業務背景などを開き出しながら、取るべき行動を考えます。

実施、実施対象
2021年10月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 価値感の違いについては、その時の状況や相手によって、自分自身の価値観も変わっていたことに気付いたので、これからは状況等も意識して判断します。
  • 報告・説明は端的に、結論から述べることを意識します。日々の報告の中で、自分の主張が今ひとつ相手に伝わっていないことがあるが、事実と私見も混合して話している部分があるため、まずは聞かれたことを端的に伝えるようにします。
  • 視座を高める事を意識して、明日からの業務に臨む。報告を適切にする事はもちろんだが、相手が話を気分良く聞けるように、ペースや報告方法も変えようと思う。

実施、実施対象
2021年9月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 一通りの回答の想定をしてから報告したり、上司や先輩が求めている品質を自分から質問したりすることで明らかにしたり、ということを徹底します。最小単位での報告ができるように努めます。
  • 上司や取引先との会話において、結論から経緯という順序で簡潔に話す点を意識して、より信頼していただけるようになりたいです。
  • 考えの伝え方を学ぶ事が出来ました。報告の際は結論から述べて簡潔に話し、上司や先輩が必要な情報を述べます。

実施、実施対象
2021年2月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手に伝わりやすい情報の伝え方の構成の仕方を実践し、先輩との距離を縮め、業務を円滑に進められるようにしていく。
  • 広い視野を持つことの大切さを改めて考えさせられました。広い視野を持つためにまずは相手を受け入れること、否定をしないことを実施します。
  • 相手に伝える型で、結論を先に述べることとリアクションを意識します。自分の状況を上司に分かりやすく説明できるように努めます。
  • 話し方のフレームワークを業務に活用し、相手の視点に立った考え方を身につけて、コミュニケーション能力を高めていきます。

実施、実施対象
2020年12月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 価値観の違いを意識し、考え方を固めないよう広い視野が持てるように努める。また、自らのアプローチ方法を変えてみる。
  • 相手から上手に聞き出すこと、相手にわかりやすく伝えることを意識します。肯定質問を実際に使ってみます。
  • コロナ禍での環境下において、より正確なコシュニケーション能力が必要と感じた。文章でも「自分が本当に伝えたいことを伝える」を念頭に説明の型をクセづけたい。
  • 本日の学びを活かして、必要なことを短くまとめるよう努力します。結論を最初に述べるだけで変わると思うので実践します。
  • 人と話すことが多い業種なので、短く簡潔に話す、PREP法を意識して、ダラダラ話すことのないようにしたい。今までコミュニケーションを取っていなかった方にも自分のために積極的に話しかけにいく。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.4
講師がとても良い・良い
95.2

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修