UI設計力向上研修|体験談 ──研修見聞録 研修見聞録

プログラマー
Yさん(仮)32歳

上巻

デザインのフィードバックができない

WEB制作の部署に異動してきて早1年。
主にプログラムを担当しているのですが、ある日突然デザイナーが部下となり、指導する立場になりました。

いざ、デザインフィードバックの場に立ってみると、「なんとなく違和感がある」ことは分かっても、「どこに違和感があり、どうすれば改善できる」のか、指示の仕方が全く分かりませんでした。

いままで多くのWEBデザインを見てはきましたが、改めてUI設計の基本理論やコツを学ぶ必要があると感じ、研修を受講してみました。

中巻

軸をもって「意識的」にデザインを観る

研修では、「心理的な人の行動」「環境がもたらす人の癖」を考えたうえで、伝えたいことを表現するにはどうすればよいかを、講師の経験とコツをたっぷり添えて教えていただきました。

いままでデザインを「無意識」になんとなく観ていたことと、考え方の軸をもってデザインを「意識的」に観れば、デザインのあるべき姿に近づけることに気づきました。

下巻

上司が唸るデザインのフィードバックができた

それからというもの、身の回りにあるものすべてに対して、粗探しをするようになりました(笑)。

もちろん、ただなんとなく粗探しをするのではなく、3つの視点をもって、観察しています。「どんな環境にいる人に」「なにを伝えたいのか」「改善するならどうするか」の3つです。

研修を受けたことで、デザイナーが納得し、完成品をみた上司が唸るようなフィードバックができるようになってきています。研修で得たUIの基本理論や3つの視点で、これからもあらゆるデザインを観察していきます。

研修見聞録一覧

関連リンク

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。