loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(新入社員・新社会人向け)ビジネス基礎研修~新たな時代に求められる社会人の心構えとスキルを習得する編(2日間)

(新入社員・新社会人向け)ビジネス基礎研修~新たな時代に求められる社会人の心構えとスキルを習得する編(2日間)

社会人として相応しいマインドを醸成し、ビジネスマナーと仕事の進め方の基本を習得する!

研修No.3040013

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 入社前(学生・内定者)
  • 新入社員

・新入社員・内定者の方
・入社前もしくは入社後に、ビジネスパーソンとしての基本マインド・基本スキルを学びたい方

他にも対象者別の講座がございます
①高校・専門学校卒の方対象
 (高校・専門学校卒業の新人向け)ビジネス基礎研修~社会人の基本スキルを実践的に習得する編(3日間)
②外国人や帰国子女の方対象
 (外国人・帰国子女向け)日本で働くためのビジネス基礎研修

よくあるお悩み・ニーズ

  • 社会人に必要なマナーや心構えを学んでもらいたい
  • 電話応対など職場ですぐに実践できるようにしてもらいたい
  • 敬語がうまく使えず、先輩・上司の接し方に戸惑うことが多い
  • テレワークの場合に気をつけることも知りたい

研修内容・特徴outline・feature

社会人として必須のビジネスマナー、職場のルール、仕事の進め方の基本を身につけていただくための最もベーシックな新人研修プログラムです。冒頭は社会人に求められる「意識」についてしっかりと認識を固めたうえで、基本動作や言葉遣いについて学びます。

「チームへの貢献」をキーワードに、なぜ業務の進捗状況を上司や先輩に報告しなくてはならないのかなど新人が陥りがちな傾向を見越して業務への取り組み方をガイドしています。名刺交換の仕方、電話応対などはペアを組んで繰り返し練習することで定着を図ります。テレワークを行う組織も増えているため、テレワークの場合の身だしなみやルール、仕事の受け方などのポイントも学べる内容となっています。

到達目標goal

  • ①組織や社会とどのように関わっていくべきかを知り、ルールを守ることの重要性を理解する
  • ②信頼を得るための身だしなみや立ち居振る舞い、言葉遣いを習得する
  • ③電話応対・名刺交換・来客対応の基本の型を身につけ実践できる
  • ④ホウ・レン・ソウを理解し、仕事の進め方の基本を身につける

研修プログラムprogram

1日目
  内容 手法
  • 1.はじめに ~セルフチェック
    <社会人に求められるマインドや行動、
     パソコンスキルについてチェックシートを用いて確認する>
ワーク
  • 2.社会人としての考え方
    <学生と社会人との違いを理解したうえで、社会人としての考え方を学ぶ>

    (1)学生と社会人との違いを考える
    【ワーク】学生と社会人との違いについて具体的に考える
    (2)仕事を通じて、社会と関わる
    (3)チームの一員として働く
    (4)組織で求められる人材とは
    (5)テレワーク時代に求められる要素① ~自律性
    (6)テレワーク時代に求められる要素② ~主体性
講義
ワーク
  • 3.社会人としてのルールの遵守① ~社会のルール
    <社会人になるにあたって守るべき社会のルールを学ぶ>

    (1)コンプライアンス(法令遵守)
    (2)新人にとってのコンプライアンス
    (3)テレワーク時のコンプライアンス
    (4)SNSの使い方
    【ワーク】SNSの使い方についてチェックする
講義
ワーク
  • 4.社会人としてのルールの遵守② ~職場のルール
    <社会人になるにあたって守るべき職場のルールを学ぶ>

    (1)社会人として守るべき職場のルールを考える
    【ワーク】出勤や休憩等の場面を想定し「気を付けるべきこと」「守るべきルール」を考える
    (2)出勤時のポイント
    (3)勤務中のポイント
    (4)外出・休憩時のポイント
    (5)退勤時のポイント
    (6)テレワーク時のポイント
    (7)社外でのマナー
    (8)健康管理の徹底 ~健康管理も仕事の一部
    【ワーク】健康管理のために何をしたらよいか考える
    (9)休暇のとり方
    (10)遅刻しそうな時 ~ただちに電話で連絡
講義
ワーク
  • 5.ビジネスマナー① ~社会人としての基本動作
    <ビジネスマナーの意義を理解し、基本動作を習得する>

    (1)第一印象の重要性
    (2)身だしなみ ~「ふさわしい」身だしなみを確認する
      ①「ふさわしい」身だしなみとは
    【ワーク】自分の「服装」を通して相手に受け取ってほしい印象について考える
      ②クールビズの身だしなみ  ③テレワーク時の身だしなみ
    【ワーク】ペアになってお互いの身だしなみをチェックする
    (3)表情・あいさつ
    【ワーク】笑顔の練習をする
    (4)態度
      ①座り方  ②テレワーク時の座り方、姿勢  ③立ち方  ④歩き方  ⑤モノの授受
    (5)お辞儀の種類とポイント
    【ワーク】お辞儀の練習をする
講義
ワーク
  • 6.ビジネスマナー② ~言葉遣い・敬語
    <ビジネスパーソンとしての言葉遣いと、敬語の正しい使い方を知る>

    ■言葉遣いの基本
    【ワーク】会話文を読み、不自然だ、適切でないと感じる言葉遣いに下線を引く
    【ワーク】基本的な言葉遣いを声に出して練習する
講義
ワーク
2日目
  内容 手法
  • 7.ビジネスマナー③ ~電話応対
    <電話応対の心構えと、電話の受け方・かけ方をワークで習得する>

    (1)電話応対の3つの鉄則 ~組織の顔として、相手に配慮する
    (2)電話応対の基本フロー
    (3)電話応対の基本① ~電話の受け方・取り次ぎ方
    【ケーススタディ】外出中の社員宛の電話を受電し伝言を承った場合の応対について考える
    (4)ビジネス電話でよく使われる表現
    (5)担当部署が違う電話の応対
    【参考】伝言の書き方
    (6)電話応対の基本② ~電話のかけ方
講義
ワーク
  • 8.ビジネスマナー④ ~来客応対・訪問時のマナー
    <組織の代表として行う対外マナーの基本を実践を通して学ぶ>

    (1)来客応対の基本姿勢
    (2)来客応対の基本マナー
    (3)ご案内のしかた
    (4)席次
    (5)お見送りの際の気配り
    (6)訪問の基本マナー
    【ロールプレイング】訪問する側と応対する側にわかれ、受付と応接室での来客応対を行う
    (7)名刺交換
    【コラム】オンライン商談における名刺交換
    【ワーク】名刺交換の練習をする
講義
ワーク
  • 9.チームに貢献する仕事の進め方
    <新人が仕事を進めるうえで重要な考え方や判断軸、ホウレンソウについて学ぶ>

    (1)新人の仕事の進め方
    (2)仕事の指示を受ける
      ①職場での指示の受け方  ②メモのとり方  ③テレワークでの指示の受け方
    【ワーク】仕事の指示を聞いてメモを取り、質問事項を考える
    (3)計画を立てる① ~方法と時間を確認する
    (4)計画を立てる② ~仕事をするうえでの判断軸「QCDRS」
    【ワーク】上司の指示をQ(品質)、C(コスト)、D(納期)、R(リスク)、S(セールス)の観点から留意点を考える
    (5)計画を立てる③ ~コストを意識する
    (6)仕事を始める
    (7)中間報告① ~タイミング
      ①定時中間報告のタイミング  ②仕事中の中間報告  ③テレワークにおける中間報告
    (8)中間報告② ~報告・連絡・相談とは
    【ワーク】上司に自分のミスについて、どのように報告するか考える
    (9)終了報告前のチェック
    【ワーク】営業交通費精算書の誤りを探す
    (10)終了報告
    (11)仕事を振り返る
    (12)オンラインツールを活用する
講義
ワーク
  • 10.報告演習
    ■上司の留守中におきた内容(コピー機の故障、受電、顧客対応等)について、帰社した上司に報告する
    【ワーク①】報告すべき内容について、状況を整理し、優先順位を考える
    【ワーク②】2人1組になり上司役と新人役に分かれ、口頭で状況を報告する
    【ワーク③】気づきをまとめる
ワーク
  • 11.まとめ
    ■宣誓書の作成 ~職場で「これだけは必ず実行するもの」を書き出し宣誓する

    ■付録1.社会人のキャリアについて考える
    ■付録2.ハラスメントとは
    ■付録3.メールのマナー
    ■付録4.メンタルタフネス
    ■付録5.新人のクレーム対応
    ■付録6.WEB会議システムの使い方(Zoom、Teams、Webex)
ワーク

※Zoomの名称およびロゴは、Zoom Video Communications, Inc.の米国および日本を含むその他の国における商標または登録商標です
※Microsoft Teamsの名称およびロゴは、Microsoft Corporationの米国および日本を含むその他の国における登録商標または商標です
※Webexの名称およびロゴは、Cisco Systems, Inc. およびその関連会社の米国および日本を含むその他の国における登録商標または商標です

企画者コメントcomment

本研修は、「チームの一員として働くための基礎(考え方、姿勢、行動)」を身につけることをコンセプトにしています。独りよがりな利益を追求するのではなく、組織や社会とのつながりを意識した行動ができるようになることを促します。配属先でよくある状況を設定したワークやロールプレイング、あるいは事例やコラムをふんだんにちりばめたテキストは、当社コンテンツの中で最も人気があるもののひとつです。テレワークを導入する組織も増えていることから、新入社員がテレワークを行う際に戸惑わないよう、テレワークでの働き方についても学んでいただきます。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

【オンライン新人研修受講にあたってのお知らせ】
オンライン開催の研修にご参加される方は、こちらのページを必ずご覧ください。通常研修との違いや、テキスト・キャンセル料についての注意事項などをご案内しております。


<テキスト送付について>
オンライン開催をご受講いただくお客さまには、研修で使用するテキストを、事前にご指定の住所宛(送付先は1ヵ所、申込担当者さま宛)に配送いたします。送付先の住所につきましては、2021年2月以降、申込担当者さま宛に弊社より順次連絡のうえ、確認させていただきます。なお、新人研修に限りテキスト送付先「申込担当者さま宛」、「1カ所」とさせていただきますので、予めご了承ください。
スタートアッププランをご利用の場合は、複数の研修テキストを一括で配送させていただきます


オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

実施、実施対象
2021年6月     19名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94.7%
参加者の声
  • 6W3Hを用いたメモを取ること、こまめな報告・連絡・相談を心掛けます。これから本格的に仕事が始まるにあたって、きちんと社会人としての姿勢で仕事に取り組まなければならないことを実感しました。
  • 言葉遣いや、勤務時のルールなど初めて学ぶ内容が多くありました。ホウ・レン・ソウをして、計画性と優先順位をつけながら日々の業務に取り組みます。
  • ビジネスマナーについて理解を深めることができました。メモを取りながら質問事項を考える力を身につけたいです。新人らしさを忘れず、最後に立てた目標をいち早く達成できるよう努めます。
  • 特に、電話応対や指示の受け方、報連相などを徹底し、周囲の方から安心して仕事を任せてもらえる新人を目指します。報連相、6W3H、コスト意識を徹底して業務にあたります。

実施、実施対象
2021年5月     19名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94.7%
参加者の声
  • 講師の「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」という言葉が印象的でした。疑問に思ったことはすぐにトレーナーの方に質問し、その場で疑問を解消していきたいです。
  • PDCAサイクルを活用する。業務に取り掛かる前に、事前に計画を練り、手順や方法を計画しておく。業務の途中で、上司や先輩に中間報告を行う。計画通りいかなかった場合は、原因を考え改善する。
  • 敬語の使い方や、電話対応などは初めて学べた部分が多かったので明日から学んだことを活かして経験を積んでいきたい。また上司やお客様との連絡などは必ずメモを取るようにする。
  • 相手に与える第一印象として節度あるルールとマナーのほか身だしなみや挨拶など表面的な部分から改善していく。今後はPDCAを意識した行動がとれるよう周囲との連携を心掛けたい。
  • 二日間を通してビジネスマナーが持つ社会への影響がよく理解でき、社会人として相手の立場に立つ視野の広さが求められていることを感じた。知らない者同士でも役割次第で闊達なコミュニケーションが取れるのだと分かり、有意義な研修だった。

実施、実施対象
2021年4月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 服装や敬語、電話応対に来客対応等のビジネスマナーだけでなく、仕事の計画や報連相といった仕事の進め方を今後の業務に活用する。
  • 上司・同僚・お客様など、コミュニケーションを取る相手が期待する行動を自然に取れるように意識していきます。分からないことや確認したいことがあったらすぐに質問、確認するようにしたいです。
  • 実践的な活用としては電話対応、ビジネスマナー、コンプライアンスの確認などがとても勉強になりました。個人的な観点では中間報告のポイントが参考になったので活かします。
  • 名刺交換や電話応対のマナーなど、学校にいたときには知らなかった数多くのことを知ることができてよかったです。新生活で不安がたくさんでしたが、今回の研修でわからなかったことがクリアになりました。

実施、実施対象
2021年4月     29名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.6%
講師:大変良かった・良かった
96.6%
参加者の声
  • 結論ファーストで簡潔にまとめられるように普段から意識する。報告、連絡、相談はなるべく早めにする。常に責任感を持って他人事ではなく、自分ごとで考える。
  • PDCAサイクルを回し続け、自分が成長する機会を自ら無くすことのないように職務を全うします。メモを取ることや、「ホウ・レン・ソウ」を徹底すること、言葉遣いなどを業務に活かしていきたいと思いました。
  • 能動的に行動すること、反応や報告連絡相談を徹底すること、当事者意識を持つことなどをまずは実践します。
  • 相手に気を配ること、報連相とPDCAサイクルを回すことを特に意識的に取り組んでいきたい。
  • チームで働くための基礎になる部分として、ビジネスルールやマナーを遵守し、先輩社員の方々やお客様に失礼のない振る舞いを心掛けて業務を遂行します。

実施、実施対象
2021年3月     23名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 社会人と学生との違いを理解し、心構えの重要性を実感しました。社会のルールに対して無知なことが多かったので、基礎知識や今回学んだことは社会人としてしっかり活用します。
  • 第一印象を大事に、常に笑顔と丁寧な言葉遣いで自分から挨拶をすることを心掛ける。また、ミスした時など上司や先輩に報告する際は、分かりやすく伝えるために、PREP法を意識して業務に取り組みたい。
  • まず基本的な「挨拶を自分から」というのは心にしっかり留めて実践していきます。また、自由に時間を使えた学生時代と違って、社会人は時間の使い方もコストの計算が必要になるので、逆算して計画を立てる習慣をつけます。
  • 何事にも率先して自分から行動していくことや、相手の目線に立った思いやりを心掛けることを実践していきたいと思います。
  • 取引先に訪問することが多いので上座下座、名刺交換などのビジネスマナーをしっかり理解して活かします。また、質問する時や電話の時も、相手の時間をいただいていると意識して簡潔に伝えられるようPREP法を活用していきます。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修