ラテラルシンキング研修|体験談 ──研修見聞録 研修見聞録

デザイナー
Nさん(仮)25歳

上巻

デザイナーの悩み「アイデアが浮かばない!パターンが出せない!」

デザイナーとして働き始めて、4年目を迎えました。

主に紙媒体やWEBデザインなどをしていますが、ここ最近は新しいアイデアが浮かびにくくなってしまいました。依頼者にデザインを提案するときには、たいてい数パターンを提出しなければいけないのは分かっているのですが、いつも難航してしまいます。

このままだと、満足してもらえるデザインを提案できないかもしれないのではないかと、毎回とても不安です。どうすればアイデアを生み出せるのか...。

中巻

既成概念にとらわれていた自分

研修ではアイデアを生み出す様々な方法やブレストの上手いやり方など、発想力を補助する手法を学びました。

それらをワークで実際に使ってみると、あらゆる角度で物事を考えられ、次々に企画を作れます。いかに自分が、既成概念にとらわれていたのかを痛感しました。

そしてこれらを学ぶうちに、今までのやり方も見直すことが出来ました。昨日までの自分は、ただぼんやり・なんとなく考えていたり、決まったやり方でレイアウト案を出していました。これでは、毎回同じような案しか出せないのは当たり前だったのです。

下巻

案を多く出し、考える時間も短縮できる!

レイアウトのラフ案を出すとき、研修で学んだ手法を用いて考えるようになりました。視点を増やすというのは頭ではわかっていても、やり方を知らないと実践しにくいものです。フレームワークさえ理解して特訓すれば、考える時間も短縮しつつできると感じました。

受講から数週間たったいまでも、時々研修テキストを見返して手法を思い出しながらデザイン案を考えています。研修で学んだことを身に沁みつかせて、どんな時でも柔軟に考えられるように、これからも日々特訓していきます!

研修見聞録一覧

関連リンク

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。