loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

社会人1年目・2年目ステップアップ研修~周辺配慮とマナー編

社会人1年目・2年目ステップアップ研修~周辺配慮とマナー編

相手にとっての「常識」「期待」を予測し、相手目線で仕事の達成基準や進め方を考えられるようになる

研修No.3040601

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 新入社員
  • 若手層

・社会人1~2年目の、実務経験が半年以上ある方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 仕事ぶりについて、自分では言われた通りにしっかりやっていると思っているのに、上司や先輩から注意を受けたりやり直しを命じられることが多い
  • 上司,先輩と自分にとっての「当たり前」がずれているように感じている
  • 今よりさらにチームに貢献できるビジネスパーソンになりたいが、具体的にどうしていいかわからない

研修内容・特徴outline・feature

社会人1年目の後半、または2年目に入った段階の方に向けた、視野を広げて相手目線で仕事の期待水準を捉え、行動できるようになるための研修です。「周辺配慮」とは、相手にとっての「常識」「期待」を予測し、それに応えることです。「素直だけど気が利かない」「仕事に対して貪欲さに欠ける」という、世代の傾向を踏まえて開発されたプログラムです。研修内では、イレギュラーやトラブル発生時を想定したケーススタディを多く行い、仕事における相手目線、それも複数の関係者の目線に立つことの重要性に気づいていただくことができます。

到達目標goal

  • ①仕事をするうえでは周辺配慮(相手の「常識」「期待」を予測し、それに応える行動をとること)が重要であると認識する
  • ②相手目線で、自分の仕事を構成する「要素」と各要素にかける力の「配分」のバランスを考えられるようになる
  • ③自身の仕事の前後工程を意識して仕事を進められるようになる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.チームワークに欠かせない周辺配慮とは
    【ワーク】自分はどんな行動が期待されていると思うか、お客様と上司・先輩の視点から考える
    (1)2年目社員に求められること
    (2)周辺配慮で、相手の「常識」「期待」に応える
    (3)相手の「常識」「期待」を、考え予測する
    (4)周辺配慮は組織で成果をあげる基本
講義
ワーク
  • 2.ケースで考える周辺配慮
    【ワーク】複数のケースを読んで、それぞれで自分がどのような行動をとればいいか考え、グループで話し合う
ワーク
  • 3.他者の目から仕事を見直す
    (1)仕事の「要素」と「配分」のバランス
    【ワーク】現状の仕事を「要素」に分けるとともに、それぞれに投じている労力の「配分」を描いてみる
    【ワーク】改善すべき点と、その理由を考える
    (2)お客さまが期待する仕事の「要素」と「配分」
    【ワーク】お客様の視点で考えた「要素」と「配分」を書き加える
    【ワーク】現状の仕事の「要素」と「配分」について、思うことを話し合う
    (3)上司・先輩が期待する仕事の「要素」と「配分」
    【ワーク】現状の自分の仕事の「要素」と「配分」を、どのように変えていくべきか考える
講義
ワーク
  • 4.プロセスを意識して仕事を行う
    (1)プロセスがつながることで価値が生まれる
    (2)プロセスを意識した周辺配慮を行うために
    【ワーク】自身の業務の前後工程を確認する
    【ワーク】前後工程とのやり取りの課題を洗い出す
    【ワーク】課題解決の方法を考える
講義
ワーク
  • 5.まとめ
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.9%

講師:大変良かった・良かった

95.8%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年1月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
71.4%
参加者の声
  • 社内外への配慮の仕方を組織の一員として活用していきたい。
  • ホウ・レン・ソウの大切さがわかった。相手の求めていることに対しての自分の行動を考えていきたい。相手の常識と期待を考える。
  • 自分の業務を上司やお客さまからの目線で客観的に見ることが大切であり、業務の効率化や改善につながることを学んだ。
  • 周囲で関わる様々な人が何を期待しているのか意識して業務を行っていこうと思った。
  • 実際の業務内容の見直しが必要(仕事の要素と配分の再考)。 営業なので顧客と社内の間を取り持つ必要があり、様々な人との関係があるので、配慮を忘れないようにする。

実施、実施対象
2019年3月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分に余裕がないと周辺配慮はできないと分かったので、今自分がしている業務を余裕をもってできるようにしていきたいです。自分の強みを見つけて、頼ってもらえるくらいになりたいです。
  • 情報の共有を大切にしていきたいと思いました。また1つの物事に対して本当にこれで関わっている人が全てなのか しっかり洗い出して関係ある人達にできるだけ配慮したいと思いました。
  • 人とのコミュニケーションで相手の立場に立って考えられるようにしたい。

実施、実施対象
2019年2月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 仕事をする上でより良い行動に落とし込む考え方を業務に活かし、今まで行いがちだったよくない行動を良い方向に変えていければよいと思います。
  • 相手の立場から見る。視野を一段階上に上げる。
  • 言われる前に周囲を確認して先に動けるようにしていきます。

実施、実施対象
2018年12月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分が質問を行う際、「省エネ相談」にならないように心がけたい。自ら考えて行動できるように進化していきたい。
  • 報連相を最近あまりしていなかったので、初心に帰り報連相をこまめに実施していこうと思います。
  • 報告することの重要性を改めて感じた。自分の中に留め込まず、先輩や上司に質問や報告をしっかり行っていきたいと思う。また何事も考えて行動するということを意識していきたい。

実施、実施対象
2018年8月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • お客様目線に立つことで、作業効率を上げるヒントになることがたくさんあると感じたので、これからは今まで以上に「お客さまのニーズを考える」ということを活かしていきたいです。
  • 色々な意見があったので、自分だけの判断じゃなく、他の考えの可能性を考え行動したいと思います。
  • 相手の時間を使っている、という認識を忘れないようにしたいと思いました。

実施、実施対象
2018年3月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今日、「お客様の視点」からの常識・期待について何度も考えたので、今後もこれを考える習慣をつけ、仕事の仕方を改善していきたい。
  • 考える時間が多く設けられていたので、各ケースに自分をあてはめながら、想像することができた。また、異なる職種の方々ともお話しでき、様々な業務やそれに対する考え方などを聞くことができ、大変興味深かった。
  • 資料に沿った、内容だけでなく、講師の方の電話対応など補足のポイント説明もよくわかりやすく、とても良かったです。明日からの業務のヒントにしていきたいと思います。ありがとうございました。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
96.9
講師がとても良い・良い
95.8

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修