loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

CSR研修 体制整備編(半日間)

CSR研修 体制整備編(半日間)

企業の社会的責任(CSR)を理解し、自社に足りない点を整備した後(守りのCSR)、攻めのCSRも意識する

研修No.B CMP142‐0200-2991

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、次の3点をねらいとします。

1.豊富なワークを通じて、企業の社会的責任(CSR)について体系的に理解
  し、自社が社会的責任を果たす理由について理解していただく

2.自社の現状の活動を、証拠があるか否かという観点から、ISO26000の体系
  に沿って洗い出していただき、自社に足りない点を認識していただく
  (守りのCSR)

3.今後の課題として、①自社の社会的責任を果たすための活動が企業に
  とってプラス(収益等)につながらないか、②事業活動を通じて社会や地域
  全体の抱える課題の解決に取り組んでいないか、守りのCSRを整備した
  後の、攻めのCSRについても意識していただく

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】A社とB社の違いを考える
ワーク
講義
  • 2.企業の社会的責任
    (1)社会的責任とは
    (2)企業の社会的責任は古くて新しい概念
    (3)社会的責任への関心の盛り上がりの背景
    (4)企業が社会的責任を果たさないとどうなるのか(デメリット)
    (5)社会的責任を果たすことのメリット
    【ワーク】企業が社会的責任を果たすことによるメリットを洗い出す
講義
ワーク
  • 3.ISO26000について
    (1)ISO26000とは
    (2)ISO26000の意義
    (3)7つの原則でチェック、7つの中核主題で整理
    (4)事例で考える
    【ワーク】過去の不祥事を題材に、7つの原則のどれに問題があるか
       チェックする
講義
ワーク
  • 4.攻めのCSRに思いをはせる
    (1)「守りのCSR」と「攻めのCSR」
    (2)対応の順序
講義
  • 5.まとめ
    【ワーク】社会的責任を果たすにあたり、明日から取り組むことを考える
ワーク

3806

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2017年 9月     150名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.3%
講師:大変良かった・良かった
88.0%
参加者の声
  • まずは自分の意識を新たにしたいと思いました。
  • 不都合な事実が生じた時の対処法が明確となった。不祥事の起きない風土を作っていきたい。
  • 外部からの講師による話で、社会全体からの社会的責任とコンプライアンスの重要性をより深く認識できた。

実施、実施対象
2017年 6月     23名
業種
運輸・倉庫
評価
内容:大変理解できた・理解できた
87.0%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 不祥事を絶対に起こさせない、風通しの良い職場環境作りに活かしていきたい。
  • 各部署のコンプライアンス活動に対する悩みが聞けて良かったと思う(皆が同じ悩みを持っていることが分かった)。
  • 講師の方の講義の進め方、大変参考になりました。一方通行の話だけでなく、色々なアイテムや手法で分かりやすかったです。

開発者コメントcomment

CSR(Corporate Social Responsibility)とは「企業が負う社会的責任」のことです。昨今、世の中では企業の不祥事が相次いでいます。企業が社会に対してどのように責任を果たすべきか、その基本的なあり方を提示すべく、本研修は生まれました。

研修では、日本における社会的責任の歴史と現状をおさえた上で、ISO26000の概要・意義を学び、「守りのCSR」「攻めのCSR」を意識した今後の取り組みを考えていただきます。

豊富な事例と照らし合わせてISO26000「7つの原則」のポイントをチェックすることができ、自社のCSR活動の現状を洗い出すのに役立つ研修であると、大変ご好評いただいております。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

コンプライアンス研修
年間総受講者数
15,666
内容をよく理解・理解
90.7
講師がとても良い・良い
86.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ハラスメント

全力ケーススタディ コンプライアンス研修編

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 部長に求められる2つの役割

今、求められる組織のリスク対策教育

研修の現場より 現代の管理職のみなさまへ

管理職研修プログラム

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!