クレーム対応の勘所

 【困難クレームと向き合う】

クレーム対応の勘所

何がクレームを困難にするのか

困難クレームと向き合う 【1】

何がクレームを困難にするのか

■クレーム対応を困難にする3つの事由

(1)ストレスフルな状況での対応を強いられるため

例えば、「怒鳴る」「脅す」といった行為で精神的な圧力を受けたり、長時間にわたって不満を述べる、非常識な言動を繰り返す等、応対者にとって強いストレスを感じながらの応対を強いられるケースが、典型的な難しいクレームとして挙げられます。

(2)判断が必要となるため

例えば、通常の対応を提示してもお客さまに納得していただけない場合や、マニュアルに書かれていない状況に置かれた場合、自分自身で解決案を見つけ、お客さまに提示し、納得していただくことが求められます。

このように、その場で「判断」を下し、組織としての対応方針を決定することが求められるようなクレームもまた、難しいクレームといえます。

(3)交渉による解決が求められるため

通常のクレームであれば、多くの場合、適切な対応を行うことで収束させることができます。しかし、困難なクレームの場合、相手側の要望を100%受け入れるわけにはいかない場合も少なくありません。長期的な影響も踏まえつつ、最善の収束に向けて相手と「交渉」し、落としどころを探ることが求められます。

すなわち、困難なクレーム対応において求められるものとは、
 
ストレスフルな状況における「適応力」
自ら解決策を見出すための「判断力」
最善の収束へと導くための「交渉力」です。

■困難なクレームの対応手順

クレーム対応の基本手順は、通常のクレームと変わりません。ただし、対応が難しいクレームの場合、問題の代替案や解決策を提示するタイミングで、「判断」というプロセスが入ります。さらに、提示した代替案や解決策を相手に受け入れてもらえるよう、説得のための「交渉」というプロセスが入ります。

◇基本手順1
ストレスフルな状況の中で当事者である意識を強く持つ

◇基本手順2
ストレスフルな状況の中でお客さまの心情を理解し、そのことを行動で示す

◇基本手順3
ストレスフルな状況の中で解決すべきお客さまの問題・ご要望の確認を行う

◇基本手順4
確認した情報をもとにどのように対応すべきか判断を下す

◇基本手順5
下した判断にもとづいて問題の代替案・解決策を提示する

◇基本手順6
提示した代替案・解決策を受け入れてもらうための交渉をする

☆次回もお楽しみに!

おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー