loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

実践!クリティカルシンキング研修~リーダーとしての思考力を強化する

実践!クリティカルシンキング研修~リーダーとしての思考力を強化する

前提を疑い、新たな切り口を立てる力を得て、変化の時代における新たな価値を創出する

研修No.2200300

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 部長・経営層
  • 管理職層

・チーム、部署の成果に責任を負うマネージャーの方
・部下の仕事を管理する立場の方
・新規事業や新商品・新サービスの開発に携わる方

よくあるお悩み・ニーズ

  • ロジカルシンキングは学んだが、それをなかなか実践の中で活かしきれていない
  • これまでの定型的な業務から判断や交渉を伴う仕事が増え、苦戦している
  • 指示に対して理由を求めてきたり、自分のアイデアを提案をしてくる部下に上手く対応できない

研修内容・特徴outline・feature

現代のビジネスパーソンに不可欠なスキルと言われて久しい「クリティカルシンキング」ですが、実際にどのように活用すればいいのかが今一つ分からないという声も耳にします。本研修では、事例や演習問題をリーダー層が直面するシーンに置いて作成し、実践的にそのスキルの活かし方を学んでいただけるように構成しています。また、「ロジカルシンキング」の要素も織り交ぜて、2つの思考法をひと続きで使えるように組み立てています。

到達目標goal

  • ・クリティカルシンキングのポイントである「前提を疑う」ことの真の意味が理解できる
  • ・なぜ今の時代にクリティカルシンキングが必要だといわれるのかが分かる
  • ・クリティカルシンキングを活用することでマネジメントにどのように活かせるのかが理解できる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.なぜ今、クリティカルシンキングが求められるのか
    (1)自身のクリティカルな姿勢を振り返る
    【ワーク】質問に回答するなかで、頭の中で巡らせたクリティカルな視点を共有する
    (2)クリティカルシンキングが求められる時代背景
講義
ワーク
  • 2.あらためて考えるクリティカルシンキングとは
    (1)クリティカルシンキングとロジカルシンキングの関係
     ①「思考技術」と「思考態度」の違い ②無意識のうちに組み合わせている2つの思考
    (2)クリティカルシンキングの3つの基本姿勢
     ①目的を意識する ②客観性と多面性を重視する ③内省的に熟考する
    (3)クリティカルシンキングにおける3つのフェーズ
     ①「疑問」~前提を疑い、異なる視点を探る
     ②「分析」~全体を捉え、その構成要素を把握する
     ③「再構築」~分析を踏まえて新たな主張・見解を立てる
講義
  • 3.フェーズ1:「疑問」 ~前提を疑い、異なる視点を探る
    (1)クリティカルマインドその1~前提を疑う
     ①影響力のある情報であっても鵜呑みにしない
     ②「疑問を持つ=否定的に捉える」ではない
     ③「そもそも」を頭に付けて考えてみる
    (2)クリティカルマインドその2~多面的に見る
     ①他者視点を活用する ②メタ認知能力を高める
    (3)認知バイアスを知る
    (4)フレームワークを活用する
    【ワーク】ある文章を読んで、クリティカルな視点で「疑問」を投げかける
講義
ワーク
  • 4.フェーズ2:「分析」 ~全体を捉え、その構成要素を把握する
    (1)仮説検証サイクルに沿って分析を行う
     ①「疑問」⇔「分析」の反復は仮説検証サイクルである
     ②「分析」作業の3ステップ ③「分析」で意識すべきこと~予断を排する
    (2)事実かどうかを見極める
     ①情報そのものの真偽はどうか ②情報から主張へとつなぐ推論に無理がないか
    (3)一段高い視座から捉え直す
     ①MECE ②ロジックツリー
    【ワーク】ある文章を読んで、そこで感じる疑問を分析するための、仮説設定、情報収集、検証方法を考える
講義
ワーク
  • 5.フェーズ3:「再構築」~分析を踏まえて新たな主張・見解を出す
    (1)再構築を通じて主張の説得力を高める
     ①事実である裏付けが取れた ②事実とは異なることが分かった
     ③他にはないことが分かった ④他の可能性が些細なものであることが分かった
    (2)イシューを特定してより本質的な議論につなげる
     ①事実でないことが分かり前提が大きく崩れた  ②他にも重大なものがあることが分かった
講義
  • 6.実践クリティカルシンキング
    【ワーク】ネット通販の業績を軌道に乗せるための策をクリティカルシンキングを駆使しながら考える
講義
ワーク
  • 7.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

クリティカルシンキングは、デキる人はごく自然に使っているスキルですが、頑張っているのにやや残念な結果に終わっている人は、実はこのスキルを十分に活用できていないケースが少なくありません。あらためて、クリティカルシンキングの本質を理解していただき、今まで見えていなかった視点の置き方や判断のコツがつかめるようになってほしいという想いで本研修を企画いたしました。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話での
お問合せ

公開講座に関する
Q&Aはこちら

研修リクエストの
お問合せ

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修