loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

仮説構築力向上研修

仮説構築力向上研修

ソリューション提案や課題解決など業務のあらゆるシーンで必要とされる仮説の構築・検証ができるようになる

研修No.2200066

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・仮説思考力を身につけ、仕事の効率や質を高めたい方
・自分のこれまでの仕事の仕方や考え方などを改めて見直したい方
・出来るだけ短時間で正しい解にたどり着きたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 何が正解かわからず迷ってしまう
  • 考えすぎて行動に移せない
  • いったん考え出した解が正しいかどうか悩んでしまう

研修内容・特徴outline・feature

ビジネスにおいて、最も重視されるべき価値観として、「スピード」と「効率」があげられます。競争環境の中で生き残るためには、できるだけ早く、また、できるだけ無駄のない方法で「解」や「結果」に到達することが不可欠です。

本研修では、スピーディかつ効率的に結果を出すための方法として、先に“あたり”を付けてその正誤を確かめる、という「仮説思考力」を習得します。具体的には、以下の3つのポイントを中心に学んでいただきます。

①仮説力を磨く思考習慣
~常に原因と結果の関係で捉える/視点を変えて考えてみる
②仮説構築の仕方
~帰納法で考える/トレンド思考で未来を考える/フェルミ推定(限られた情報で妥当性の高い推定値を得る)
③仮説検証の仕方
~限定質問と拡大質問/ロジックツリーを活用する/PDCAサイクル

到達目標goal

  • ①原因と結果の関係で捉える、視点を変えるなどの仮設思考を定着化させる思考習慣ができる
  • ②帰納法、トレンド思考、フェルミ推定を使って仮説構築ができる
  • ③限定質問と拡大質問、ロジックツリー、PDCAサイクルで仮説検証ができる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1. なぜ仮説思考が求められるのか
    【ワーク】担当業務において、「仮説」を立てて仕事をする場面を挙げる
    (1)ビジネスに求められる「スピード」と「効率」
    (2)求められるのは「実用範囲の精度」
    (3)仮説思考はトライアル&エラーの繰り返し
講義
ワーク
  • 2. 仮説思考に不可欠な「経験」の蓄積
    (1)「直感」で仮説を立て、「論理」で検証する
    (2)直感とは過去の経験の瞬間検索
    (3)経験則の応用力が仮説構築力
    (4)感情を伴いながら経験を重ねることが大事
    【ワーク】自分の中で「パターン」として定着している仮説を共有する
講義
ワーク
  • 3. 仮説力を磨く思考習慣① ~常に「なぜ?」を考える
    (1)常に原因と結果の関係で捉える
    (2)目的意識の強さが「なぜ」を生む
講義
  • 4. 仮説力を磨く思考習慣② ~視点を変える
    (1)いつもの自分と違う見方をする
    (2)視点を変える3つのパターン
    (3)ディスカッションでひらめきを呼び込む
    【ワーク】事例を読んで、様々な視点からその理由の仮説を立てる
講義
ワーク
  • 5. 仮説を構築する① ~帰納的思考
    (1)仮説思考で活躍する論理展開手法
    (2)帰納法を使って「経験」から「経験則」を導き出す
講義
ワーク
  • 6. 仮説を構築する② ~トレンド思考
    (1)過去の延長上に未来を予測する
    (2)いち早くトレンドを見つけるためのデータ分析
    【参考】データ分析のための三原則
    【ワーク】グラフを分析して、数値の仮説を立てる
講義
ワーク
  • 7. 仮説を構築する③ ~フェルミ推定
    (1)今ある情報だけで推定値を捻り出す
    (2)フェルミ推定のステップ
    【ワーク】フェルミ推定を用いて、数値の仮説を立てる
講義
ワーク
  • 8. 仮説構築ケーススタディ
ワーク
  • 9. 仮説を検証する① ~限定質問と拡大質問
    (1)何が言えれば仮説を裏付けられるか
    (2)可能性を限定質問で絞り込む
    (3)絞り込まれた範囲の中で拡大質問をする
講義
ワーク
  • 10. 仮説を検証する② ~ロジックツリーの活用
    (1)否定すべき他の説を列挙する
    (2)原因追究型のロジックツリー
    (3)確認事項をチェックリスト化する
    (4)YES/NOチャートにすることで仮説検証を自動化する
講義
  • 11.仮説を検証する③ ~PDCAサイクル
    (1)仮説検証サイクル=PDCAサイクル
    (2)「小さく」「早く」「何回も」がポイント
講義
  • 12.仮説検証ケーススタディ
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

100.0%

講師:大変良かった・良かった

100.0%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年2月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • 仮説の立て方も複数あるので、行き詰まったら新しい方法を試してみたい。情報・知識・経験が物を言うようなので広くアンテナを立てておきたい。
  • 考えることは習慣化しなければ価値がないと改めて感じました。”考えるクセ”をつけるよう心がけたいです。
  • 顧客の視点だけではなく、様々な視点、切り口を持って物事を考えることにより、従来の考え方に捉われない業務を行っていきたい。
  • 各場面において仮説を構築して問題の解決に役立てたいと思います。
  • クライアントへの提案に活かしていきたいと思います。

実施、実施対象
2020年1月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 顧客に対するヒアリング、トラブルシューティング、商品の提案に今日学んだことを活かしたいと思いました。
  • システム導入の際、目的を明確にしそれについて仮説を立てて検証するプロセスを経てユーザへ説明するようにしたいと思います。納得感アップを目指します!
  • 一つの考えにこだわらずに、いろいろな考え(仮説)を参考にしていこうと思います。
  • 仮説を立てることで客に対して説得力のある提案を行っていきたいと思いました。
  • 提案活動における課題解決に向けた取り組み・市場分析等、根拠となる仮説をつくり、説得力のある提案を行えるようにしていきたいです。

実施、実施対象
2019年11月     18名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.4%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • フェルミ推定を大いに取り入れて、答えがはっきりしない問題にも取り組みたい。また、店舗運営の計画・改善に活かしていきたい。
  • 思考法や手法を学ぶことができました。また、よりスピーディに効率良く解を出す意識も大事だと感じました。
  • 様々な視点で仮説を立てると解決策や問題の解消に繋がると理解できたので、日々意識しながら業務を行いたい。
  • フェルミ推定を具体的に学ぶことができた。今回学んだことを販売推移とその背景の分析に活かしていきたい。
  • スピードと効率を求められているので、トライとエラーを繰り返し、結果に結びつくように業務に取り組みたい。

実施、実施対象
2019年9月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 普段の業務でなんとなくやっていた思考法を、体系的に説明いただき自分の中でも整理できた。
  • 私の業務(営業)では、フェルミ推定が役立つと思いました。今後ぜひ活用していきたいと思います。
  • 提案するにあたり一歩止まって仮説を構築したり、検証することにより強固な提案にしたい。

実施、実施対象
2019年9月     18名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • PDCAのPをいかに短くする事かがポイントという事を学びました。明日から早速活かしていきたいと思います。
  • 業務がルーティン化してきたので、予測する力を身につけて新しい話題を発見したいと思い受講しました。やはり自分の頭で考えることは、大切ですね。
  • 仮説力の研修はあまり今まで見たことがなく、個人的には面白かったです。

実施、実施対象
2019年9月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.9%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 既成概念に陥ることが増えてきたので、ほかの人の意見に耳をかたむけながら自分でも客観的に目標を鍛えていきたいと思います。
  • 仕事をする中で、自分の説明に説得力が足りないと思うことが多々あったので、今日の研修はとても役立ちました。
  • 他社の方とワークをする機会はなかなかない為、貴重な経験になりました。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
100.0
講師がとても良い・良い
100.0

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修