loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編

OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編

新人・若手を早期に育成し、戦力化することでチームの生産性を高める

研修No.2550000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・新入社員のOJTを担当する若手や中堅層の方
・新人や若手の指導を担うチームのリーダー層の方

※はじめてOJTを担当される方、入社2~3年目の若手の方には「はじめてのOJT研修~指導における不安を解消し、自信を持って新人・後輩指導を行う」もあわせておすすめしております

よくあるお悩み・ニーズ

  • 新人のOJT指導を行う社員に、OJTの手法を学ばせたい
  • 新人の受け入れが久しぶりで、育成ノウハウを持っている人が社内にいない
  • 計画的なOJT指導ができておらず、新人や若手が思ったように育たない

研修内容・特徴outline・feature

OJTの真の目的は、“自分で考えて動ける”自立した人材を早期に育成することです。 そのためには、仕事の仕方を教えるのはもちろんのこと、仕事の判断軸を養っていくことが重要になります。

本研修では、育成計画の立て方、指導・育成の手順を、ワークで実践的に学びます。さらにケーススタディーでは、「仕事を選り好みする部下・後輩」「注意してもミスを改善できない部下・後輩」「自分で考えない部下・後輩」など具体的な事例での指導方法を考えていただきます。

<ワークのポイント>
・指導を受ける側の気持ちを考えるワークから研修をスタートさせる
・ステップに沿って1週間、1か月、3か月の区切りで指導計画を立てる
・報告のさせ方、ほめ方・叱り方、言いにくいことの伝え方などを取り上げる
・ケーススタディでは、実際の部下・後輩育成の際によく見られる場面での対応方法を考える

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①育成計画を立てて「何を」「いつまでに」「誰が」「どうやって教えるか」を明確にする
  • ②指示・指導、報連相、ほめる、叱るなど自信をもって新人若手とコミュニケーションが取れる
  • ③ケーススタディーにより指導、育成における困難な場面を乗り越える自信がつく

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.部下・後輩の立場になって考える
    (1)当時不安だったこと
    【ワーク】若手の頃に不安だったことは
    (2)部下・後輩の不安を理解する~「初めての仕事」と「人間関係」への不安
講義
ワーク
  • 2.OJTとは何か
    (1)OJTとは「On the Job Training」
    (2)「実務能力」を習得させる
    (3)「考え方の軸」を確立させる
    (4)OJTの「準備」
    (5)Off‐JTとの組み合わせ
    (6)OJTトレーナーの役割
    【ワーク】あなたがOJTトレーナーとして、組織から求められている役割とは?
    (7)OJTを始める前にやるべきこと
講義
ワーク
  • 3.育成計画を立てる
    (1)ステップごとの目標を立てる 
    (2)目標を細分化する
    (3)指導をプロデュースする
    【ワーク】部下の現状を踏まえた、3ヵ月間の育成計画を立てる
講義
ワーク
  • 4.OJTの進め方
    (1)指示の仕方
    (2)指示した内容を確認する
    (3)報告させる、相談を受ける
    【ワーク】上司への報告時に、何となく気後れしてしまうことは?
    (4)効果的なほめ方
    【ワーク】部下・後輩のほめるところを発見する
    (5)「叱る」ということの理解
    【ワーク】注意しなければならないと思いつつ、ためらってしまうことは?
    (6)不平不満の受け止め方 ~まずはきちんと聞く
講義
ワーク
  • 5.ケーススタディ
    ※OJTトレーナーが悩みとして感じるよくある場面について、対応方法を検討
    ※ケースは受講者に合わせて設定し、事前にご相談のうえ決定
    【ケース1】わがままなメンバーの場合
    【ケース2】メンバーが会社を辞めたいと言ってきた場合
    【ケース3】マネジメントする部下の人数が多い場合
    【ケース4】何度注意しても社会人らしい格好ができない場合
    【ケース5】指示・指導を理解しない場合
    【ケース6】整理整頓ができない場合
    【ケース7】メンバーが自分で考えない場合
    【ケース8】メンバーに仕事を引き継ぐ場合
ロールプレイング
  • 6.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

労働人口の減少、業務の多様化、価値観の多様化により「放っておいても育つ」「とにかくマンツーマンで時間をかけて育てる」といった指導が通用しない時代です。現場で指導を担う指導者の皆様の状況を鑑み、実践的な内容となるよう、ワークやケーススタディを豊富に盛り込みました。

ケーススタディには、インソースの研修内でOJT担当の受講者から、困った場面や対応の難しい場面として実際によく挙げられるものを採用しております。これらのケースでシミュレーションをすることで、現実に起こりがちな問題に対応できる能力を身につけることができます。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.5%

講師:大変良かった・良かった

97.5%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年5月     15名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
93.3%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • OJTを初めて任されることになり不安がありましたが、今日の研修を受講して、何をすべきか、新人にどう接したら良いのかが少し見えました。 人間対人間なので、思い通りにならない事はあるとは思いますが、新人とともに自分も成長していきます。
  • 新人に教える自分にとっても、誰かの部下として働く自分にとっても、何が今自分に足りないか、逆に出来ているのかを考える大きなきっかけになりました。
  • 受け持つ新人の意欲を高める、という考え方を特に取り入れていきます。意欲についてはあまり考えて指導できておらず、これができたらより新人も仕事にやりがいを感じながら成長できると感じました。
  • 後輩から質問を受けたときに、答えを与えすぎてしまうことが多いので、今後は答えを導く手助けをすることをもっと意識します。
  • 後輩とのコミュニケーションも大切にし、後輩の言いたいことを最後まで聞くこと、途中で遮ってしまわないようにすることに注意します。

実施、実施対象
2021年3月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • OJT指導者として、指導対象者に考えさせる機会を与えるようにします。今期からOJT指導者として後輩を指導していく立場ですが、自分も成長することを忘れずに取り組みます。
  • 後輩の行動に対して、後輩の立場に立って考えながら進めるという点を実践し、自分自身の成長にも活かします。
  • 業務計画、フォローの仕方、その方にあった仕事のやり方などを一緒に考えていきます。今までの自分の業務・経験、感じたことを改めて振り返ってみて、新人が感じる不安の大きさやどのようにフォローし進めていけば良いか、以前よりも明確になりました。
  • 4月から控えている新人教育に大いに活かします。受講前は実業務中心に考えてしまっていた教育計画も、多くの実業務外の教育内容やその方法を学べました。

実施、実施対象
2021年2月     25名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96%
講師:大変良かった・良かった
96%
参加者の声
  • 新人の方は、本当に何もわからないということを忘れかけていました。業務を依頼する際は、いつまで、どのボリュームで等の条件もきちんと伝えるようにしていきます。
  • 自分だけでなく、他のOJTトレーナーの相談などにも活かします。グループで新入社員の指導をする際に、OJT担当だけでなくグループ全体での教育という意識を持ち、計画・方針を立ててOJT指導をしていきます。
  • 私はこれから初めて後輩をOJTしていくことになるので、今後に活かせるテクニックを学んだと思いました。相手の良い部分を見つけて書き出す褒めるシートを実行します。
  • 向き合って話をする、自分の常識を押しつけないことが大切だと思いました。今後の新人研修に活かしていきます。

実施、実施対象
2021年1月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 後輩の育成について私自身、新人の頃を思い出しました。伝えることを丁寧に行い、ほめるや叱るをしっかり区別し、取り入れます。
  • 数あるパターンの対応の仕方を知ることができたので、後輩指導に役立てていきます。自分も先輩や上司から指導された時、どのように受けるのが良いのかを知ることができました。今後利用していきます。
  • 新人育成をする際には相手の気持ちを理解するように努めます。指導・教育していくうえで、準備、計画が重要であることを意識して今後の業務に活かします。
  • 伝え方や指示、指導について様々な意見を聞けて良かったです。後輩を指導する際は、伝え方に気をつけます。
  • 今までの私は上司から言われた通りに動くのが当り前だと思っていました。部下の気持ちになって考えてあげないとダメだという事を忘れていました。今日、聞いた話を業務に活かします。

実施、実施対象
2020年11月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下、後輩の気持ちに「共感」すること、「ほめる」ことと「叱る」ことをバランスよく行います。これからOJTを行っていくうえで非常に勉強になりました。
  • 相手の思いに共感してあげることが大切だと思いました。期待はするものでなく示すものというのを念頭において、行っていきます。
  • 新人を育成する時、共感をもって相談にのるようにします。新人に気持ち良く仕事に取り組んでもらえるように、私自身の考え方も変える必要があると感じました。
  • 部下の指導に対してOJT計画をしっかり立てて、部下のステップアップにつなげていきます。仕事はもちろんですが、子育ての面においても共通するところがあり勉強になりました。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.5
講師がとても良い・良い
97.5

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修