loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編

OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編

新人・若手を早期に育成し、戦力化することでチームの生産性を底上げする

研修No.2550000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・新入社員の指導担当者としてOJTを行う若手や中堅層の方
・新人や若手の指導を担うチームのリーダー層の方

※はじめてOJTを担当される方、入社2~3年目の若手の方には「はじめてのOJT研修~指導における不安を解消し、自信を持って新人・後輩指導を行う」もあわせておすすめしております

よくあるお悩み・ニーズ

  • 新人のOJT指導を任されることになったので、手法を学びたい
  • 新人の受け入れが久しぶりで、育成ノウハウを持っている人が社内にいない
  • 自らの仕事が忙しく、新人や若手を丁寧に指導する時間がなかなか取れない
  • 計画的なOJT指導ができておらず、新人や若手が思ったように育たない

研修内容・特徴outline・feature

OJTの真の目的は、“自分で考えて動ける”自立した人材を早期に育成することです。 そのためには、仕事の仕方を教えるのはもちろんのこと、仕事の判断軸を養っていくことが重要になります。

本研修には以下のような特徴があります。
①指導、育成の準備として育成計画の立て方を学ぶことができる
②指導、育成に際しての具体的手順が学べる
③実践的ケーススタディーにより指導手順の幅が広がる

<ワークのポイント>
・指導を受ける側の気持ちを考えるワークから研修をスタートさせる
・ステップに沿って1週間、1か月、3か月の区切りで指導計画を立てる
・報告のさせ方、ほめ方・叱り方、言いにくいことの伝え方等を取り上げる
・総合演習では、実際の部下育成の際によく挙げられるケースの対応方法を考える

ご自身の職場でどのように活用するかの具体的なイメージができ、明日からの行動につながります。


テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①育成計画を立てて「何を」「いつまでに」「誰が」「どうやって教えるか」を明確にする
  • ②指示・指導、報連相、ほめる、叱るなど自信をもって新人若手とコミュニケーションが取れる
  • ③ケーススタディーにより指導、育成における困難な場面を乗り越える自信がつく

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.新人・若手の立場になって考える
    (1)当時不安だったこと
    【ワーク】若手の頃に不安だったことは?
    (2)部下・後輩の不安を理解する
講義
ワーク
  • 2.OJTとは何か
    (1)OJTとは「On the Job Training」
    (2)「実務能力」を習得させる
    (3)「考え方の軸」を確立させる
    (4)OJTの「準備」
    (5)Off‐JTとの組み合わせ
    (6)OJTトレーナーの役割
    【ワーク】あなたがOJTトレーナーとして、組織から求められている役割とは?
    (7)OJTを始める前にやるべきこと
講義
ワーク
  • 3.育成計画を立てる
    (1)ステップごとの目標を立てる 
    (2)目標を細分化する
    (3)指導をプロデュースする
    【ワーク】部下の現状を踏まえた、3ヵ月間の育成計画を立てる
講義
ワーク
  • 4.OJTの進め方
    (1)指示の仕方
    (2)指示した内容を確認する
    (3)報告させる、相談を受ける
    【ワーク】上司への報告時に、何となく気後れしてしまうことは?
    (4)効果的なほめ方
    【ワーク】部下・後輩のほめるところを発見する
    (5)「叱る」ということの理解
    【ワーク】注意しなければならないと思いつつ、ためらってしまうことは?
    (6)不平不満の受け止め方 ~まずはきちんと聞く
講義
ワーク
  • 5.ケーススタディ
    ※OJTトレーナーが悩みとして感じるよくある場面について、対応方法を検討
    ※ケースは受講者に合わせて設定し、事前にご相談のうえ決定
    【ケース1】わがままなメンバーの場合
    【ケース2】メンバーが会社を辞めたいと言ってきた場合
    【ケース3】マネジメントする部下の人数が多い場合
    【ケース4】何度注意しても社会人らしい格好ができない場合
    【ケース5】指示・指導を理解しない場合
    【ケース6】整理整頓ができない場合
    【ケース7】メンバーが自分で考えない場合
    【ケース8】メンバーに仕事を引き継ぐ場合
ロールプレイング
  • 6.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

労働人口の減少、業務の多様化、価値観の多様化により「放っておいても育つ」「とにかくマンツーマンで時間をかけて育てる」といった指導が通用しない時代です。企画者として現場で指導を担う皆様の状況を鑑み、職場全体で指導育成を行う風土づくり、効率的に指導を行うための考え方を研修に取り入れました。

特に育成計画やコミュニケーションの取り方など難しい理論理屈ではなく、現場での容易に再現できることを意識した研修内容になっています。研修受講後、すぐにその効果を実感いただけると思います。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.9%

講師:大変良かった・良かった

97.2%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年9月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手の目線に立ち、成長を促すことを念頭に置き、指導にあたりたいと思います。作業に対してほめることを増やしていきます。
  • 現在のOJTに活かして、指導を行っていく。また、PDCAのサイクルをよく理解し、今後に活かしていきたい。
  • 自分自身まだ若手で、教え方、ほめ方、叱り方が何も分かっていないと痛感しました。私の下には新入社員がついていますので、育成と自分の成長に繋げていきます。
  • 生産性の向上が求られる中で、人材育成による「質」の向上が重要であると気付きがありました。その重要性をしっかりと育成に活かします。

実施、実施対象
2020年8月     16名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今まで後輩たちを指導してきた中で、なかなかうまく叱ることができていなかったので、本日学んだことを活かし指導していきたいと思いました。また後輩をほめるということができていなかったので、今後は少しずつでも後輩の良い点をみつけ、ほめるまではいかなくとも認めていけたらいいなと思います。
  • 後輩をほめることと、言わなくてはならないことはきちんと言うこと、まずはこの2つを徹底しようと思いました。自分なりにしていた指導にきちんと指針を示してもらえて有難い講義でした。他部署の人達と意見交換ができたことも、とても有意義でお話が聞けて良かったです。
  • 自分自身のモチベーションも高め、後輩から親しみやすい人になりたいと思います。私が不安だった事を思い出す事が出来、相手に寄りそえる環境作りもしていこうと思います。
  • OJTをするうえで、コミュニケーションを取り、一人ひとりと向き合うことを大事にしていきたいと思いました。また、指示を与えるときは具体的に伝えたいとも思いました。そのためには、正確な知識を身に付け、不明確な情報を与えないよう努力します。
  • 3年目になって少し薄れていた新入社員の頃の気持ちを思い返して、細かい対応から新入社員が働きやすい環境を作っていきたいと思います。昨年トレーナーではなく普通の先輩として無意識にできていたことと、全くできていなかったことの差が大きかったので、できていなかったことはしっかりできるようにしていきたいと思います。

実施、実施対象
2020年8月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 目的目標をセットで伝えること、プロセスを分解し、できた・できていないを明らかにしたうえでほめることを行いたいと思います。
  • 今回の研修で自分の中での指針を見つけることができました。今後の指導に取り入れていきたいと思います。
  • 一人で抱え込まず、周りも巻き込んだOJT環境作りを意識していく。また、目的を伝えることを意識して指導にあたっていく。
  • 後輩社員に対する接し方・伝え方を、今回の研修を活かして改善していきたいと思います。
  • OJTの進め方を具体的に学ぶことができました。今回の研修を活かして、適切な指示やアドバイスをして、後輩を育てられるようにしたいと思います。

実施、実施対象
2020年7月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自身の否定から入りがちな姿勢に気を付けて、極力相手を受け入れほめて叱れるようになろうと思いました。
  • 人材育成において、課題にフォーカスするのではなく、出来ていることにフォーカスし、そこに何をプラスすれば目指す姿になるのか、加点の考え方を大切にしていきたいです。
  • ビジョンを確認し、お互いの考えをすり合わせることも大切だと知ることができました。一つずつ確認しながら進めていきたいと思います。
  • 相手の目線に立つこと、受け止めたことを伝えた上でアドバイスするなど、コミュニケーションの質を高めていきたいです。
  • 全ての人が仕事が楽しく、また仕事がしやすくなるように「基本」から共有できる企画をしていきたいと思います。

実施、実施対象
2020年6月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
91.7%
参加者の声
  • 指示の仕方やほめるを特に意識してOJTを行いたいと思いました。とても勉強になりました。
  • 褒めることの必要性がよく理解できました。日頃は褒めることをしてなかったので意識して行動したいと思います。
  • 伝え方ひとつで印象や伝わり方が大きく変わることを改めて認識することができました。聞く際の態度や話す際の癖に注意しながら、一緒に成長していい関係づくりを目指したいです。
  • 報告しやすい状態に自分をおくこと、OJTを受ける側の立場になって考える事、目的を明確にすることの3点を活用したい。
  • 研修を通して、今までの考え方や教え方が間違っていたところに気づき、人を褒めて伸ばす必要性を感じました。柔軟に考えていい指導をしていきたいです。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.9
講師がとても良い・良い
97.2

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修