loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編

OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編

新人・若手を早期に育成し、戦力化することでチームの生産性を底上げする

研修No.2550000

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層

・新入社員の指導担当者としてOJTを行う若手や中堅層の方
・新人や若手の指導を担うチームのリーダー層の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 新人のOJT指導を任されることになったので、手法を学びたい
  • 新人の受け入れが久しぶりで、育成ノウハウを持っている人が社内にいない
  • 自らの仕事が忙しく、新人や若手を丁寧に指導する時間がなかなか取れない
  • 計画的なOJT指導ができておらず、新人や若手が思ったように育たない

研修内容・特徴outline・feature

OJTの真の目的は、“自分で考えて動ける”自立した人材を早期に育成することです。
そのためには、仕事の仕方を教えるのはもちろんのこと、仕事の判断軸を養っていくことが重要になります。

本研修には以下のような特徴があります。
①指導、育成の準備として育成計画の立て方を学ぶことができる
②指導、育成に際しての具体的手順が学べる
③実践的ケーススタディーにより指導手順の幅が広がる

<ワークのポイント>

・指導を受ける側の気持ちを考えるワークから研修をスタートさせる
・ステップに沿って1週間、1か月、3か月の区切りで指導計画を立てる
・報告のさせ方、ほめ方・叱り方、言いにくいことの伝え方等を取り上げる
・総合演習では、実際の部下育成の際によく挙げられるケースの対応方法を考える

ご自身の職場でどのように活用するかの具体的なイメージができ、明日からの行動につながります。

到達目標goal

  • ①育成計画を立ててみることで、「何を」「いつまでに」「誰が」「どうやって教えるか」が明確になっている
  • ②指示・指導、報連相、ほめる、叱るなど自信をもって新人若手とコミュニケーションが取れる
  • ③ケーススタディーにより指導、育成における困難な場面を乗り越える自信がつく

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.新人・若手の立場になって考える
    (1)当時不安だったこと
    【ワーク】若手の頃に不安だったことは?
    (2)部下・後輩の不安を理解する
講義
ワーク
  • 2.OJTとは何か
    (1)OJTとは「On the Job Training」
    (2)「実務能力」を習得させる
    (3)「考え方の軸」を確立させる
    (4)OJTの「準備」
    (5)Off‐JTとの組み合わせ
    (6)OJTトレーナーの役割
    【ワーク】あなたがOJTトレーナーとして、組織から求められている役割とは?
    (7)OJTを始める前にやるべきこと
講義
ワーク
  • 3.育成計画を立てる
    (1)ステップごとの目標を立てる 
    (2)目標を細分化する
    (3)指導をプロデュースする
    【ワーク】部下の現状を踏まえた、3ヵ月間の育成計画を立てる
講義
ワーク
  • 4.OJTの進め方
    (1)指示の仕方
    (2)指示した内容を確認する
    (3)報告させる、相談を受ける
    【ワーク】上司への報告時に、何となく気後れしてしまうことは?
    (4)効果的なほめ方
    【ワーク】部下・後輩のほめるところを発見する
    (5)「叱る」ということの理解
    【ワーク】注意しなければならないと思いつつ、ためらってしまうことは?
    (6)不平不満の受け止め方 ~まずはきちんと聞く
講義
ワーク
  • 5.ケーススタディ
    ※OJTトレーナーが悩みとして感じるよくある場面について、対応方法を検討
    ※ケースは受講者に合わせて設定し、事前にご相談のうえ決定
    【ケース1】わがままなメンバーの場合
    【ケース2】メンバーが会社を辞めたいと言ってきた場合
    【ケース3】マネジメントする部下の人数が多い場合
    【ケース4】何度注意しても社会人らしい格好ができない場合
    【ケース5】指示・指導を理解しない場合
    【ケース6】整理整頓ができない場合
    【ケース7】メンバーが自分で考えない場合
    【ケース8】メンバーに仕事を引き継ぐ場合
ロールプレイング
  • 6.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

労働人口の減少、業務の多様化、価値観の多様化により「放っておいても育つ」「とにかくマンツーマンで時間をかけて育てる」といった指導が通用しない時代です。企画者として現場で指導を担う皆様の状況を鑑み、職場全体で指導育成を行う風土づくり、効率的に指導を行うための考え方を研修に取り入れました。

特に育成計画やコミュニケーションの取り方など難しい理論理屈ではなく、現場での容易に再現できることを意識した研修内容になっています。研修受講後、すぐにその効果を時間いただけると思います。

スケジュール・お申込みschedule・application

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

注意点お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

  • (1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
  • (2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
  • (3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

※登壇予定の講師は予告なく変更になる場合がございますことをご了承くださいませ

【2019年10月からの消費税法改正に関するお知らせ】
2019年10月1日以降に開催する研修については、新税率での受講料を表示しております。
なお、人財育成スマートパックのポイント数については、増税前後の変更はございません。ただし、当社提携先の研修については、ポイント数に変更のある場合がございます。

→消費税法改正に関するよくあるご質問はこちら

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。

公開講座部(0120-800-225 ※ガイダンスに従って①を選択)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.8%

講師:大変良かった・良かった

97.5%

※2018年10月~2019年9月

実施、実施対象
2019年9月     16名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
93.8%
参加者の声
  • OJTのポイント、注意点などが人に説明できるようになった。
  • 中途採用の職員にOJTを実施する際に参考になります。
  • 自分が新入社員として指導を受けていた時は、指導者の気持ちや立場を考えたことなどなかったのですが、コミュニケーションによる関係構築がとても大事だということを学びました。今後生かしていきたいです。
  • OJT担当者の教える側の立場ではあるが、あまり重く考えず前向きにポジティブにとらえて取り組んでいきたい。また、コミュニケーションも密に取り、何でも話せる雰囲気作りに努めていきたい。
  • ケーススタディがとても良かったです。相談される立場としての視点だったので、視野を広く持てたと思います。色々な角度、立場から物事を考えていければいいなと思いました。

実施、実施対象
2019年9月     15名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ただ教えるのではなく、相手の気持ちも理解しながら的確に教えないといけないと改めて感じました。
  • ふわっとした意識だった新人を育てていくということの重要性を改めて認識した。
  • 褒める、叱るを場合を考え活用していきたいと思いました。
  • 仕事中では学ぶことのあまり多くない情報を知ることができてよかったです。
  • 新人があまり自立できていないため、自分で考えさせて1人で成し遂げてもらおうと思う。

実施、実施対象
2019年6月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の指導内容をまず確認することが非常に大切なことを教えていただきましたので、そのことを意識して新人育成していきたいと考えます。
  • トレーナーとして新人に指導する前に1度内容を整理し「5つポイント」を伝えられるようにしたいです。報告の頻度を増やしコミュニケーションを活性化させることを意識して実行したい

実施、実施対象
2019年6月     30名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分が後輩のミス、失敗に対して責任を持つということを意識し、自立した後輩を育てられるよう指導していきます。中でも、3ヵ月目標を立てさせるというのは、実践してみようと思います。
  • OJTをする際「ほめること」と「話を聞くこと」を意識して行い、信頼関係を築き、モチベーションの向上を図り、成果をあげられる人材を育成する
  • 日頃意識してOJTをしているつもりでしたが、改めて研修を受けたらやっていないこと、できていないことがありました。楽しかったです。

実施、実施対象
2018年 3月     17名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 仕事の基準(時間・質)を明確に伝えた上で、育成に取り組みたい。 周囲の方が人をどうほめているかを参考にしつつ、アンテナを高くはりたい。
  • 「相手の立場になって考える」ができているようでできていなかったと思いました。 基準があいまいなものが多いと分かったので、基準を明確にすることを心がけたいと思います。

実施、実施対象
2018年 1月     14名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下への接し方や教育に関して自分が未熟な点を再確認できたので、今後の業務に活かしたい。
  • 改めてコミュニケーションの重要性"伝える"ことの難しさをかみしめました。伝える際はお互いが"わかった"状態になるまで具体的に話していこうと感じました。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.8
講師がとても良い・良い
97.5

※2018年10月~2019年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
72,107
開催数※1
9,115
講座数※2
2,589
WEBinsource
ご利用社数※2
11,335

※1 2018年10月~2019年9月

※2 2019年9月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
11,335社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2019年9月までの累計
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

公開講座新作研修
2019年10月30日
課題設定力研修~主体的な問題解決のための手法とマインド
2019年10月30日
ハラスメント防止研修~基礎知識を習得する
2019年10月25日
怒りのマネジメント研修~怒りの感情をコントロールし、部下指導を行う
2019年10月24日
リーダーのためのストレスマネジメント研修~ストレスをうまく活用して自分も職場も元気にする
2019年10月 4日
(2時間研修)管理職研修~できる管理職の思考・行動基準を身につける


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修