loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

若手社員研修~主体性の発揮

若手社員研修~主体性の発揮

若手社員が「主体性」を発揮するために必要な目的意識、仮説思考、判断基準の3つの要素を習得する

研修No.3050400

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • ・20代後半(入社3~5年程度)までの若手社員の方
  • ・指示された業務は一通りこなせるようになった若手社員の方
  • ・仕事に対して受け身の姿勢から脱却できないとお悩みの方

よくあるお悩み・ニーズ

  • もっと難しい業務にチャレンジしていきたい、成長したい
  • 仕事における“主体性”とはどのようなことなのか、職場でどのように“主体性”を発揮してよいのか分からない
  • 与えられた業務はきちんとこなせるが、改善や更なる知識習得というような意欲がない

研修内容・特徴outline・feature

本研修は若手社員(入社3~5年目程度)を対象とした研修です。 研修で学んでいただく内容は以下の4点です。

  • ・これまでの仕事を振り返り、客観的に自分の実力を把握
  • ・若手社員としての立場・役割を理解する=「主体性」の発揮
  • ・「主体性」を発揮する上で必要な判断基準、思考方法、改善手法の習得
  • ・「主体性」を持って周囲を巻き込んで仕事をする方法の理解

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

到達目標goal

  • ①「仕事において自身ができていること、できていないこと」を客観的に認め、今後の課題設定ができる
  • ②自身の仕事における「期待される成果とそれを実現するための過程」を理解して行動できる
  • ③仕事の優先順位を適確に判断した上で行動ができる
  • ④自身の仕事にかかわる人・組織と関係を構築し、状況に応じて協力を仰ぐことができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.これからの役割を考える
    (1)今後求められる役割を多面的に考える
    【ワーク①】もしあなたが上司・先輩だったら、若手社員に今後どのようなことをしてほしいと考えるでしょうか
    【ワーク②】もしあなたが後輩だったら、若手社員にどのようなことを求めるでしょうか
    (2)若手エース級社員に求められる役割
    (3)現状を受け入れる
講義
ワーク
  • 2.主体的行動のためのスキル① ~目的意識
    (1)目的を理解することが「主体性」発揮のスタート
    【ワーク】あなたが普段行っている仕事を洗い出し、その目的を書き出してみましょう
    (2)仕事の目的を常に意識する
    (3)「目的」「目標」「手段」の違い
    【ワーク】「仕事の目的」が、「手段」や「目標」になっていないか考え、改善できる点、工夫できる点を考えましょう
講義
ワーク
  • 3.主体的行動のためのスキル② ~仮説思考
    (1)主体的に行動するために~「先を読む」
    (2)仮説を持って業務にあたる
    (3)「仮説思考」と「PDCAサイクル」
    (4)「主体的」とはPDCAを繰り返せること
    (5)仮説構築の基本は「ゼロ」から
    【ワーク①】P8の事例を参考に仮説を考えてみましょう
    (6)仮説を立てたら「やり抜く」
    【ワーク②】P6で書き出した仕事の整理
講義
ワーク
  • 4.主体的行動のためのスキル③ ~判断基準
    (1)主体的行動とは「判断」基準を持つこと
    【ケーススタディ】「課長からの依頼」
    【ワーク①】引き受けるにあたり、課長に何を確認(質問)する必要があるか考えましょう
    (2)ビジネスの基本となる判断基準 ~QCDRS
    【ワーク②】QCDRSの枠組みで検討してみましょう
    (3)優先順位を決める判断基準 ~重要度×緊急度
    【ワーク①】P5で書き出した仕事を「緊急度」と「重要度」で整理してみましょう
    【ワーク②】それぞれの仕事に優先順位をつけてみましょう
    【ワーク③】自分の行動と比較して振り返りましょう
講義
ワーク
  • 5.組織全体に関わる身近な改善に取り組む
    (1)改善活動への取り組み 4つのルール
    (2)身近な「もう少し」と、その原因を考える
    【ワーク①】「改善の余地」があるものをどんどん書き出してみましょう
    【ワーク②】どうして「もう少し」のままになっているのか、その原因を考えましょう
    (3)「もう少し」を、どのように改善するか
講義
ワーク
  • 6.「周囲を巻き込んだ取り組み」へスケールアップ
    【ワーク】周囲から協力を得るにはどのような対応や行動が必要でしょうか
    (1)上司や同僚、後輩を巻き込む力
    (2)周囲を納得させるための目標設定
講義
ワーク
  • 7.明日からの目標を考える
ワーク

企画者コメントcomment

最近の若手社員は「素直で真面目だが、受け身で指示されないと動かない」「深く考えることが苦手」という傾向があります。

このような傾向を踏まえ、本講座では、これまでの自身の行動を棚卸し、「目的意識の醸成」「仮説を構築し実行する力」「判断基準の取得」「周囲の巻き込み」といった主体性発揮に必要なポイントを学ぶことで、自らの課題に気づいていただくことを目指しております。

受講を通じて、明日からの行動変容につなげていただければ幸いです。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.8%

講師:大変良かった・良かった

97.6%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年3月     22名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.5%
参加者の声
  • 仮説を立てて先回りすることを心掛けます。問題に対する解決策や改善案を考え、積極的に提言していきます。
  • 社内での自己アピールに活かしていく。若手社員として上司、後輩がいる環境下でコミュニケーションや応用的な仕事への取り組み方に、学んだことが活かされると感じた。
  • 主体性を持って、自身の考えを周囲に発信すること、また、上司や同僚の役に立てるよう、一歩先を考慮した捉え方をしていきます。
  • まず、自分の業務の目的を洗い出すこと、そこからどうすれば良くなるのか考えていきます。上司の指示で仕事をするだけでなく、自分で先読みして仕事をする習慣を作ります。
  • 「周囲を巻き込んだ取り組み」を特に業務・自分の行動に落とし込んでいきます。自分がどのような立場にいてどのようなことが求められているのか、能動的に動くためにはどうすればいいのかを理解できました。

実施、実施対象
2021年2月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.3%
参加者の声
  • 常に目的を意識して業務に取り組みます。今後指示を受ける際などには、QCDRSを意識していきます。
  • PDCAサイクルをもう少し意識的に行い、業務レベルの向上を図ります。他の参加者との交流を通して、自分にはなかった発想を共有できたので職場へ持ち帰り、横展開します。
  • 主体性、PDCAサイクルについて深く学べたので、これらを自分の業務に落とし込んでいきます。

実施、実施対象
2021年1月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
85.7%
参加者の声
  • 日頃の自身の仕事を振り返るとともに、それに対する自身とは異なるアプローチに触れることができ、とても有意義な研修でした。先読みの思考と周囲を巻き込む方法を、今後生かしていきます。
  • 重要度と緊急度について、「緊急性が低いが重要度が高いもの」についてもこれからは時間をとって実践しようと思いました。また、論理的思考や先を見据えた思考で業務に取り組みます。
  • 主体性を発揮するため、どのようなスキルを身につけるべきか、具体的な行動について学ぶことができました。特に普段行っている業務とその目的を書き出すワークで気づいたこと、論理的思考は普段の業務にさっそく活かしたいと感じました。

実施、実施対象
2020年11月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
90%
参加者の声
  • 主体性を発揮するためには、自分目線だけでなく、組織内の他者の目線も考えていく必要があることを改めて実感できました。「自分はどう考えるか」と「相手はどう考えているか」の2軸で動いていきたいと思います。
  • 主体性として自分だけではなく、業務を改善するには周囲にも影響を与えていく必要を感じました。
  • PDCAは普段の業務に活かせると思うので、繰り返して個人と周囲の改善を目指したいです。
  • 本日の研修を通して、自己の内にある現在の業務に感じる課題をどう解消していくか具体的に考えることができて良かった。

実施、実施対象
2020年10月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今の業務に対して、目的は何なのかをあらためて考えさせられた。今までの目的として考えていたのは、物を作り上げることだと思っていたが、それ以外に、自分のスキルもそうだが、運用することも意識して考えていく。
  • タイムマネジメントについて、考え直す部分が多くありました。特に、重要度が高いにも関わらず先延ばしにしてしまっている仕事が思っていた以上にあったので、明日から1つずつ手を付けていこうと思います。
  • 主体性をアピールしないと上司には伝わらないということが勉強になりました。積極的に意見をしていきたいと思います。
  • 本日学んだこととして「積極的な情報の発信を行うこと」や「普段から周囲とのコミュニケーションを取って協力を得やすい状況をつくること」「仕事のゴールをよく考えること」などは、今後に活かしていくべきであると思いました。
  • 元々苦手だったアウトプットはいつも意識して行うよう注意してきたが、今回の研修でその重要性を再認識させられた。自分自身にとって、また関わる相手にとって、仕事上でフィードバックをおこなうことの大切さを知ったため、今後の業務内で意識していけるようにする。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.8
講師がとても良い・良い
97.6

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修