loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

若手社員研修~主体性の発揮

若手社員研修~主体性の発揮

目的意識、仮説思考、判断基準の3つの要素を習得し、「主体性」を発揮する

研修No.3050400

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • ・20代前半~後半までの若手社員の方
  • ・入社3~5年程度の若手の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 指示された業務は一通りこなせるようになったが、本当にこのままで良いのか不安
  • 受け身姿勢から脱却したい
  • 中核人材に向けてステップアップしたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、一通りの業務ができるようになった若手社員の方を対象に、さらなる成長に向け主体性を発揮して仕事に取り組むために必要なマインドとスキルを学んでいただきます。
具体的には、今後組織を牽引していくために「仕事の主体者」としての役割を受け入れ、そのために必要な「目的意識」「仮説思考」「判断基準」について習得していきます。演習では実際に自分の仕事を優先順位付けしたり、数値目標を立てるなど、実務に沿った内容となっています。

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

到達目標goal

  • ①「仕事において自身ができていること、できていないこと」を客観的に認め、今後の課題設定ができる
  • ②自身の仕事における「期待される成果とそれを実現するための過程」を理解して行動できる
  • ③仕事の優先順位を的確に判断した上で行動ができる
  • ④自身の仕事にかかわる人・組織と関係を構築し、状況に応じて協力を仰ぐことができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.これからの役割を考える
    (1)今後求められる役割を多面的に考える
    【ワーク①】もしあなたが上司・先輩だったら、若手社員に今後どのようなことをしてほしいと考えるでしょうか
    【ワーク②】もしあなたが後輩だったら、若手社員にどのようなことを求めるでしょうか
    (2)若手エース級社員に求められる役割
    (3)現状を受け入れる
講義
ワーク
  • 2.主体的行動のためのスキル① ~目的意識
    (1)目的を理解することが「主体性」発揮のスタート
    【ワーク】あなたが普段行っている仕事を洗い出し、その目的を書き出してみましょう
    (2)仕事の目的を常に意識する
    (3)「目的」「目標」「手段」の違い
    【ワーク】「仕事の目的」が、「手段」や「目標」になっていないか考え、改善できる点、工夫できる点を考えましょう
講義
ワーク
  • 3.主体的行動のためのスキル② ~仮説思考
    (1)主体的に行動するために~「先を読む」
    (2)仮説を持って業務にあたる
    (3)「仮説思考」と「PDCAサイクル」
    (4)「主体的」とはPDCAを繰り返せること
    (5)仮説構築の基本は「ゼロ」から
    【ワーク①】P8の事例を参考に仮説を考えてみましょう
    (6)仮説を立てたら「やり抜く」
    【ワーク②】P6で書き出した仕事の整理
講義
ワーク
  • 4.主体的行動のためのスキル③ ~判断基準
    (1)主体的行動とは「判断」基準を持つこと
    【ケーススタディ】「課長からの依頼」
    【ワーク①】引き受けるにあたり、課長に何を確認(質問)する必要があるか考えましょう
    (2)ビジネスの基本となる判断基準 ~QCDRS
    【ワーク②】QCDRSの枠組みで検討してみましょう
    (3)優先順位を決める判断基準 ~重要度×緊急度
    【ワーク①】P5で書き出した仕事を「緊急度」と「重要度」で整理してみましょう
    【ワーク②】それぞれの仕事に優先順位をつけてみましょう
    【ワーク③】自分の行動と比較して振り返りましょう
講義
ワーク
  • 5.組織全体に関わる身近な改善に取り組む
    (1)改善活動への取り組み 4つのルール
    (2)身近な「もう少し」と、その原因を考える
    【ワーク①】「改善の余地」があるものをどんどん書き出してみましょう
    【ワーク②】どうして「もう少し」のままになっているのか、その原因を考えましょう
    (3)「もう少し」を、どのように改善するか
講義
ワーク
  • 6.「周囲を巻き込んだ取り組み」へスケールアップ
    【ワーク】周囲から協力を得るにはどのような対応や行動が必要でしょうか
    (1)上司や同僚、後輩を巻き込む力
    (2)周囲を納得させるための目標設定
講義
ワーク
  • 7.明日からの目標を考える
ワーク

企画者コメントcomment

入社から数年が経つと、一通りの業務を覚え、主担当として業務を任されることも多くなってくると思います。もしかすると、慣れているからと、業務を「こなす」ようになっている方もいるかもしれません。 若手である今をどのように過ごすのかで、未来は大きく変わります。本講座では、どうすれば自ら課題に気づき、行動していくことができるのかを、丁寧に学んでいただきます。 ぜひこの研修をきっかけに、主担当から、組織になくてはならない主力プレイヤーに進化していただけると嬉しく思います。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.3%

講師:大変良かった・良かった

97.8%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2022年5月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.9%
講師:大変良かった・良かった
90.9%
参加者の声
  • 手段が目的とならないよう、自分の業務が最終的に目的とするのか考え、整理し、業務を送行します。業務の目的を明確にし、取り組むようにしたいと思います。
  • 与えられた仕事に目的意識をもって行い、そこに不随する仕事を見つけてこなしていきます。主体性を持って取り組みつつ、周りとの協調性を大事にしていきたいです。
  • 主体性を持って業務に取り組みます。周りを巻き込む行動力を持ち、改善に務めたいと思いました。
  • 普段の業務において目的を意識し、仮説を立て、主体的に行動します。過去事例に捉われず、仮設を立てて顧客対応に取り組み、周りをまきこむために普段の業務に熱い思いを持って取り組みたいです。
  • 目的、目標、手段の骨格をしっかもって、PDCAを見直します。目標、目的を明確にして働いていくことの重要性が分かりました。

実施、実施対象
2022年5月     20名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 目標の設定の仕方、進め方がわかりました。QCDRSを使用し、見落としを減らします。
  • 目的意識を持って日々の業務に取り組みます。目的意識が不足していることが多いため、なぜそれを達成する必要があるのかを考えて行動したいです。
  • 同じ作業を行う場合でも、目的意識によってモチベーションが変わることを本研修を通じて学びました。意識を変えるところから始めて、今後の行動や成果に繋げていきます。
  • 目的意識を持った業務を行います。目的と手段を区別して、意欲的に業務に取り組む姿勢を保てるようにしていきたいです。
  • 本研修を通じて、主体性を持つためにはどのような意識が必要かを学ぶことができました。日頃の業務を行っていると、手法の目的化が生じてしまうので、定期的に本研修を振り返って、常に目的意識を持った行動をできるようにします。

実施、実施対象
2022年5月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • その作業の目的を意識した行動をします。また、優先順位を判断する際に可視化や細分化を行うことで、今までよりも明確にはっきりと順位を付け、業務の効率化に活かしていきたいです。
  • 来月からは業務体制・人員に変化があるので、主体性・積極性を持ち、チーム内コミュニケーションの発展に取り組みます。また、優先順位を明確にして効率化を図っていきたいです。
  • 今までは自己完結をしようとすることが多く、上司への進捗報告や基本的な報連相が欠けていました。これからは相手が求めている事や目的を理解したうえで、主体性をもった具体的な行動へと繋げていきます。
  • 重要度と緊急度のマトリクスを活用します。主体性を意識し、自ら発信して日々の業務に取り組んでいきたいです。
  • 主体的に考える方法や作業の優先順位の付け方を業務に活かします。また、客観的に物事を考え効率よく作業ができるようにしたいです。

実施、実施対象
2022年3月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
87.5%
講師:大変良かった・良かった
87.5%
参加者の声
  • 上司に依頼された業務に対応する際に、プラスアルファーの対応をしていきたいです。上司に何か質問する際には仮説思考を立てたうえで質問し、仮説の質を高くしていきたいです。
  • 判断基準をしやすくなるためのQCDRSというフレームワークがあるのを知り、主体性を発揮するために今後活用していきたいと思いました。
  • 日々ルーティンで行っていた小さな業務も、改めて目的意識をもって取り組むことから始めます。また、PDCAを回すことが主体性を発揮するのに重要と学びましたので、よりPDCAを回していけるよう努めます。
  • 仕事を主体的に取り組むために、仮説思考や判断基準の5つの項目を意識して仕事に取り組みます。
  • 自分が携わっている業務の目的は何か、顧客、会社、上司、先輩が自分に求めていることは何かを常に意識して業務に取り組みます。

実施、実施対象
2022年1月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 一つ先のことを、先読みする練習をします。日々の業務を見つめなおす機会にもなり、自身の考え方の1つとして引出しが増えました。
  • 言われたまま行動するのではなく、目的を意識して行動します。目的に応じた優先順位を、常に意識します。
  • 自分の役割と主体性を意識します。主体性を持って行動するためのロジックを知ることができました。
  • 日々の業務にPDCAを取り入れて、継続して回していくことを心掛けます。優先順位の考え方を利用していきたいです。
  • 毎日成功体験をメモして1年後に振り替えるということが心に残ったので、実践します。目的意識を持って業務を遂行し、小さな成功体験を積み重ねます。

{{ttl}}関連の研修course map

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.3
講師がとても良い・良い
97.8

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修