loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

報告書・議事録の書き方研修

報告書・議事録の書き方研修

読み手にとって読みやすく分かりやすい報告書・議事録を作成できるようになる

研修No.1000800

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 新入社員
  • 若手層
  • 中堅層
  • ・報告書、議事録の作成の仕方を学びたい方
  • ・社内文書の基本の文書構成を理解したい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 上司や提出先から”結局何が言いたいのかわからない”と指摘をうける
  • 読み手に伝わる文書の書き方を知りたい
  • 報告書や議事録を作成する機会が多いため、基本的な作成手順を学びたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、報告書・議事録の作成のポイントである①報告書、議事録に必要な項目などの型、②簡潔に書く要約スキルを習得します。研修では実際に報告書や議事録を作成していただくことで、現場に戻ってからも使えるスキルを習得していただきます。「相手に伝わる文書を作成できるようになりたい」「文書の中でも特に報告書・議事録に課題がある」という方におすすめの研修です。

<ワークのポイント>

  • ・ニュースリリースの要約演習
  • ・様々なケースにおける報告書の作成
  • ・出席者に提出する会議の議事録作成

到達目標goal

  • ①文書のルール、構造、表現の注意点を知り、ビジネス文書の基本を理解する
  • ②報告書作成のポイントを学び、必要情報を漏れなく簡潔に記載できるようになる
  • ③議事録の定型形式を習得し、何をどの順番で書けばよいのかを理解する

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】報告書、議事録文書で困っていることや不安なことを考える
ワーク
  • 2.ビジネス文書作成時のポイント
    (1)ビジネス文書作成の基本
    (2)ビジネス文書の構造
    (3)文書表現の注意点
講義
  • 3.報告書の書き方
    (1)社内報告書の全体構造 
    (2)報告書作成のポイント
    【参考】お客さまに提出する報告書
    (3)報告書の具体的な書き方
講義
  • 4.議事録作成のポイント
    【参考】メモの取り方のポイント
    【演習1】要約文書
    ライバル会社の新たな動きを上司に報告する
    【演習2】報告書の作成①
    ある状況を簡単な報告書(取り急ぎ情報を伝達するのを目的とする)
    として、整える
    【演習3】報告書の作成②
    メモを部長に提出する正式な報告書として作成する
    【演習4】議事録DVD演習「営業管理システム開発会議」
    会議のやりとりをまとめ、会議に出席した方に送る議事録を作成する
講義
ワーク

企画者コメントcomment

報告書や議事録には「型」がありますが、ただそれに機械的に当てはめるだけでは読み手に伝わる文書にはなりません。本研修では、なぜその順番・内容で書いた方がよいのかというところまで学んでいただきます。現場に戻ってからも学んだ内容を応用して使えるようになっていただくことを目指します。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.8%

講師:大変良かった・良かった

98.4%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2022年3月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「一目で分かる文章」を意識して報告書やメールを作成します。まず、メール件名に「ご報告」「お願い」など、件名だけで読み手が内容を想定しやすいものに変えていき、改行・余白、体言止めなどを心掛け、曖昧な表現も使わないように注意します。
  • 議事録のスピードや内容、メールの書き方が参考になったので活かしていきます。簡潔にわかりやすい文章を心掛けます。
  • 資料やメールを作成する際、「見せる相手」によって内容や構成を意識的に変えることを、今後の業務やコミュニケーションに活かします。

実施、実施対象
2022年3月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • この研修を通して、まず、相手や読み手のことを考えて文章を作成することが大事だと学びました。今後は、積極的に文章作成に取り組んでいきます。
  • 今後、議事録を書く機会が出てきましたら、本日のことを思い出してメモをしっかりとり、6W3Hを意識して書くようにします。
  • 報告書を作成する際、誤字の多い文章は信頼を失うので注意し、上司やオーナー様にしっかりとした報告書を提出できるよう努力します。

実施、実施対象
2022年2月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 文書を作成するポイントは、普段意識しているつもりでも出来ていなかったということを演習を通して痛感しました。特にメモを取る機会は多いので、研修で学んだことを活かしていきます。
  • 報告書及び議事録や、メールの宛名はフルネームで書くのがマナーということを始めて教わりました。今までは名字のみ書いていたので、本日より実践します。
  • 報告書など、誰に何を伝えるのかというところはあまり意識していなかった部分なので、今後作成する際には、意識して取り組みます。
  • 会議のメモの取り方と、それを議事録におこす作業に活かします。要点を絞った記録を心掛けます。

実施、実施対象
2022年1月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 報告書や議事録の書き方がわかったので、今までなんとなくで進めていた作業を、自信をもって書類にまとめるようにする。必要事項を簡潔に、誤解のない表現で記録することを心がけたい。
  • 報告書や議報を書くときは、自分の立場をもう一度確認し、読み手意識も持つようにします。また、分かりやすく相手に読んでもらうために、たくさんの工夫を入れるように努めます。
  • 具体的な作成や、職員への指導へすぐに活かせるので、日常業務の中で活用します。また、会議内容を上司・メンバーへ報告する際には、「過去、現在、未来」を意識します。
  • 早速、次回からの会議や業務効率化のために活用します。また、直近の業務に反映させることで、対外・対内的スキルUPにも活かします。

実施、実施対象
2021年11月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 報告書、議事録を作成する際の不明点が明確になりました。社内の会議や顧客との打ち合わせで、漏れがないような議事録を作ります。
  • 読み手の視点を意識して、何のための文章かを考えて書きます。報告書・議事録を誰に見せるのかも考慮しながら作成し、業務に活かします。
  • 報告書や議事録作成はもとより、メールや研修発表時など、日常業務のさまざまな場面で役立てていけそうな内容でした。

{{ttl}}関連の研修course map

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
96.8
講師がとても良い・良い
98.4

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修