loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

問題解決研修~ビジネス上の問題を解決する

問題解決研修~ビジネス上の問題を解決する

問題解決は職場改善、業績向上、業務改善の第一歩!真因を追究し、問題を解決に導く

研修No.2100000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・自組織における課題を解決し、業務改善、生産性向上につなげたい方
・次のリーダー、管理職へのステップとして俯瞰的な視点や組織を分析する力を身に付けたい方

※自組織ではなく、顧客の問題解決力を高めたい方には「顧客の課題解決研修~顧客の抱える「非・不・未」を見つけ、ソリューションを提示する」がおすすめです

よくあるお悩み・ニーズ

  • 業務の効率向上を図りたいが、何が問題なのかが分からない(本人)
  • ミスやトラブルを繰り返したくないが、真因に到達しない(本人)
  • 部下が主体的に職場の問題を発見し、解決策の推進ができるようになってほしい(上司・人事担当者)

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、現場に潜む問題の真因の発見と解決策まで考えるプロセスを演習を通して体験していただきます。

<研修のポイント>
①問題の発見方法を習得する~6つの視点から考える
②現状を把握する方法を習得する~数値分析とパレートの法則
③真因の追求方法を学ぶ~特性要因図・ロジックツリー・連関図法
④課題を設定し、計画を作成する~優先順位のつけ方とPDCAサイクルによる管理方法

<ワークのポイント>
①6つの視点から洗い出すことで、潜在している「問題」を発見できる
②グループワークだけでなく、個人ワークもあるので自分の仕事の仕方に向き合うこともできる
③具体的に自身の抱える問題に対して、特性要因図等のフレームワークを用いることですぐに実践できるスキルを身につけることができる
④解決のための対策・行動計画を立てることで、職場に戻って実践に移すことができる

到達目標goal

  • ①業務における問題点に気づき、問題解決のための計画を策定することができる。
  • ②現状を把握し、問題を分析し、真の原因を追究し、解決することができる。
  • ③常に問題解決の視点を持ち、主体的に業務改善を推進する。

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.問題とは何か
    (1)問題解決においての問題
    【ワーク】問題を発見・解決時に「難しいこと」「苦手なこと」を考える
    (2)問題とは「事実」をあらわす言葉
    (3)問題解決への取り組みが「課題」
講義
ワーク
  • 2.問題解決の流れ
    (1)問題解決の基本的な流れ
    (2)問題解決の具体的な手順
講義
  • 3.問題の発見
    (1)「6つの視点」による問題発見
    【ワーク】6つの視点から現在の業務を分析する
    (2)日常の「違和感」からの問題発見
    (3)他者との協働による問題発見
講義
ワーク
  • 4.現状把握・調査
    (1)現状把握の手法 ~数値化
    (2)数値を見やすく整理する ~図表の種類
    (3)数値分析をする① ~平均と個の「ばらつき」
    (4)数値分析をする② ~層別による比較
    (5)パレート図・パレートの法則
    (6)業務フローから分析する
    (7)動態観察から分析する
講義
  • 5.問題の整理
    (1)解決すべき問題の優先順位付け
    (2)あるべき姿を設定する
    【ワーク】解決すべき問題について、「あるべき姿」を設定
講義
ワーク
  • 6.真因追求
    (1)特性要因図
    (2)ロジックツリー
    (3)連関図法
    【ワーク】特性要因図などを使って、問題の真因を探る
講義
ワーク
  • 7.解決策の策定
    (1)解決策の検討
    【ワーク】真因への対策を洗い出す
    (2)適切な解決策選択
講義
ワーク
  • 8.行動計画策定・実施
    (1)行動計画策定のポイント
    (2)進捗の確認
    (3)PDCAサイクルで管理する
講義
  • 9.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

問題とは、「あるべき姿」と「現状」のギャップです。誰もが主体的に問題を発見し、次々に解決していけば、職場環境が良くなり業務効率が向上します。もし、問題意識が低く、解決できずに山積されたら…と考えると働く意欲が下がります。

問題解決力とは仕事力そのものです。問題解決の流れを身につけ、PDCAサイクルで改善活動を回すことは、必ず個人の意欲向上と組織の活性化につながります。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.0%

講師:大変良かった・良かった

95.4%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年6月     18名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
88.9%
講師:大変良かった・良かった
94.4%
参加者の声
  • 部署、会社、社会と視野を広くし、業務にあたります。もっと様々な事に関心を持つ必要生を感じました。
  • 業務の優先度をしっかりと見極めて、それぞれの課題に対して掘り下げて考えることで、根本的な原因を見つけ出し解決できるように心がけます。問題解決に対しての真意が理解できました。
  • 普段から抱えている問題点や課題について新たな発見に繋がりました。現状行っている業務に問題はないか、世の中の流れにのっているかを常に意識して業務に取り組みます。
  • 今まで、漠然とした目標の中で毎日の業務をこなしてる事が無駄だと実感しました。同じ業務をするなら、1日1つでもいいので問題点を発見し、解決方法を考える力を身につけようと思いました。
  • 日頃から、世の中の流れや取り巻く環境の変化に目を向ける意識を持つこと、物事のあるべき姿がどうなのか、そのために必要なアクションは何かということを考える訓練をすることで、問題発見と問題解決への感度を高くします。

実施、実施対象
2021年5月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
84.6%
講師:大変良かった・良かった
92.3%
参加者の声
  • これまで前年踏襲で行われていたような業務に一度「なぜ」を問いかけて、ムリ・ムダ・ムラがないか検証し、業務改善につなげる。
  • 日々の業務の中で問題が起きた時に、特性要因図など用いてよく分析しどのような要因が隠れているのか、原因を体系的に把握・分析します。
  • 問題の真因追及・現状把握し数値化し分析するなど、「数値化にしてみる」という考え方を学べて良かったです。今までは結果ばかりにとらわれて最後まで完了せず曖昧にしていた問題も少なからずありましたが、今後はしっかり取り組んでいきます。
  • 問題発見・真因追及の分析手法と解決策設定の考え方を実践します。課題を見極めることと、解決に向けたプロセスを整理しようと思いました。

実施、実施対象
2021年3月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
90%
参加者の声
  • 日々生じる問題に、今日学んだフレームワークを活用したい。また、業務工程の無駄を再検討し、作業時間の短縮を図る。
  • 話を理解することと、実際に自分で取り組むことでは難しさのギャップがあると感じた。特性要因図やロジックツリーなどの問題解決のツールを使って実際に挑戦してみたい。
  • 問題解決に結びつけるために、表面的な問題ではなく深掘りした根本的な問題解決が必要とわかりました。「なぜ」を業務に活かします。
  • 問題解決をした後にそれをどう継続させるかが課題であったが、そのヒントをこの研修で見つけられたので、実行に移します。

実施、実施対象
2021年2月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
83.3%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • あるべき姿とのギャップを埋められるように、どのように行動するかのプロセスを行動に活かしていきます。問題解決の取り組みとして現状の課題を見つけ、解決策を考え行動していきます。
  • 主体的に問題を探す姿勢と行動で日々の業務改善につなげていきます。日々同じ業務の繰り返しの中で、業務内容を見える化し数値化することで気づけていない問題の洗い出しに活用します。
  • 原因追及をし、実践に移していきます。問題と課題の違いを明確に理解する良い機会になりました。上司に解決策を伝えるときに、目的意識をあまり持っていなかったと気づかされたので、今後は意識していきます。
  • 解決策を実行する際に、パレートの法則についても今後意識していく。また、自分の常識にとらわれずに問題や解決策の洗い出しをすることが問題解決において非常に重要な点だと感じた。

実施、実施対象
2020年10月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 問題の発見から解決までのフローを詳細に学べたため、今後様々な業務で問題を抱えた時、学んだことを活かして分析し解決していきます。分かりやすい説明でした。
  • 現在の業務上における問題を挙げてみて、原因と真因を探し解決していきます。問題の重要性と緊急度を判断し、優先順位を決めて解決していきます。
  • 問題解決に向けた糸口を教えていただいた。あるべき姿とのギャップに注目し、より良い作業に向け、効率化を図っていく。
  • 問題点を見つけ出す姿勢や問題解決の流れや原因を追求していく大切さを学びました。もし業務を行っている最中に違和感があった時は、流さずに、今回学んだ問題解決の流れに当てはめて考えていきます。
  • 問題の原因を分析し、解決策を見つける方法を学んだので、その思考の枠組みを日常的にあてはめてものを考えるようにしていきます。業務に取り組んでいる際に問題が発生した場合に、本日学んだ解決までの手順を基に遂行していきます。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.0
講師がとても良い・良い
95.4

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修