(半日研修)実践!評価者研修~期末面談・フィードバック編

(半日研修)実践!評価者研修~期末面談・フィードバック編

研修No.2650158

  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者対象者

・評価者研修を実施したが、フォロー、ステップアップとしてさらなる評価、目標管理スキルの向上を目指したい管理職(管理者・マネージャー・役席者)の方
・昇任・昇格された管理職(管理者・マネージャー・役席者)
・評価に関する知識、スキルは一程度あるが、実践につながっていない管理職(管理者・マネージャー・役席者)

研修内容研修内容

期末の面談では、評価者が部下に評価を伝えますが、部下からは、「評点の根拠がわからず納得できない」「評価者が一方的に話して、話を聞いてくれない」
「悪い結果をどうすればよくできるかアドバイスをしてくれない」などの不満が多いです。
本研修では、期末面談で相手に納得性高く評価結果をどう伝えるか、次の成長につながるように効果的なフィードバックをおこなうかなど、
評価者・部下の双方で話し合いながら有効な面談の実施の仕方について理解を深めます。

おすすめおすすめリンク

3段階で選べる【実践!評価者研修】シリーズ
▼期初の目標設定前に
実践!評価者研修~目標設定・面談編
▼期中の進捗管理、目標達成支援に
実践!評価者研修~進捗管理・達成支援編
▼期末の評価面談前に
実践!評価者研修~期末面談・フィードバック編

研修プログラム研修プログラム例

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.目標管理の勘所
    (1)目標管理の原則
    目標達成できた場合はその成長ポイントを具体的にほめる
    達成できない場合は課題をはっきりし、どうすれば次に良くなるかを部下と一 緒に考える
    【ワーク】上記の観点で課題を整理する
    (2)【参考】目標管理を行う目的
    ①組織目標達成のためのベクトルを合わせる
    ②組織のコミュニケーションの活発化(特に評価面談における部下とのコミュニケーションを通じて)
    ③部下のことをよく知る
    (育成課題が中心であるが、コミュニケーションを通じて悩み・
    メンタル不安などのモチベーション低下・離職リスクも把握)
    ④人材育成の仕組みとして目標管理を活用
講義
ワーク
  • 2.期末面談時のコミュニケーションのポイント
    (1)話の進め方:まずは良い点をほめて、その後に課題点を話す
    (2)下位評価を伝える際のポイント(特に年上の部下に対して)
    ①まずは今期の頑張りを労う(仕事の成果、やりとげたこと)
    ②立場は管理者と部下だが、先輩として部門で成果を出すために貢献してもらいたいことを伝える
    ③下記のシニア社員の課題・制約を確認。
    課題・制約があった場合は話し合い、配慮すべき点があればその内容を伝える
    ・モチベーション低下 ・体力低下、健康問題
    ・スキルのアップデート
    ④上記の話をした上で組織としては下位評価となることを数字を
      使って具体的な根拠を示しながら伝える
講義
ワーク
  • 3.実践ケーススタディ
    2章のポイントを踏まえ、実践できるように演習を実施
    【ケース例】
    自分はできていると思っている年上の部下に対し役割期待に応えられていないことを根拠を示しながら伝える
講義
ワーク

ひとこと研修制作者からひとこと

評価を育成につなげる上で、評価に対する部下の納得感は重要です。
その納得感を生み出す重要なプロセスが期末面談です。
いかに評点の根拠を具体的に話すか、
事前に上司の役割期待と部下の役割認識が正しく共有されていることが重要です。

スケジュールスケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

注意点お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

※登壇予定の講師は予告なく変更になる場合がございますことをご了承くださいませ

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(0120-800-225 ※ガイダンスに従って①を選択)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
62,700
開催数※1
8,158
講座数※2
2,504
WEBinsource
ご利用社数※2
9,942

※1 2018年4月~2019年3月

※2 2019年3月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
9,942社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2019年3月までの累計
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

おすすめ研修・サービス

公開講座新作研修

2019年5月23日
プレイングマネージャー研修 ~時間・チーム・リスクをマネジメントし、走りながら成果を出す
2019年5月22日
ストーリーで語る力強化研修「思い」をのせた「臨場感」あるプレゼン(1日間)
2019年4月19日
属人化防止研修~管理職による業務標準化のためのナレッジマネジメント
2019年4月12日
RPA研修/UiPath研修 入門編~UiPathを体感する
2019年4月 5日
RPA研修/UiPath研修 初中級編~豊富な機能を用いた自動化を実現する(2日間)