loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

ディベートで鍛える説得力強化研修

ディベートで鍛える説得力強化研修

論理的思考力・多面的視点・本質追究力・判断力の4つのポイントを学び、ビジネスで通用する説得力を身につける

研修No.1200600

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・社内外問わず交渉をされる方
・困難な場面での説明を行う機会の多い方
・大規模プロジェクトの推進を任されている方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 会議や商談の場で自分の考えを話す際の論理力、訴求力を高めたい
  • 上司・同僚に説得力を持って説明できるようになり、会議・報告・提案に役立てたい
  • 部下指導や他部署との交渉などで筋道を立てて説明したい

研修内容・特徴outline・feature

相手を説得することは、口論でも相手を否定するものでもありません。自分の主張を、他者が納得し得る「根拠」や「データ」を背景に、論理的に相手を理解に導くことです。本研修では、ディベートを通して、説得力向上のスキルを身につけていただきます。
※ディベートの勝敗ではなく、個々の能力開発を目的に講義を進めます。

本研修では、説得に必要な4つのポイントの習得を目的にしております。
①論理的思考力  ②多面的視点 ③本質追究力 ④判断力 
それぞれのポイントについて、「厳格な定時退社日を設定するべきか」などのケースを通じて多角的に考えていただきます。より実践的な内容となるよう、グループ内でのディベート演習を設けています。

◆ワークのポイント
・議論の問題点を考える
・ひとりディベートを行う(テーマ:厳格な定時退社日を設定するべきか)
・グループでディベートを行う(テーマ:ゆとり教育は再導入すべきか、子どもにスマホを持たせるべきか など)

到達目標goal

  • ①相手の立場に立ち、「簡潔に」「分かりやすく」伝え、共感を得て納得してもらうことができる
  • ②納得できる「根拠」や「データ」を背景に、論理的に主張を相手に理解させることができる
  • ③説得までの話の構成を描き、筋道を立てて説明し、合意に至ることができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.研修の前に
講義
  • 2.ディベートの手法を通して「説得力」を身につける
    (1)ディベートとは
    (2)ディベートの付随効果
    (3)【参考】ディベートの構成
    (4)ディベートの準備
講義
  • 3.説得力のある話とは
    (1)「納得できる話」のポイントを考える
    【ワーク】経験上、納得できた話の理由を探る
    (2)「納得」してもらうための必要な要素とは
講義
ワーク
  • 4.「説得」に求められる4つのポイント
講義
  • 5.ポイント①論理的思考力 ~論理的に考える
    (1)「論理的に考える」とはどういうことか
    (2)論理的であるための構造 ~「三角ロジック」
    (3)因果関係を把握する
    (4)結論を導き出す手法
    (5)主張を伝える際の演繹法と帰納法の使い方
    【ワーク】各論の問題点を考える
    (6)論理的に伝える ~結論重視で話す「PREP法(プレップ法)」
講義
ワーク
  • 6.ポイント②多角的視点 ~肯定・否定両面から物事を見る
    (1)さまざまな可能性を考える
    (2)異なる立場で考える
    (3)「漏れなくダブりなく」根拠を整理する
    (4)「ひとりディベート」で問題の両面を見る
    【ワーク】「ひとりディベート」をする
講義
ワーク
  • 7.ポイント③本質追究力 ~お互いに納得できる論点を探す
    (1)何を論じるべきか
    (2)重要な論点か
    (3)問題解決につながるか
講義
  • 8.ポイント④判断力 ~全体の有益性を考えて判断する
    (1)過程を重視する
    (2)有益性の判断基準
講義
  • 9.より説得力を向上させるために
    (1)相手を敵に回さない
    (2)論点を掘り下げて考えておく
    (3)質問を活用する
講義
  • 10.実践演習
    【ワーク】グループ内で、ディベートを行う
     テーマ:ゆとり教育を再導入すべきか、低学年児童にスマホを持たせるべきか など
講義
ワーク
  • 11.まとめ
    【ワーク】本研修で学んだ内容をどのような場面で役立てますか
ワーク

企画者コメントcomment

相手を説得することは、口論でも相手を否定することでもありません。ディベートの本質である、論理的な考え方や相手の立場に立って考えること、多面的な考え方を身につけることが、ひいては説得力の向上につながります。

本研修では、論理的思考など説得に必要な4つのポイント学び、実際にひとりディベートやグループでのディベートの演習を実施することで、ビジネスの場面に必要な説得力を習得していただきます。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.9%

講師:大変良かった・良かった

97.1%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2021年12月     15名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
80%
参加者の声
  • 反対意見の想定や中立的な視点によって、立場の違う人の説得に役立てたい。また、ディベート、ディスカッションの時に限らず、反論の想定、根拠のデータ提示を意識する。
  • 根拠となるデータ、事例を基に、自分の考えと分けて相手に伝える。論理立てた報告の仕方、話をすることで、相手に理解してもらえるように活かす。
  • 論理的に物事をとらえることの重要性や、データ等事実に基づく考え方の事前整約の重要性に気づいた。今後は、根拠となるデータや資料を用意する。
  • 自分の主張を客観視すること、別の立場から見ることを意識します。また、自己の立場のみならず、相手の立場から出る意見の意を汲みとれるよう、多面的な意識を持つようにします。
  • 自分の意見の説得を高められるよう、否定側の意見を想定します。プレゼンテーションやディベートをする際、下準備をしっかりして本番に臨みます。

実施、実施対象
2021年11月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
80%
参加者の声
  • 研修で新たな理論を思いつくこともあって、いろいろな気づきを得た。帰納法と演繹法を使って理論を組み立て、説得力のある説明ができるようになりたい。
  • 自分の弱点である最初のロジックの組み立ても理解した。結論を伝える際の結論に至るロジックをしっかり整理する。

実施、実施対象
2021年10月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手の立場になって、次に何が来るか予想することなど、それを明確にするための手法を学べたので、これからの説得力向上に役立てます。
  • 説明・提案する際に、自身の理論武装である根拠の集め方を学べました。1人で考えすぎるのではなく、相談できる相手を作って進めていくことを実践します。
  • 反対意見を述べる人の側に立って思考するなど、多角的な視野を意識して今後打ち合わせなどに活かしていきます。

実施、実施対象
2021年9月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • コメント1つとっても、反対意見を想定し、多角的な目線を持ったうえで実施していく。また、事実・データを基に説明に説得力を持たせることから始めたい。
  • なるべく多くの情報収集と、相手の立場に立っての提案、落としどころを探っていく。共感を得られる魅力提示も大事だと実感した。
  • 結論におけるメリット・デメリットの両面から質疑応答を想定する準備方法は学びになりました。
  • 人との相談を行う際に活用する。ディベートをできるようになるのが目的、というよりも、多角的な視点を持つためにディベートという手段の1つを使う、という風にとらえることができた。

実施、実施対象
2021年8月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
83.3%
参加者の声
  • 相手に物事を伝える際は、感情的に自分の意見を述べていくのではなく、伝えたい情報の収集・整理をして、演繹法や帰納法など、論理的に伝える必要があると学びました。相手の意見を否定せずに、多面的視点を持って業務に取り組みます。
  • 学んだ内容を今後の業務に取り入れていきます。クライアントとの商談や、新人研修といった様々な事前準備で活用します。
  • 相手を論破するのではなく、理解してもらうことの重要性を学びました。プレゼンテーションの機会に早速利用します。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.9
講師がとても良い・良い
97.1

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修