loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

若手社員研修~経験学習サイクルを回し、自己成長を加速させる

若手社員研修~経験学習サイクルを回し、自己成長を加速させる

「経験・省察・持論化・試行」の4つのプロセスで経験学習サイクルを回し、前向きに成長し活躍するためのヒントを得る

研修No.3050100

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層

・入社2~5年目程度の若手社員の方
・主体的に仕事に取り組み、成長することが望まれる若手社員の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 成長が伸び悩んでいる若手社員に、前向きに働いてもらいたい
  • 同じ失敗を繰り返してしまいがちな若手社員に、振り返りの大切さを知ってもらいたい
  • 言われたことだけをやる受け身の姿勢から脱却し、能動的に経験を積み重ねてもらいたい
  • 経験したことを次につなげて成長できるようになってもらいたい

研修内容・特徴outline・feature

「成長する人」と「伸び悩む人」の違いとして、「経験したことを振り返り、学びを得て次につなげられるかどうか」が挙げられます。本研修では、入社2~5年目程度の若手社員の方を対象に、今後の成長を加速させるために有効な経験学習サイクルの回し方を学んでいただきます。

経験学習サイクルとは、「経験から学び成長するためのフレームワーク」であり、経験→省察→持論化→試行の4つのプロセスで経験を回します。経験学習サイクルをベースに、これまでの経験を洗い出して振り返り、経験から学んだことを持論化して実践できるようになることを目指します。

到達目標goal

  • ①これまでの経験を洗い出し、経験→省察→持論化→試行の4つのプロセスに沿って、「経験学習サイクル」の回し方を習得する
  • ②能動的に様々な経験を積み重ねていくことが成長の秘訣であることを知る
  • ③日々、経験したことを振り返る習慣をつけ、経験を次につなげるための具体的な行動を考えられるようになる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.はじめに ~これまでの経験を振り返る
    【ワーク】入社してからこれまでを振り返り、どのような経験を積んだか、代表的なものを3つ選び具体的に書き出す
    (1)経験学習サイクルとは ~経験・省察・持論化・試行
    (2)経験学習サイクルが求められる背景 ~環境変化に適応する
    (3)組織人の成長とは何か
講義
ワーク
  • 2.経験: 良質な経験を積む
    (1)直接経験の量が成長を決める
    (2)偶然の経験を能動的に活かす
    (3)成長につながる経験を自らに課す
    【ワーク①】さらなる成長を目指すうえで、自分に課す課題(少し頑張れば達成できる課題)を考える
    (4)明確な課題を自らに課す ~SMARTの法則
    【ワーク②】ワーク①で考えた"少し頑張れば達成できる課題"をSMARTの法則を踏まえ具体化する
    (5)方向性は上司・先輩と調整する
    (6)手痛い失敗経験を上手に乗り越える
    【ワーク】入社してからこれまでの失敗経験を洗い出す
講義
ワーク
  • 3.省察: 振り返りとフィードバック
    【ワーク】他者からフィードバックをもらって、目からウロコだと感じたことを洗い出す
    (1)内省の仕方 ~本質を捉え、常に改善を考える
    (2)振り返りと反省・感想の違い
    (3)言い訳と責任転嫁は振り返りを妨げる
    (4)仕事を振り返るKPT法
    【ワーク】KPTのフレームワークに沿って、1週間の仕事を振り返る
    (5)成長する人のフィードバックの受け方
講義
ワーク
  • 4.持論化: 経験を多面的にとらえマイセオリーにする
    (1)経験から仮説を構築する
    (2)経験を多面的にとらえマイセオリーにする
    (3)常に「なぜ」を考える
    (4)目的意識の強さが「なぜ」を生む
    (5)上司や顧客の立場で捉える
    【ワーク①】2章で洗い出した失敗経験から1つ選び、なぜ失敗したのかを分析する
    【ワーク②】今後同じ失敗をしないためにすべきことを具体的に考える
講義
ワーク
  • 5.試行:行動に移し、挑戦する
    (1)徹底的に実行に移す
    (2)確証バイアスにとらわれない
    (3)とりあえずやってみることで、見えることがある
    【ワーク】研修で学んだことを整理し、明日から実践していくことを宣言する
講義
ワーク
  • 6.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

若手の間に、経験学習サイクルの回し方について学んでおくことで、その後の成長スピードが変わってきます。自分の経験を振り返って、成長を感じ、経験したことを糧にしていただくために、本研修を開発しました。自分の仕事ぶりを上司から言われなくても振り返り、受け身の姿勢から、自分で主体的に考えて行動できるようになることを目指します。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修