loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(リーダー向け)財務研修~利益構造を理解し、成果につながる行動指標を考える

(リーダー向け)財務研修~利益構造を理解し、成果につながる行動指標を考える

ビジネスパーソンにとって「これだけは知っておきたい」という財務の基礎知識とその生かし方を学ぶ

研修No.2500400

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

・管理職の方など、部門の収益に責任を負う立場にある方
・個人成績の収益性を問われる営業職の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 売上目標は意識しても、利益目標を意識することはほとんどない
  • 何度勉強しても財務諸表の見方がイマイチしっくりと理解できない
  • 利益を意識した活動とKPI管理がどう関係しているのかがわからない

研修内容・特徴outline・feature

ビジネスパーソンにとって、財務諸表が読めることは様々な面でアドバンテージとなります。しかし、経理や財務部門の人と同じレベルで会計知識を身に付けようと思えば、かなりの学習量が必要となり、その定着のためには継続的にそれらに「触れ続けること」が必要となります。
この研修では、会計知識のうち、一般のビジネスパーソンに必要な部分だけに特化してお伝えし、財務諸表から企業の利益構造を読み解き方を知っていただくとともに、利益拡大につなげるためのKPI設定の方法を学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①財務諸表に基本的な読み方が理解できる
  • ②事業の収益構造を分析する方法が分かる
  • ③利益拡大につながるKPI設定の方法が分かる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.求められる経営者視点
    (1)事業において利益を確保することとは
    【ワーク】企業にとって、利益とはどういうものだと思うか
    ①企業にとって利益は「存続の条件」
    ②売上は掴みやすいが利益は掴みづらい
    (2)「入」と「出」で考える利益の構造
    (3)短期利益と長期利益
    ①「長期利益」優先には高度な判断力が必要
    ②しくみ化と意識付けで「短期利益」を確保する
講義
ワーク
  • 2.財務諸表の基本を知る
    (1)ビジネスパーソンにとって必要な会計知識とは
    ①P/Lは会社の成績表
    ②実務に携わる者が意識すべき項目
    (2)損益計算書とは
    【ワーク】もし、あなたが業務の中で「損益計算書」を見る必要があるとすれば、どのような場面での必要性が想定されるか
    ①貸借対照表の構造
    ②貸借対照表のチェックポイント
    (3)貸借対照表とは
    【ワーク】もし、あなたが業務の中で「貸借対照表」を見る必要があるとすれば、どのような場面での必要性が想定されるか
    ①3つのキャッシュの流れで診断する
    ②フリーキャッシュフローとは
    (4)キャッシュフロー計算書とは
講義
ワーク
  • 3.管理会計で見る事業の収益性
    (1)損益分岐点とは
    ①変動費の管理
    ②固定費の管理
    ③損益分岐点の把握
    【ワーク】損益計算書を使って、損益分岐点売上高を算出してみる
    (2)損益分岐点分析とPL(損益計算書)
講義
ワーク
  • 4.自部署の利益拡大のために
    (1)あらためて考える自部署の利益構造
    ①まずは売上高を増やす
    ②変動費の抑制は売上増とセットで考える
    ③固定費のうちコントロール可能なものを選ぶ
    【ワーク①】自部署の活動を通じて利益拡大を図るために、「売上高」、「変動費」、「固定費」のそれぞれに対して、どのようなアプローチを行うことが必要かを考えてみる
    (2)利益拡大のための行動指標 ~KPIの設定
    ①活動管理に不可欠なKPI重要業績評価指標(KPI)
    ②行動修正につながるKPIの設定とは
    【ワーク②】自部署の「利益」に大きくかかわる「売上高」、「変動費」、「固定費」をコントロールするために、それぞれに対してどのようなKPIを設定すればよいか考えてみる
    (3)自分自身の個人実績を振り返る
    【ワーク③】ワーク②で設定したKPIに対し、現時点での自部署(または自分自身)の実績を概算値として記入してみる
講義
ワーク
  • 5.まとめ
ワーク

6143

企画者コメントcomment

「管理職ならば、財務諸表の読み方くらい知っておかないと……」とよく言われますが、実際には会計知識の多くは日々の仕事と直接関わりがない要素も少なくなく、何となく敬遠しがちな分野であることは否めません。
そこで、管理職の皆さんが普段関心を持って携わっている「目標の達成」と、会計の目的である「利益の見える化」とを結びつけ、興味を持って受講いただけるような財務研修が企画できないかと考えて作られたのが本研修です。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.8%

講師:大変良かった・良かった

96.8%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2021年12月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今まで漠然と見ていた財務諸表の見方が変わりました。経営視点の考えで、業務に取り組んでいきたいと思います。
  • 研修を通して、「利益を生む」ために必要な要素が理解できました。日々の業務も、個人レベルにまで目標を落とし込みます。
  • 経営分析に活かします。自部署のKPIをしっかり設定し、数字を意識して業務を遂行します。

実施、実施対象
2021年11月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今後は管理会計の意識をしっかり持ち、KPIの深堀りをするようにします。担当部署の売上や利益だけでなく、会社全体を見る視点を意識したいです。
  • 財務諸表の基本的な見方を学べましたので、この機会に現在関わり合いのある会社の財務状況などを確認します。
  • 新しいサービスを企画するにあたり、固定費や変動費等を意識しながら、サービススペックやサービス提供価格を設定したり、営業がどの程度までなら割引してよいか等の設計をしていこうと思います。

実施、実施対象
2021年10月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の業務がどの数字に影響しているかを意識し、それに伴うKPIへの意識も持つようにします。自らの業務がどのように利益構造にかかわっているかを考える良いきっかけとなりました。
  • 財務諸表を読んで企業の利益改善のための取り組みを行う際、自分の目線だけでなくターゲットとするステークホルダーを意識します。
  • 個々のエッセンスを散りばめた研修内容でとても有用でした。今まで何となくとしか活用できていなかったものが明確になり自信となりました。今後もブラッシュアップをして自分を高めていきます。
  • 利益構造を把握し、自らの業務がどのような利益構造にかかわっているかを意識しながら進めることが重要だと感じました。利益への意識が低いことが課題なので、今後は組織内の教育にも活かします。
  • KPIを設定するにあたり何を考慮すればよいのかということが理解できました。貸借対照表の見方をとKPIの設定のポイントをもう一度よく見直し、計画策定時に役立てます。

実施、実施対象
2021年9月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 頻繁に見ていた損益計算書だけではなく、貸借対照表やキャッシュフロー計算書の重要性も理解できました。営業の中で経営者と商談する機会も多いため、学んだことを活かします。
  • 特に損益分岐点についての理解が深まりました。管理会計の知識を使って自部署の活動改善につなげていきます。
  • 部下に対して、財務会計の部分を意識した指導や教育が実施できるように努めます。合わせて、原価圧縮に向けてできる取り組みを考えていきます。

実施、実施対象
2021年8月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
81.8%
講師:大変良かった・良かった
90.9%
参加者の声
  • 売上のKPIを項目毎に細分化して管理します。今後は自社の経営状態を意識して、何事も数値化して管理します。
  • 月次の受注・売上と各種費用の対比、原価計算等の作成業務や管理業務の際に学んだことを活用します。特にKPIの設定についてしっかり検討し、利益拡大につなげます。
  • 財務帳票の見方が分かりました。貸借対照表やキャッシュフロー計算書に対する洞察をより深めたいと思いました。
  • 自部署の貸借対照表を作成し、客観的に分析します。今までにない視点で、課題や改善点に気づけるようになりたいです。
  • 自社の財務諸表を理解すること、自部署事業の損益分岐点を確認すること、重要な因子を確認し数字で管理することの3点を意識します。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
96.8
講師がとても良い・良い
96.8

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修