loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(リーダー向け)財務基礎研修~利益構造を理解し、成果につながる行動指標を考える

(リーダー向け)財務基礎研修~利益構造を理解し、成果につながる行動指標を考える

ビジネスパーソンにとって「これだけは知っておきたい」という財務の基礎知識とその生かし方を学ぶ

研修No.2500400

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

・管理職の方など、部門の収益に責任を負う立場にある方
・個人成績の収益性を問われる営業職の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 売上目標は意識しても、利益目標を意識することはほとんどない
  • 何度勉強しても財務諸表の見方がイマイチしっくりと理解できない
  • 利益を意識した活動とKPI管理がどう関係しているのかがわからない

研修内容・特徴outline・feature

ビジネスパーソンにとって、財務諸表が読めることは様々な面でアドバンテージとなります。しかし、経理や財務部門の人と同じレベルで会計知識を身に付けようと思えば、かなりの学習量が必要となり、その定着のためには継続的にそれらに「触れ続けること」が必要となります。
この研修では、会計知識のうち、一般のビジネスパーソンに必要な部分だけに特化してお伝えし、財務諸表から企業の利益構造を読み解き方を知っていただくとともに、利益拡大につなげるためのKPI設定の方法を学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①財務諸表に基本的な読み方が理解できる
  • ②事業の収益構造を分析する方法が分かる
  • ③利益拡大につながるKPI設定の方法が分かる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.求められる経営者視点
    (1)事業において利益を確保することとは
    【ワーク】企業にとって、利益とはどういうものだと思うか
    ①企業にとって利益は「存続の条件」
    ②売上は掴みやすいが利益は掴みづらい
    (2)「入」と「出」で考える利益の構造
    (3)短期利益と長期利益
    ①「長期利益」優先には高度な判断力が必要
    ②しくみ化と意識付けで「短期利益」を確保する
講義
ワーク
  • 2.財務諸表の基本を知る
    (1)ビジネスパーソンにとって必要な会計知識とは
    ①P/Lは会社の成績表
    ②実務に携わる者が意識すべき項目
    (2)損益計算書とは
    【ワーク】もし、あなたが業務の中で「損益計算書」を見る必要があるとすれば、どのような場面での必要性が想定されるか
    ①貸借対照表の構造
    ②貸借対照表のチェックポイント
    (3)貸借対照表とは
    【ワーク】もし、あなたが業務の中で「貸借対照表」を見る必要があるとすれば、どのような場面での必要性が想定されるか
    ①3つのキャッシュの流れで診断する
    ②フリーキャッシュフローとは
    (4)キャッシュフロー計算書とは
講義
ワーク
  • 3.管理会計で見る事業の収益性
    (1)損益分岐点とは
    ①変動費の管理
    ②固定費の管理
    ③損益分岐点の把握
    【ワーク】損益計算書を使って、損益分岐点売上高を算出してみる
    (2)損益分岐点分析とPL(損益計算書)
講義
ワーク
  • 4.自部署の利益拡大のために
    (1)あらためて考える自部署の利益構造
    ①まずは売上高を増やす
    ②変動費の抑制は売上増とセットで考える
    ③固定費のうちコントロール可能なものを選ぶ
    【ワーク①】自部署の活動を通じて利益拡大を図るために、「売上高」、「変動費」、「固定費」のそれぞれに対して、どのようなアプローチを行うことが必要かを考えてみる
    (2)利益拡大のための行動指標 ~KPIの設定
    ①活動管理に不可欠なKPI重要業績評価指標(KPI)
    ②行動修正につながるKPIの設定とは
    【ワーク②】自部署の「利益」に大きくかかわる「売上高」、「変動費」、「固定費」をコントロールするために、それぞれに対してどのようなKPIを設定すればよいか考えてみる
    (3)自分自身の個人実績を振り返る
    【ワーク③】ワーク②で設定したKPIに対し、現時点での自部署(または自分自身)の実績を概算値として記入してみる
講義
ワーク
  • 5.まとめ
ワーク

6143

企画者コメントcomment

「管理職ならば、財務諸表の読み方くらい知っておかないと……」とよく言われますが、実際には会計知識の多くは日々の仕事と直接関わりがない要素も少なくなく、何となく敬遠しがちな分野であることは否めません。
そこで、管理職の皆さんが普段関心を持って携わっている「目標の達成」と、会計の目的である「利益の見える化」とを結びつけ、興味を持って受講いただけるような財務研修が企画できないかと考えて作られたのが本研修です。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

82.4%

講師:大変良かった・良かった

93.9%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年3月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 現場では売り上げを見ていたが、売り上げだけでは会社の状況はわからないと理解しました。自部門のKPIをあらためて捉え、どう行動に移すかも自分なりに考えていきます。
  • 財務諸表の分析を顧客の財務状況の分析と、自営業所の経営、特にKPI設定に活かしていきます。
  • 固定費・変動費を理解することで会社としてインパクトが大きい費用を意識できるようになり、現場からも改善など取り組みができると感じました。

実施、実施対象
2021年2月     21名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.2%
講師:大変良かった・良かった
95.2%
参加者の声
  • 特にBSの理解が深まったことが非常に有意義だった。KPIも今日の研修を一通り振り返り、適切な指標を設定したい。
  • 会社の基本となる財務について触れられました。自身の立ち位置と役割を見つめなおし、日々の営業活動に活かせるように業務に取り組む意識を変えていきます。変えることで結果を向上、利益を拡大させるように努力します。
  • 全ての項目について業務に落とし込めますが、特にKPIおよび固定費と変動、固定費から変動費への転換については理解しているようで上辺だけだったことに気がつきました。
  • 建築業界における原価計上方法を理解することができ、今後得意先のBSを分析するにあたり、大いに活かせそうです。また、KPIの重要性に気づかされました。最適なKPIを模索、設定する事がマネージャーの力量である事を肝に銘じ、今後仕事を進めていきます。
  • 内部監査を担当する者として、KPI設定に関して改善の提言ができるように習熟する。また、財務諸表の分析が出来るようになることで、監査対象部門やテーマの選定に活かして、経営に資する監査を目指したい。

実施、実施対象
2021年1月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自社の財務諸表を改めて見て、取引先や会社の状態を見てみます。
  • 本日学んだことを、委託の際の企業審査や、数値化したKPIを共有する組織運営に活かします。
  • 今後は、KPI数値目標を営業活動につなげていきます。本日は、これまで全く知らなかった分野を学ぶことができて大変勉強になりました。

実施、実施対象
2020年11月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
80%
講師:大変良かった・良かった
80%
参加者の声
  • 普段見ることの少ない財務諸表の見るべきポイントを分かり易く教えてもらったので定期的に見る機会をつくる。利益を出すには売上を拡大する以外にもさまざまなアプローチ方法があることが理解できた。
  • 会社からは固定費削減指示が多く嫌気がさすこともありましたが、この研修を受講して経営陣が何を考えているのか理解できました。部下にも周知していきたいと思います。
  • 固定費が増えると売り上げを増やす必要がある、と当たり前の事ですがロジックとして理解することができました。安易に人件費を増やすのではなく、変動費を維持したまま売り上げ増に繋げる思考に繋げていきたいと思います。
  • 会社の利益貢献にのために、KPIのモニタリング・改善が重要であることを再認識しました。COVID発生後モニタリングできていないことが多かったため、再開したいです。

実施、実施対象
2020年10月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
80%
講師:大変良かった・良かった
80%
参加者の声
  • バランスシートを見るポイントを明確に教えていただいたので、今後の業務に活かすことが出来ると思います。得意先の危機管理をしっかりしていきたいです。
  • 自分自身のKPIを設定するとともに、他の部門へ経理としてどう関わっていけば会社の利益につながるのかを考えていきたいと思います。経理という業務柄、細かい数字が気になってしまいますが、他部門に関しては細かい数字は気にせずに大きい数字でアプローチをした方が良いと気づきました。
  • 財務諸表を眺めるのではなく読み込みたいと思います。リーダー向けという事で、ただ財務諸表を解説するのではなく、ポイントを押さえた実践的な内容で良かったと思います。財務諸表を軸に、利益の考え方やどうアクションを起こすべきか、といった事が具体的に学べました。
  • 財務諸表で取引先やパートナー等の状況を把握することや、自担当の業務進捗のマネジメントに活かしていきたいです。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
82.4
講師がとても良い・良い
93.9

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修