loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

プレゼンテーション研修

プレゼンテーション研修

自分の特徴・課題を客観視し、相手を動かすプレゼンテーションの3つの要素を徹底的に習得

研修No.1200000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 新入社員
  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・自らのプレゼンテーションの仕方を確認し、問題点を改善したい方
・分かりやすい話し方を習得したい方
・お客さまや上司、メンバーに対して、短時間の説明で納得してもらうような機会が多い方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 初めてのプレゼンテーションを成功させたい方
  • 内容を整理しながら話すことが苦手で、聞く側に意図が伝わっていない
  • 商品やサービスなどの説明を、もっと魅力的にプレゼンテーションできるようになりたい
  • 自分のプレゼンスキルに自信を持ちたい

研修内容・特徴outline・feature

プレゼンテーションの目的とは、相手に情報を提示し、理解・納得を得た上で、行動を起こしてもらうことです。そのため、本研修では以下の3要素を柱に学んでいただきます。

<研修のポイント>

  • ・伝える内容~話の構造を整理する方法、内容を効果的にする話の展開方法
  • ・伝える技術~間の取り方やスピードなど、「伝える」コツや配慮すべきポイント
  • ・伝える手段~プレゼンテーション資料の効果的な使い方

<ワークのポイント>
講義を通して「伝える」ための内容・技術・手段について学んでいただきます。その上で、撮影した自分のプレゼンテ-ションを見ることにより、客観的に自分を振り返り、改善点を発見していただきます。研修の終わりに、総合演習として改めてプレゼンテーションを行い、学んだ知識をアウトプットしていただきます。

※ビデオカメラを使用して演習を行う場合もございます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①「プレゼンテーションの成功」が、聞き手の理解・納得を得ることだと理解する
  • ②聞き手が理解しやすいように、話の展開を整理して伝えることができる
  • ③聞き手を配慮した「姿勢」「態度」「表情」「声の大きさ」「間の取り方」「スピード」で話すことができる
  • ④聞き手・プレゼンテーションの目的に応じた事前準備ができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.「伝える」とはどういうことか
    【ワーク】自己紹介をする
    (1)なぜうまく伝えられないのか 
    (2)伝えるために必要な要素とは
講義
ワーク
  • 2.「伝えるべき内容」を整理する
    (1)何が話を分かりづらくしているのか 
    【ワーク】文章を読み比べ、わかりやすさを比較
    (2)伝える内容を構造化する
    (3)階層的に整理する
    (4)展開を考える
講義
ワーク
  • 3.「伝える技術」を身につける
    (1)「話すこと」特有の難しさとは
    (2)「話す」にあたっての注意点
    (3)プレゼン本番までの3ステップ
    (4)姿勢・態度・表情
    (5)声について
    (6)間(沈黙)のとり方
    (7)話すスピード
    (8)分かりやすい話し方のコツ
    (9)聞き手との境界線をなくす
    (10)相手に配慮する
    【ワーク】プレゼンテーションを行う際に配慮すべきこと
講義
ワーク
  • 4.「伝える手段」を選択する
    (1)状況に応じた「手段」の選択 
    (2)プレゼンテーション資料の効能
    (3)プレゼンテーション資料の作成における留意点
    (4)プレゼンテーション資料の使い方
講義
  • 5.総合演習 ~プレゼンテーションの実践
    【ワーク】テーマを一つ選択し、プレゼンテーションをしましょう
    ■テーマ1 「仕事紹介」
    ■テーマ2 「気になったニュース」
ワーク

企画者コメントcomment

プレゼンテーションが苦手な人の多くが、難しい資料を使って一生懸命解説しようとする傾向にあります。 そこでプレゼンテーションの本質を改めて見直していただき、「わかりやすく伝える技術」を習得していただくために、本研修を開発いたしました。研修の受講を通じて、苦手意識を払しょくしていただければ幸いです。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

99.6%

講師:大変良かった・良かった

99.3%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年6月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 簡潔に内容を伝えることはもちろん、間のとり方や身ぶり手ぶりなど、聞き手を飽きさせない工夫を心掛けていきたいと思います。
  • 学んだことを活かし、相手に伝えるだけでなく、相手に理解・行動してもらうことを目的として、話してみます。お客さまに提案をする際に、納得してもらえるような提案になるよう順序立てて話します。
  • 業務上の改善提案や、日々の上司への報告・相談に活かします。また、笑顔でトーンを上げて話すことで緊張をほぐす面もあると知ったので意識します。
  • 相手の立場に立って話すことや、話の展開を考えて説明することを意識します。目的は相手を動かすことであるという点を頭において、話を進めていきます。

実施、実施対象
2021年5月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 話を階層に分けること、文と文の関係性を明確にすること、突発的な質問に対する対処の仕方など非常に参考になりました。
  • 業務で、複数の人相手に研修トレーナーとして、プレゼンテーションをする機会があります。わかりやすく、相手に情報を伝えることを意識して臨みます。
  • プレゼンテーションの方法はもちろん、自分の話し方の癖なども意識して、報告会などに活かします。

実施、実施対象
2021年3月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • これまで、ただ漠然と資料を作っていたので、事前にストーリーを考えてから作成をはじめる、というところが勉強になりました。グループディスカッションで、他メンバーの資料を知ることができよかったです。
  • 資料作成の際に参考にします。スマートアートの使い方、資料を閲覧する際の聴講者の目線の動き方を意識した資料作りを行います。
  • 業務で作成する資料は主に配付用なのですが、これを用いて説明することが多いため、投影用の要素も取り込んだ資料を作成するように心掛けます。
  • 今後の業務プレゼンテーションに使用します。会議資料作成の際にシチュエーションやターゲットを考えるように努めます。

実施、実施対象
2021年2月     28名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • 採用活動において、聞きやすく、印象に残るプレゼンテーションができるようにしていきます。プレゼンテーションをするにあたり、何よりも事前の準備が大切であると強く感じました。
  • 顧客へのプレゼンテーションや昇級試験の際に活かします。今の自分に不足している部分がわかったのでよい経験となりました。
  • 営業活動における顧客への提案時に活かします。実際に発表でき、自身の改善すべき点が見つかったので、実践していきます。
  • 今後のプレゼンテーションやユーザー訪問の際に活かしていきます。口癖や体の癖を直し、聞いている人に不快感を与えない発表ができるように改善します。
  • 相手のニーズを意識した資料作成と、話し方・伝え方を実践に落とし込みます。非常に充実した内容でワークも楽しかったです。

実施、実施対象
2021年1月     23名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.7%
講師:大変良かった・良かった
95.7%
参加者の声
  • 習うより慣れるという気持ちを忘れずに、社内でプレゼンテーションをするチャンスを活かします。配色や配置、フォントの大きさや色についても非常に参考になりました。
  • 資料作成の画像と文字のバランス、色の統一感などのコツを学んだので積極的に実践します。また、水平の考えを持つことにトライします。
  • いつも業績等を文字やグラフのみで作って資料にすることが多かったですが、他の受講者の資料と発表を見て、また講師のコメントを聞いて、画像や図、写真等を有効に使うことをイメージできました。
  • パワーポイント資料の作り方のコツや、聞き手の立場になって考えること、飽きさせない工夫をすることなどを特に活かしたいと思いました。
  • ただ資料を作るのではなく、相手にわかりやすく伝わることを考えて作りたい。「場数を踏む、ポイントをまとめる、ゴールを明確にする」の3点を意識する。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
99.6
講師がとても良い・良い
99.3

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修