上司が“唸る”Eメールの書き方~【社外向け】新社屋落成

お祝い状(新社屋落成 E-mail)

作成のポイント

原則として封書にて出状しますが、Eメールで通知があった場合には、Eメールでお祝いを述べてもよい場合があります。相手との関係を十分に考慮した上で、失礼のないように配慮しましょう。

株式会社○○○○
○○○○様

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、このたびは貴本社社屋がめでたく完工されました由、
おめでとうございます。
これもひとえに皆様が一丸となって築き上げられました
信頼と実績の賜物と存じます。
心からお祝い申し上げますとともに、貴社の今後ますますの
ご発展をお祈り申し上げます。

まずはご挨拶かたがたお祝い申し上げます。

以上

***************************************
■■株式会社総務部 鈴木一郎
TEL:○○-××××-△△△△(内線1234)
E-mail:[email protected]○○.co.jp
***************************************

本コラムをご覧の方におすすめの研修はこちら!

文書作成の基本を学び、演習で文書作成できる
→【公開講座】ビジネス文書研修
自宅でビジネス文書作成のポイントを学べる
→【教材販売】新人向けビジネス文書研修テキスト

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

ページトップへ


ビジネス文書通信添削

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        おすすめリンク

        直近の公開講座開催研修