社内文書 基本形

社内文書 基本形

番号をクリックしてください、説明書きに飛びます。

発06総-第15号
平成22年4月19日

○○部長

△△部 ** 印

○○○の件

○○○について、下記のとおりご連絡いたします。
なお、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

1.・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2.・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3.・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上

△△部 **

内線:1234

社内文書の種類

■連絡文書・・・通達、通知文、連絡文など
■報告文書・・・出張報告、調査報告、日報など
■その他 ・・・始末書など

①文書番号
発信者、発信時期などを記号化し、文書の位置づけを明確にする。
省略する場合もある。

②発信日
文書を発信する日付。(文書作成の日ではない)

③宛名

【敬称の使い方】

○○○○(個人宛、一般的)
○○部長殿(役職宛、丁寧な表現)
○○部御中(組織宛)
○○各位(多数の個人宛、「各位殿」など敬称をダブらせないこと)

注意:氏名に「御中」をつけないこと。

④発信者
宛名より1行下げて記入する。
発信者名(部課長名、個人名)を誰にするか、用件の内容によって判断する。
基本的には権限・責任をもつ者の氏名になるので、社内の権限規定を把握しておく必要がある。

⑤件名(標題)
本文の趣旨を簡潔・明確に表現する。

⑥本文(主文)
あいさつなどは省き、すぐに用件にはいる。
趣旨が正確に伝わるように、簡潔で読みやすい表現を心がける。
記書きについて記す場合は、「下記のとおり」などと書く。

⑦記書き
複数の用件が続く場合は、「記」として別途箇条書きにしたほうがわかりやすい。

⑧結び
右下に必ず「以上」でしめくくる。

⑨担当者名
発信者と担当者が異なる場合に記す
問い合わせのために氏名と連絡先を書く。

本コラムをご覧の方におすすめの研修はこちら!

文書作成の基本を学び、演習で文書作成できる
→【公開講座】ビジネス文書研修
自宅でビジネス文書作成のポイントを学べる
→【教材販売】新人向けビジネス文書研修テキスト

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ



公開講座
1名様からご参加いただける公開講座のビジネス文書研修で、上司が唸る文書の書き方を習得していだけます!

「唸る」書き方シリーズ
上司が「唸る」議事録の書き方
上司が「唸る」報告書の書き方
上司が「唸る」日報の書き方
上司が「唸る」お詫び状の書き方
ビジネス文書文例集
【番外コラム】頭語と結語の使い方


階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気研修10テーマ
クレーム対応研修
OJT研修
ビジネス文書研修
プレゼンテーション研修
評価者・考課者研修
業務改善研修
コミュニケーション向上研修
タイムマネジメント研修
メンタルヘルス研修
CS・接遇研修

今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

お仕事歳時記

スピード見積もり

インソース採用情報

INSOURCE TOPIC