上司が“唸る”Eメールの書き方~【社内向け】指示への返信(長文)

指示への返信(長文)

シチュエーション

・**マネージャーの営業訪問に同行
・帰社後、マネージャーからメールで、次回訪問に必要な提案書の作成指示と、参考になる過去の資料を添付ファイルで受信

作成のポイント

・同行そのものや、具体的に勉強になったこと、特に新人の方であれば、仕事を覚えるのに適している提案書作成の機会をいただいたお礼を書きましょう
・お礼の言葉は「ありがとうございます」「御礼申し上げます」などバリエーションがあると機械的、単調にならず、よみやすい文面になります

件名

【御礼】◆◇社 〇▲◇提案書参考資料の件

** マネージャー

お疲れさまです。△△です。
本日は、◆◇社への訪問に同行させていただきましてありがとうございます。
**マネージャーのプレゼンテーションや立居振舞を拝見し、
また◆◇社への理解も深まり、大変勉強になりました。

この度は、提案書作成の機会ばかりか、参考資料までいただき
重ねて御礼申し上げます。

不明な点が出てまいりましたら
個別にご質問をさせていただくこともあるかと思います。
まずは、提出書作成に注力いたします。
引き続きよろしくお願いいたします。

※署名省略

※これはいただいたメールへの返信のケースです。
目上の方に同行いだたいた場合、本来は対面で、口頭でお伝えすることがベターです。

<豆知識>

・文末に「今後ともご指導ご鞭撻のほど。。。」と書くのは 多少、大げさな印象を与えます。 それよりも、この案件、広い意味では仕事に対する姿勢、意気込みが感じられると上司、先輩からの印象がよくなります

・「がんばります」に似た表現例
注力いたします/全力を尽くします

本コラムをご覧の方におすすめの研修はこちら!

メール作成における基本的な知識と流れを学べる
→【公開講座】ビジネスEメールの書き方研修
メールにてお客さま対応をするためのスキルを学べる
→【公開講座】Eメールの書き方研修~顧客満足度を高める編

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

ページトップへ


ビジネス文書通信添削

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        おすすめリンク

        直近の公開講座開催研修