上司が"唸る"英文eメールの書き方

英文メールの基本構成

英文メールでは、日本語のメールや英語の手紙文のように固い文章ではなく、よりフレンドリーな、形式ばらない書き方が一般的です。

用件と関係のない形式的な挨拶やお礼などは省略します。会話調の文面がメインであるEメールにおいて丁寧すぎると、相手には親しみにくい、冷たい印象を持たれるものです。

英文eメール書き方

英文メール作成のポイント

メールの宛先

メールアドレスを間違えないように、必ず複数回チェックしましょう。これは使用する言語に関わらず共通です。

件名

日本語のEメール同様、簡潔に書きましょう。一般的に用件を表す名詞+前置詞句の形で書かれます。

例:
商品Aに関する問合せ Inquiry about A
商品Aの資料請求について Request for the information on your product A
商品Aの見積り依頼の件 Price Quotation for A
新しいプロジェクトに関するアポイントメントの件 Appointment to discuss the new project

送信先の宛名 (起句 Salutation)

一般的にお客さまの社名、所属などについてはEメールでは書きません。
頭語とフルネームで簡潔にします。
社内メールであれば、頭語とファーストネームが一般的です。

例:
社外 Dear Mr./Ms. Smith
社内あるいは何度もやり取りしている親しい相手 Dear Eric, Hi Eric
Hi はDearよりインフォーマルな表現
(*手紙文では Dear Mr/Ms. Smith と書きます。)

書き出し

時候の挨拶は必要ありません。また日本語のEメールとは異なり、名乗りや「いつも大変お世話になっております。」などのような前置きを省略し、すぐに用件に移ります。ただし、初めてメールをする場合などはI'm Yuko Takahashi, the finance department at ABC.のように名乗ります。

本文

日本語のEメールと同じように具体的にかつ簡潔に伝えます。

・曖昧な表現は避ける
例:in a few days → within two days
as soon as possible → by 3 p.m. on April 6th

・冗長な表現は避ける
例: ~について as to → about
しばしば in many cases → often / frequently

・肯定的に表現する
例:You can't cancel your order after March 11.
→You can cancel your order on or before March 11.

・差別のない表現PC(Politically Correct)を使用する
例 Mrs./Miss. → Ms.
chairman → chairperson/chair
salesman → salesperson
前出のEveryoneを受ける代名詞
his → their   him → them

場合によっては一言添える

日本語では冒頭に添えるあいさつ文「いつもお世話になっております。」「先日はありがとうございました。」などに代わる一言を末尾に記載することもあります。ただし、絶対に必要なものではありません。あくまでもビジネスに関連することが中心となります。

例:
ご協力に感謝します。 Thank you for your cooperation.
お返事をお待ちいたしております。 I look forward to your reply.
何か質問がありましたら、どうぞご遠慮なくご連絡ください。
Please do not hesitate to contact me if you have any questions.

結句(Complimentary close)

結びの言葉です。結語のあとに名前を添えます。

例:
Best regards, Thanks, など
(よりフォーマルなものとしてSincerely(前もしくは後ろに Yoursをつけるとさらにフォーマル) Truly yours, Yours faithfully など)

署名

会社名・所属・名前や、Eメールアドレスや電話を記載します。ただし、何度もやり取りをしている場合などは省略すること場合もあります。

英文メール~注意事項

日本語のEメール同様、文字化けする文字の使用は控えましょう。
例:○ △ □ ~ など

本コラムをご覧の方におすすめの研修はこちら!

文書作成の基本から英文eメールの「型」「書き方」まで学べる
→【公開講座】ビジネス文書研修
自宅でビジネス文書作成のポイントを学べる
→【教材販売】新人向けビジネス文書研修テキスト

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ



公開講座
1名様からご参加いただける公開講座のビジネス文書研修で、上司が唸る文書の書き方を習得していだけます!

「唸る」書き方シリーズ
上司が「唸る」議事録の書き方
上司が「唸る」報告書の書き方
上司が「唸る」日報の書き方
上司が「唸る」お詫び状の書き方
ビジネス文書文例集
【番外コラム】頭語と結語の使い方


階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気研修10テーマ
クレーム対応研修
OJT研修
ビジネス文書研修
プレゼンテーション研修
評価者・考課者研修
業務改善研修
コミュニケーション向上研修
タイムマネジメント研修
メンタルヘルス研修
CS・接遇研修

今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー