上林憲雄教授 講演録「人的資源管理の流れ」

上林憲雄教授 講演録「人的資源管理の流れ」
 

5.「ビジネス教育とMBA」

◆大学におけるビジネス教育の実際◆

大学におけるビジネス教育に関しては、私の所属しております神戸大学でも、MBAのコースをやっておりまして、私自身も人材マネジメントのコースを教えています。かつては、「できるだけ白紙で、大学では何も教えないでわが社へ送り込んでください」「大学ではいろいろな事を教えないでください。余計なことを教えられても、全然役に立ちませんから」などのご意見が企業側にありました。

しかし最近は、職場を離れた教育訓練、体系的教育が特に重要視される傾向にあります。かつての上司が隣に立って見よう見まねで教えていたOJT、これは今でも重要なんですが、それに加えて、Off-JTと呼ばれるMBAなどのビジネス教育などにも注目が集まっています。OJTとOff-JTの二つの違いですが、どちらかというと、OJTの方が暗黙知的なところを教えるもの、Off-JTが体系的な、客観的な教育という点で特徴が異なると思います。

ここで少しMBAの話に触れると、私の教えている大学でも経営学部という学部があって、経営学を教えていいます。しかし、学部レベルで経営学を教えるというのは、非常に難しいです。学部では難しいんですが、大学院レベルでは、MBAの教育という形で、実際に仕事を持っておられる方が働きながらたくさん通っていらっしゃいます。そんな中、MBAを始めとするビジネス教育に関する研究で、わかってきたことがあります。

◆日本とアメリカのビジネススクールの違い◆

それは、日本のMBAは、アメリカのビジネススクールとはかなり異なっていて、必ずしも、すぐに実務上に使えるような知識を教えるものではありません。アメリカは、「プラグマティズム」(実証主義)の国ですから実際に役に立つことや、短期的に役に立つことを非常に重視します。日本のMBAはもうちょっと学問的なところから入っていくのが主流です。

日本における経営学というのは、社会科学の領域になりますが、アメリカ人の経営学の教授なんかに社会科学の話をすると、ちょっと変な顔をしますね。それは、あくまでビジネスはビジネスじゃないかということなんですね。だからアメリカでは、経営学を社会科学の教育的領域という風には捉えていないんです。

根本的に日本とどこが違うかというと、アメリカというのは短期志向なんですね。短期で結果を追い求めるという短期志向。もちろんそうじゃないというところもあると思いますが、簡単に分けるとそうなります。対して日本の大学での経営学教育は、長期に雇用されるということを前提するので、結果に行く前のプロセスの部分も重視するという形になっています。

また、アメリカのMBAの学生さんと、日本の学生さんとでは、通う目的も大きく違います。アメリカではMBAは社会的に通用した資格ですから、MBAをとったら高い給与が約束されています。

MBAを取得して違う職に就く。MBAの取得は転職のための手段として考える傾向がアメリカでは非常に強いんですが、日本の場合は、企業派遣をされている方の話を伺いますと、ほかの会社、たとえば同業他社、もし業種が違ったとしても、ほかの会社とのコネクション、あるいはコミュニケーションができるようになるんじゃないか、という期待を持っているようなんですね。そういう目的から学生さんを派遣しているところが、日本の企業では非常に多いですね。MBAの期間は一年半かせいぜい二年なんですが、MBAのコースを卒業しても何らかの形でコンタクトを、コネクションを持ちながらずっと情報交換していくというケースが非常に多くて、それがビジネス上も役に立っている、ということです。

だから、日本におけるMBAというのは、今のところ、情報交換、あるいは他社の情報を仕入れる目的で来ている学生さんが多いんですね。

ページトップへ

「人的資源管理の流れ」一覧

ページトップへ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

ページトップへ

おすすめサービス

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

動画百貨店ランキングページ

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

直近の公開講座開催研修