上林憲雄教授 講演録「人的資源管理の流れ」

上林憲雄教授 講演録「人的資源管理の流れ」
 

6.「全社レベルでの人事マネジメント」

◆「コーポレート・ガバナンス」 (Corporate Governance、企業統治)◆

最後に、「(3)全社レベル」ですが、ここ数年、「コーポレート・ガバナンス」 (Corporate Governance、企業統治)と、先ほどから再三出ている「ヒューマン・リソース・マネジメント」がホット・トピックスとなっています。

内部統制や企業の不正を防止する「コーポレート・ガバナンス」 (Corporate Governance,企業統治)が注目されているのは、昨今の企業の不祥事、例えば最近特に話題になっている食品偽装の問題や、会計のごまかし(粉飾決算や横領など)などの違法行為、不正行為を起こさない人材を育て上げる、あるいは採用することが重要な問題として取り上げられているためです。

その影響もあり、最近では「人的資源管理」のトピックスのなかにガバナンスの話なんかを入れるケースも増えてきていますね。どういう風に、経営者の不祥事をなくすのか、ということ。これは実務的には非常に大事な話だと思います。

それから、本社人事部と事業所人事部の関係ということも、重要なトピックの一つです。特に大きな会社は、人事において、かなり現場レベルあるいは実務レベルでの権限委譲がされているんですが、そこで本社人事部と事業所人事部の関係をどのように構築するのか、ということも最近よく取り上げられています。

◆ワーク・ライフ・バランスには長期的思考が必要◆

それから、「ワーク・ライフ・バランス」の議論ですね。皆さんの会社でもこの手の議論をされていると思いますが、皆さん経営者の方々は、懐疑心を持ちながらというか、眉につばをつけながらこの言葉をお聞きになることが多いと思います。一体、どのように分析することができるんだろうかと。実は私も今、実務の方々と研究会やっていますので、そのあたりの話を踏まえてお話させていただきたいと思います。

「ワーク・ライフ・バランス」については、女性の産休や育休との問題と絡めて議論されることが多いんですが、実はこういった大きな環境の変化を迎える時期の女性に限らず、すべての従業員に関わる問題なんです。

これは私の独断と偏見なんですが、今の「ワーク・ライフ・バランス」の議論は、一「労働時間短縮の問題」に成り下がっているように思うのが少し残念です。一時「時短」が叫ばれた時代がありましたが、今言われているワーク・ライフ・バランスは、それとよく似た状態になってしまっているなあ、と感じます。しかし、せっかく「ワーク・ライフ・バランス」というからには、仕事の進め方という中身の問題に手をつけなければならないと私なんかは考えてしまうんです。ただ、今の議論では、ワークとライフは完全に分離できるというのが大前提になってしまっていますが、本当にそうでしょうか?

例として挙げるのが自分のことで申し訳ないんですが、私なんかワークとライフをわけるなんて、どうしてもできないんですね。自宅でも仕事をします。メールも見ます。時間をかけます。だけど、仕事でも楽しんでいるので、それは仕事時間なのか、遊び時間なのか分けられないんです。

つまり、西洋でいうところでワーク・ライフ・バランスのワークという言葉には、骨折りでしんどいという前提があるんですね。仕事とは疲れるもの、レイバーだと。その逆でライフというのは自分の好きなことをしてエンジョイするものだと。だけどそうじゃないでしょう、と私は考えているわけですね。

さっき「職務再設計」の話をしましたが、そこでも話の中心になってきているのが、「仕事を楽しくする」というところなんです。仕事に"遊び"的な要素を入れて、楽しいものへと変えていく。実はやりがいのある仕事というのはそういうものだと思います。時間を短くすれば「ワーク・ライフ・バランス」かといえば、決してそんなことはないと思っています。

それから、「ワーク・ライフ・バランス」の議論が混沌としているのは、短期的な視点と長期的な視点が混在しているためでもあります。短期的な視点で見れば、時間を短縮したり、ライフのことをちょっと考えたりすると、一時的には生産の効率は下がることもありえます。しかし、長期的に見ると―――その長期が何年先かというのが難しいところですが―――効率は上がってきます。仕事が楽しくなると生産性は上がっていきますから。こういう、最初は下がってだんだんあがっていく、Jの字に似た動きこれをJ字カーブというんですが、それはいろんなことで起こる現象じゃないかと思うんです。ワーク・ライフ・バランスについてもそれは言えるんではないかと。

ですから、人事部の皆さんも、ワーク・ライフ・バランスというのは短期的に見たら眉唾ものかもしれませんが、長期的に見ると、つまり人間を育てるという広い目で考えると、決して眉唾ものとは言えない、重要なことだと私は考えています。いうならば、人のトータル・ライフを考慮してのバランスですね。トータルバランスなので、何も今この時点で全員がバランスを取らなくてもいいわけなんですよ。人生それぞれ、バランスのとり方もそれぞれなんですね。今はバリバリ働きたいけど、後ちょっとしたらのんびりしたい。そういうバランスもあると思います。トータル・ライフを考慮した上でのバランスですから。そういうところで、キャリアという長期的な視点での考え方が重要になってきます。

ページトップへ

「人的資源管理の流れ」一覧

ページトップへ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

ページトップへ

おすすめサービス

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

動画百貨店ランキングページ

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

直近の公開講座開催研修