技能職員向け研修

技能職員向け研修

業界特有の人材育成事情

技能職員は、より住民の皆さまと接する機会が多いため、技能職員としてのCS・接遇力、ホスピタリティの精神やクレーム対応能力の向上が、今まで以上に求められています。基本的な応対マナーのみならず、住民の皆さまからいつも見られているという視線を意識したうえでの行動が求められます。 また今後、総合職として、キャリアアップを図るためのスキルアップ研修もご用意しております。

■住民を意識した上での行動が求められる

ポイントはいかに住民の皆さまからの視線を意識したうえで、節度ある行動ができるかです。
①住民の立場になり、自分達が何を求められているのかを知る
②住民の期待を上回る行動を体現するための考え方を理解する
③実践的なロールプレイングやケーススタディを通して、「現場で活かせる」スキルの体得、計画の立案を目指す

■総合職へキャリアアップ用研修の狙い
①OAスキルや文書作成スキルを習得し、苦手意識を克服する
⇒OA研修や文書研修
②総合職として求められる役割を考え、今後の自身のキャリアプランを作成する
⇒キャリアデザイン研修
③総合職として、今後実践してみたい企画(政策形成)を考え、主体的な考えと問題意識の観点の定着を図る
⇒政策形成研修

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

研修ラインナップ

インソースの技能職員向け研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

豊富な実績

1年間の総受講者数
9,232

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

90.7%

講師:大変良かった・良かった

89.1%

※2017年10月~2018年9月

受講者の声

  • 住民の伝えたいことを理解することの大切さ、そのつど聴くスキルの大切さを学んだ。思いやりのある対応ができるように努力したい。
  • 思ったよりも堅苦しくない研修でよかった。言葉の使い方の大切さを感じた。日常生活に役立てていきたい。
  • わかりやすい言葉で自分の経験を取り上げながら、初めて会う方との接し方を基本から学ぶことができてよかったです。
  • 私はあと数年で退職する予定です。これまでの経験で得た知識技能は部下職員に伝承することが今後の任務と考えています。今日の研修で伝承の重要性を再認識するとともに、今回の研修で得た知識(資料を活用しながら)を生かして実際に資料を作成するなどしていきたいと思います。
  • 日頃、全くと言って「暗黙知」という概念がなく「形式知」として言葉に表すことがむずかしいことを体験できたことが有益でした。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!